ブログトップ
つれづれかんげき日記
風立ちぬ
宮崎駿監督作品・・自然、風、懐かしさ、やはり描くのがうまいですよね。。
甘い気持ちになれます。
ひたむきさが登場人物すべてにかんじられる。
戦争のばかばかしさなど、しっかりとメッセージをいれている。
説明するまでもないけれど0戦を作った実在人物堀越二郎の半生と作家堀辰雄の作品「風立ちぬ」をミックスした作品。
風立ちぬは高校生の授業で読んだ記憶がある。
当時の先生から「結核で亡くなることがわかっている、つまり死からスタートしている」
ということを説明受けて、限られた人生を悟り、生きていくことの美しさみたいなものを感じた記憶がよみがえりました。
何とも言えず心にしみる映画でした。
c0226545_237457.jpg

劇中に主人公が購入するパン「シベリア」懐かしい!今でもコンビニでときどきみかけるけれどね。
おいしいんですよね。カステラ生地のあいだに羊羹がはさんであります。カロリー高いとおもうけど・・・
c0226545_238278.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-07-25 23:11 | 映画
<< 頭痛肩こり樋口一葉 百枚めの写真 >>