ブログトップ
つれづれかんげき日記
男女平等について
土曜日にNHKで「戦後史証言プロジェクト・日本人は何をめざしてきたのか・未来の選択2」を録画して日曜に観ました。
あらためて、私が働きはじめたころ何十年も前とそんなに変わっていない気がして来ました。
女性が働く自由を選択できるかどうかがいまだにきちんとできていない事、
雇用機会均等法が出来たと同時に派遣法ができるなど、
一方で権利を与えられ、その一方で、抜け道があったとは・・。
1985年に男女雇用機会均等法ができ、当時子育て真っ最中でしたが、
その内容をみて「何これ!ひどい」って思って、
当時の赤松さんをテレビで見てそのお顔が印象に残ったほど。
のちに、その選択しかない事、何よりも法律の上に載せる事が大事。
そこから始まるというのは理解できました。(赤松様失礼をしました・・・)
企業の中では女性が増えてきたと思います。
でも、政策決定の場や、地域の審議会など、町会もそうですが
いまだ変わらずです。
先日、参加させていただいた審議会では、女性は私一人でした!
テーマが地域社会だっただけに、地域にいない男性がでてきて
何を伝えられるのだろうと・・。女性としての視点をばんばん話させて頂きました。
なので、行政からはお呼びがかかりづらいタイプです。。
私が働き始めたころからは良くなっている事は事実です。それは認めます。
だって、銀行はたしか26歳くらいの定年制、それ以外の企業でも
女性だけ異常に若い年齢で定年。残業はできない。
妊娠したら辞めさせられるという状態でしたから。
それで文句言う人少なかったかも。
女性はクリスマスケーキなんて言葉もいわれていて
24がベスト、25だと若干売れ残り感あり、26だと売れ残りって、今でも覚えています。
ばかばかしい・・
現在でいえば、103万円のかべ。最初は守られている気がしましたが、
書く気もしないほど、使われてた感ありで・・・。
今は、私も男女共同参画に関わる活動から遠のいているけれど
せめて、女性が公の場にいるように、そのような場に参加する事で活動しているかな。(弱い?)
たまたまNHKのその番組にかつて地域の男女共同参画センターに
コーディネーターとして関わっていた女性が映っていました。
現在でも活躍中とは、すごいなと。
私も今関わっている事のひとつが来年終わりそうだから、
また活動に参加しようかな・・・。無理かな。。。でも何をする?
c0226545_1462784.jpg

本日着てたTシャツの文字に注目!私にピッタリ?これから太りますよ宣言みたい。
これを着ながら、北区AKTステージの芝居を2本観ました。(TシャツとAKTさん何の関係もありません)
いろいろと考えさせられました。つづきはまたあす以降・・余力があったら書こうっと・
[PR]
by joi-satoimo | 2015-07-13 01:51 | 市民活動
<< 熱海へ サーカス >>