ブログトップ
つれづれかんげき日記
フリマ
日曜にフリーマーケットに出店。
ジョイセフの内部引越しに伴い、でてきた海外のお土産や布など
ちょっと変わった品々を販売しました。
最初はそんなにないし、一人でも大丈夫かなとはじめたけれど、
なんだか日を追って、ジョイセフスタッフからいろいろと品物を
いただき、最終的にはかなりの量となった。
開催日のぎりぎり2日前に、やはり一人では無理!と急に弱気になって
メールで友人にボランティアのSOSを発信したところ
午前、午後、各1名が名乗り出てくれました~!
またジョイセフスタッフHさんも午後から参加してくれて、合計4人で
フリマを行うことができて助かりました。おかげで、品物もほぼ完売。
どうしようもないものは残念ながら自宅で廃棄。
それ以外の残り物は他のボランティア関係の
イベントで子ども達の景品に使わせてもらうこととしました。

フリマのお客さんは圧倒的に年齢が上の人が多かったので
お財布のしめは厳しかったですが、それでもみな優しい人たちばかりで
楽しくできました。中でも現役時代、外国を駆け回っていたという男性は
こちらが持ってきたものではあるが、いろいろと説明をしてくれた。
○○国のもの、○○という意味。○○という石が埋め込まれている、とか織り方
とか詳しかった・・。中国語も読めて、意味を教えてくれました。
その男性から「ボランティアでいいから自分の語学を生かせるところない?」
って聞かれたり、確かに、第二の人生で、いままでのスキルが生かせる場
を求めている人いるのだなあって、いまさらながら思い当った。
区がアクティブシニア向けの、ボランティアフォーラムを企画したい意味も
理解できたような気がした。

さて、今回のフリマに関して、自分自身の甘さがまたでたなっと反省・・
搬入と搬出は娘のパートーナーに頼んだけれどそれ以外は全く考えなしで、
あちこちとお願いをする結果となって、結局一人ではできないということを実感。
そういう適当な私のオファーにこたえてくれる友人がいたことに感謝と
良かったという気持ちでいっぱいになれたことは幸せ!~なんだか反省に
なっていないかもね。

売り上げはすべてジョセフへ寄付。途上国の妊産婦と女性のために使われます。
10円、100~300円中心なので、金額は大したことないけれど、それでも
14,000円は寄付できた♪
写真は販売した中国の品物と、家族に売ってしまえばって強要されたが
拒否した中国のお土産「京劇のお面のミニチュア」!
c0226545_22274333.jpg
c0226545_22281396.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2009-11-10 22:33 | 市民活動
<< 我が家の小さなブーム 江戸糸あやつり >>