ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
月とそうちゃん風邪ひき
昨日と今日、月と星がきれいですね。
ちょっとさむい。今日は娘にかわってそうちゃんのお迎えに行きました。
そうちゃんも風邪をひいちゃって。。マスクをかけられるようになったんだね。
c0226545_23314924.jpg

このあいだ「プレゼント何がいい?電車?」って聞いたら
「おむつにおしっこジャーしちゃったから電車はパーになっちゃったの」って
身振りを加えながら明るく言ってました。いろんなことばしゃべるようになりました。
c0226545_2333595.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-23 23:34 | その他
おいしいもの
この1週間は超多忙。木、金と10時30分くらいまで残業しました・・・。
仕事も、外出、来客、質問対応、掲載記事内容チェックなど、対外的な事も多く、よりいっそうの集中力が必要なうえに、会議もたくさん・・。
民主的な職場の為、話し合いはとことん。
大変ですが、それでも総意で動く事が重要と思っています。
ただ疲れます。。金曜の夜は家に着いたのが夜の11時・・。
そんな中、家に着く前に娘から「香川県から野菜届いたよ!黄色いカブがめっちゃ美味しい!バター炒めがいいよ」とLINEあり、ちょっと嬉しい気分。(野菜はネット注文したもの)
c0226545_23204233.jpg

家にかえったらもう1品。娘がやはり香川から届いた菜の花をゆでてくれていて。
そしてイチゴも置いてあり!うれしいです!
c0226545_2321893.jpg
c0226545_2321219.jpg

黄色いカブはバター炒めしました。
c0226545_2323527.jpg

甘くって本当美味しかった!
美味しいものを食べると嫌な事も忘れられますね。単純?
で、その後娘に、「イチゴは私用!」っていわれて・・。残りはすべておばあちゃんにあげちゃったんですって。
おばあちゃんの冷蔵庫から2個取り返してきました・・・。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-21 23:26 | その他
演劇のある生活しませんか
このタイトルは私たち市民演劇鑑賞会のキャッチーみたいなもの。
ずうっとちらしに書いている。
4月20日の観劇会「十二人の怒れる男たち」(俳優座劇場プロデュース)の担当者の会議でのこと。
参加者から「Aさんとは同世代だと思うけれど、先日の自己紹介でこどもを背負って劇場に芝居をみにいっていた、と聞いて自分はその時何をしていたのか、、思い出せない。
仕事と家事、育児におわれていた。
このチラシの言葉を見た時に、自分もそうでありたいと思った。」とのこと。
この言葉が心に響いているといっていました。
もともと結婚前から芝居は好きだったようです。
いまやっと、自由に芝居を見る事ができている。
入会して最初の頃は、自分にあわない芝居があると文句もいっていたが、
今では、芝居を見るにも運営している人の苦労があることもしり、
また自分では出会う事はなかったと思われる素敵な芝居とも出会えた。
それを探して観劇会に持ってきて来る人の苦労も分かった。
いまはそれを人に伝えるのが楽しい。
社会にいると、年齢を重ねた女性は活躍の場が少ないと思う。
(自分自身を考えた実感としてもそう・・)
そういう中、私たち市民鑑賞会は、年齢も男女も関係なく、
やる気があれば誰でも楽しくなれる。
もちろんプレッシャーもかなりあるけれどね。
私もがんばらなきゃ!
今はそうちゃんシッターが楽しいけれど、孫はいつか大きくなっちゃうからね。
自分の立ち位置というものをしっかりとさせなきゃね。
c0226545_105521.jpg

*そうちゃん、美味しいもの食べると目をつぶって、どこかへいっちゃうんだって。
もどっておいでよ!そうでないと食べちゃうよとかいって、呼び戻すっていうのがそうちゃんブームです。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-15 01:04 | 観劇
女の一生
「女の一生」文学座 出演:平淑恵ほか @三越劇場
杉村春子さんのあたりやくだったそう。(みてないので)今回三越劇場でこの公演が行われるのは68年ぶりですって!また今回の公演は九州演劇鑑賞会の要望もあって再公演となったそう。
そこにプラス私たち首都圏の演劇鑑賞会も入っています。
c0226545_2581919.jpg

明治から終戦の年までのある女性の一生を描いています。
特殊な人のようでもあり、当時はそれが普通だったようにも思います。
特に戦争と愛国心は一般的なものだったと思う。
ラストに「私の一生は何だったのでしょう」「ひとのため、家のためと生きてきて・・」
それでも年老いた今、これから、また新たな自分の一生がスタートする、といったメッセージは素敵でした。
「自分の人生は何だったのか」なんて迷うことなく進みたいものです。
今日、会場に演劇仲間のT氏もいましたっけ。最近良く偶然あいます。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-14 03:00 | 観劇
残業
今日は、夕方美術館へいって、夜新宿で「幕があがる」を観に行こうとおもっていたけれど、仕事が終わらず・・残業。市民活動の会議もあり、芝居も観に行く、、という事で時間がなかなか取れないのが悩み。
果たして観に行けるかな??
c0226545_131253.jpg

