ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
文楽12月社会人の為の文楽教室
12月恒例の文楽教室。ジョイセフスタッフ3名の初文楽!ということで一緒に行きました。
演目は「二人三番叟」「文楽説明」「絵本太功記相関図と説明」「絵本太功記/尼ケ崎の段」
なかでも「二人三番叟」は大好きですし、お正月が近いので縁起もいいし、これから良い事ありますように!
しかし、連日の疲れがあって、最後の「絵本太功記」のラスト近くでは睡魔が襲ってきて大変・・・
浄瑠璃って気持ちよくってね。。三味線は先日北区に来て下さった宗助さんでした。
「絵本・・」は、本能寺の変で信長を討った明智光秀が主人公のお話し。「太閤記」は秀吉が主役で、「絵本太功記」は敵役の光秀が主役というのも面白い。思わず主君を討った光秀が家族にも世間からもバッシングされている中、悩んでいる姿が涙を誘うという事ですが。。ちょっと疲れ気味ということもあり堪能できず。。
ただ解説で、竹に注目!といわれてそこは注視しました。
たしかに、竹で秀吉を討ったと思ったらおもわず自分の母親であった。
しかも母親がみずからわが子の不忠の汚名をぬぐうために行った事。。
そして光秀はさいごに農民に竹やりで殺される・・。
尼ケ崎の光秀の母の家の軒先にひょうたんがたわわに実っているのも演出なのでしょうね。
じゃまなひょうたんを切り落とす時の光秀の気持ちも表しているのでしょうね。そうかんがえるとやはり悲しい物語ですね。ちょっとしたところにいろいろなことが表現されていて深い?かな?
c0226545_0223016.jpg

ロビーで販売していた「檀浦兜軍記」阿古屋です。前に見た琴責の段、良かったな~♪
[PR]
by joi-satoimo | 2014-12-09 00:26 | 観劇
SPAC「変身」と文楽・幸助さんの忘年会と新幹線と
今日は忙しかった。昨日演劇鑑賞会の例会で夜遅くまでかかったのに、けさは新幹線にのって静岡まで観劇!
14時からだったので朝はゆっくりでしたが・・。それでも新幹線に乗れるのはいいけれど、交通費かかるからね。。東京から1000円で送迎バスもでているけれど3時間もかかるのに一人で乗っているのはつらいかなと、新幹線を選びました。ついたら知り合いの男性にあったら、ペアで来ていて、うーん、なんかまずいところであったかなという感じしました。うらやましいですね。遠くまで一人で観に行ったつらさが身にしみました。
が、おのでらんの「変身」は良かった~♪そして自分がなぜ「変身」が好きなのかがわかった気がしてそれも嬉しかった。(というかラストそのせいもあって涙しました。)
終演後のトーク、時間の関係で最後まで聞けなかったけれどおのでらんのトークもまた魅力的。
「机に手を置く」という演技と「つくえに手で触れる」演技の違いの話しは、おのでらんの演技そのものをイメージさせてくれる話でした。
SPACの皆さんの動きも素敵でした。ただ一箇所、カバンをとって動くときに前をみてカバンをみないでとるのがうまくできていなくって、おのでらんの同様の動きを思い出し、あらためておのでらんってすごいって思えました。
c0226545_0222491.jpg
c0226545_0223113.jpg

そして夜は文楽人形遣いの吉田幸助さんの忘年会へ参加。もう7,8年ぶりくらいの2回目の出席です。
こちらも1人で参加したため周りに誰も知り合いがいなくて孤独でしたが、たまたまテーブルにいた女性2人組x2の方達内3名が大阪の方で、とても話しがおもしろくって楽しめました。
大阪で文楽の補助が減らされていることはしっていましたが、来場者が10万人超えないと補助金カットされるとか?びっくり。来年は大阪の文楽劇場へ観に行こうかな。文楽応援の為。
c0226545_024488.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2014-12-08 00:28 | その他
12月文楽本公演
12月の文楽は若手が中心。文楽教室と本公演があります。
本日は本公演観てきました。初日。いつもチケットを頼んでいる幸助さんから「初日にくるのは初めてでは?」とメールにかかれていて、あ、そういえばそうかもと。幸助さん初日は緊張しますとのことでしたが、ほぼ主役で出づくめでしたし、緊張しますよね。でもいい役でしたし、きびきびしていて良かったと感じました。
本日の公演は
「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」と「紙子仕立両面鑑」(幸助さん大文字屋栄三郎の役)
c0226545_123399.jpg

この写真は「伽羅・・」の八潮ところされちゃういい役側の女性(政岡)の息子。
この悪い役の八潮は、勘十郎さんが遣っていましたが、こどもを殺すシーンは残酷でリアルな動きでした。
やはり勘十郎さんはすごい!「伽羅先代萩」は有名ですよね。伊達藩のお家騒動を元にしている芝居。
幸助さんの「紙子・・」は、よく見る文楽の別の側からのような気がします。
以前観ていた芝居の、もう一方の家庭の事情を観るみたいな感じ。そこがまた面白い。
今日は楽屋へ伺った時に、幸助さんは忙しそうだから勝手に舞台のそでをちょっと見させてもらいました。
小道具がみたかったかな。
政岡(乳母)がご飯を研ぐところでつかわれる水差しがきれいで
どんな素材でできているのか見て見たかった。片づけ最中で見られなかったけれど。

他の演劇鑑賞会の息子さんで勘十郎さんのところに弟子入りしているA君も今日は、
主遣いしていましたね。楽屋で挨拶してくれて覚えていてくれたんですね。
中学の頃に地域に来た文楽をみて、それから人形遣いになろうとしたということだからすごいですよね。
[PR]
by joi-satoimo | 2014-12-05 01:16 | 観劇
観劇生活?
というほど観に行く時間はありませんが、12月は落語1本、文楽2本、その他に芝居を9本予定。
12日間。。そして忘年会が3回。そのかわきりが本日。池袋芸術劇場シアターウエストでトム・プロジェクトの「萩咲く頃に」作・演出:ふたくちつよし 出演:音無美紀子、藤澤志帆、森川由樹、西尾友樹、大和田獏
c0226545_0312074.jpg

ひきこもりと震災そして親子、ですが、
男の子にべったりの母親像は、共感できないが実際にそういう人多いと思うからいいとして、ひきこもりの男性を支える女性の姿も男性から観た母親っぽい女性なので、そういう人もいますけれど違ったタイプの女性がでてこないことにどうも納得できなくって。。。これは個人的な趣味によるのかな?
ところで音無さんの演じている母親のしぐさなど、お顔つきもふくめて演劇好き仲間のR子さんにそっくりだったなあ~。
今日はたまたまとなりが、演劇仲間のT氏。彼にきいたら「え?そうかな?」だって。私だけの感覚かな?
さて、風邪もひかずに元気よく、すべての芝居が見られますように!
[PR]
by joi-satoimo | 2014-12-03 00:41 | 観劇