ブログトップ
つれづれかんげき日記
江戸糸あやつり
向島百花園の御成座敷にて、上条充さんの江戸糸あやつり人形の公演を観てきました!
上条さんの30周年記念公演ということで、入口にはいままであやつってきた人形の
かしらがおいてあり、手板のおおきなオブジェもあり、ラッキーでした。
演目は「酔いどれ」「かっぽれ」「黒髪」「獅子舞」「かみなり」でした。
そのうち「かみなり」以外は3度目の観劇となります。
毎回お話を含めてあらたな気づきがあります。
人形のうごきのどこを重点的にみるかによって楽しみ方が違ってくる。
なかでも「獅子舞」は獅子とそれをあやつる2体の人形(獅子の中に入っている)
がすべてばらばらに別々の生命体として動いているのが素晴らしい。
今回は獅子の頭を中心に見てみました。微妙な動きが人間の手で微妙に
動かしているかのようでした。一緒に行った友人は、獅子を動かしている
2体の人形の足が別々に動くことに感激していました。
そして百花園でやる楽しみのもうひとつは、一緒に出されるおむすび!
うめぼしと塩漬けの桜と2つのおむすびがでるのですが、これがおいしい!
お米がとってもおいしいのと、むすびがぎゅっとにぎっていないので
こぼれそうなんだけれどこめひとつぶひとつぶを感じて食べることができて
ほんとうにおいしい!
上条さんの公演は近々、北区の北とぴあであります。記念公演ということで
1500円の特別価格です。
11月24日(火)14:30からと19時からとあります。北とぴあのチケットぴあ
でチケット購入できます。(なお、おむすびはでません)
c0226545_23282023.jpg

[PR]
# by joi-satoimo | 2009-10-31 14:00 | 観劇