先日、急きょみにいった加藤健一事務所の芝居。面白かった。基本物語がすきだからかもしれない。
前半は正直少し眠くなってしまった。後半、加藤忍さんが物語をぐんぐんひっぱっていて面白かったです。
いそがしいなか、さらにいそがしくしちゃうけれど、芝居をみたりArt作品にふれたりするのは生きがいだね。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-13 01:37 | joicfp
やる気が ない
ここのところ、なんかやる気がなくなってきちゃって・・
人とのかかわりも面倒に感じたり・・。(花粉症の影響もある)
c0226545_0544734.jpg

先日観に行った「みちのくの仏像」展。上野の国立博物館。
よかったな。。
1本の木から掘り出していること。ゆったりとした表情。
流線形の木目など、引き込まれたり、心安らいだりしました。
中学生のころ仏像美術にあこがれたことも思い出しました。

仕事と観劇と美術展、そして美術展めぐりの旅行行きたい!
今年は一人旅ばんばんしようと!
但し国内のみ。。ちょっと海外はおっくう。
4月にある台湾のアートフェアをみに
台湾へ行こうかとも思ったけれど他の会議もあるので、
ハードスケジュールで無理かな。。
でもチャレンジしようかな。。と迷い中。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-12 01:06 | 瑣末なこと
演劇祭実行委員会2015年度第3回目
ボランティアで関わっている市民演劇祭。
アマチュア劇団が参加して一緒に動くのは5月から。
その前に実行委員会はどのように進めていくか会議をもつ。
そのため実行委員会は結局一年中やっています。市民活動としてはあたりまえですね。
今日の会議は半数が欠席だったのでは。。ただ運営はスムーズで早めに終わったように思います。
なんだかやっと落ち着いた動きとなって行くのかなあと。
そろそろ役割交代の時期になるかもと期待して終える事ができました。
演劇祭とは直接関係ないけれどメンバーのT氏作成の「ロはロボットのロ」人形。器用ですね。
c0226545_1202172.jpg

お腹のドアを開けると中にも細工があります。かわいいです。
なんかT氏はしあわせものかも。
中途半端な自分とくらべると打ち込んでいる感ありますから。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-11 01:25 | 市民活動
ジョイセフ懇親会
今日はジョイセフの懇親会。私は3年ぶり位の参加かも。いつも都合が合わなくって。。
素敵なスペイン料理のお店でした。ベジタリアンの私の為に幹事のあきちゃんが気を使ってお店に頼んでくれたみたい。
おかげでお腹いっぱい食べられました。そのうちの一つ↓。
カブとお芋とキャベツがクリームで包まれていて、松の実もはいっていてクリーミーで野菜の食感と甘みもちょうどよく大満足!
c0226545_0232674.jpg

同席したジョイセフスタッフからアフリカ事情をきいて、新鮮でした。
そしてなかなか解決できそうもない問題がまだまだあることを実感。
そういえば私の席には理事長、事務局長も同席ですが、その場にいた他の人も含め、本当にざっくばらんにいろいろな話をしました。これってNGOならではかもね。
ジョイセフのスタッフと行った素敵なお店は、つい娘達を連れてきたくなってしまいます。
また別の日に娘と行こうかな。
この間のトルコ料理店もまだ連れて行っていなかったっけ。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-10 00:28 | 瑣末なこと
乙女文楽
3月8日は「国際女性デー」だからというわけではありませんが、かねてより女性が文楽人形を遣う!というのに興味がありましたので「乙女文楽」観てきました!
c0226545_1132510.jpg

人形は文楽人形です。何が違うかは写真の通り一人で遣うことです。
文楽の人形は足遣い、左遣い、主遣い(右手側とかしらを担当。主担当)なのに
ひとりでどうやって?・・人形の耳のうしろあたりに紐をひっかけて頭のうしろのバレッタにひっかけるとのこと。
紐は三味線の一の糸。
人形をからだにくくりつけているので普通に持つよりは軽いかも知れません。
人形の背中に背骨のようなものもあるので安定もします。また足は膝のところに器具が巻きつけてあって固定及び動きの調整ができます。
文楽人形、男性3人で遣っていても重そうですが、ひとりでも力を分散させるとなんとかなりそう。
(実際はわかりませんが、でも軽く見えました)
ただし、補助としての黒子は必要。その黒子も大夫・三味線も全て女性!
国際女性デーにぴったり?
ただ、文楽がなぜ三人遣いなのかが分かるような気がしました。
かねてより他の人形劇よりもより人間に近いと思っていましたが、細やかな感情をだすためには三人遣いなのだと思いました。
一人で遣っていると左手の動きは滑らかに感じますが、通常の文楽の左が少し動きづらい事がかえって情を醸し出しているのかもとか、肩の動きがポイントなのかなと思いました。
くくりつけた人形だと肩の微妙な動きはだせないなあっと・・・
ただ文楽人形を女性が遣えるってことは素晴らしいですね!
私もちょっと遣ってみたいかも。。。
c0226545_123990.jpg

ロビーに展示してあったのは「戻り橋」で今回の演目に関係なし。
家に帰ってから考えついたけれどこの若菜は「ガブ」人形。良く見てくればよかった・・・。
可愛い顔が一瞬に鬼女に変わるの。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-03-09 01:29 | 観劇