ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2013年の記録
2013年は全部で69本の観劇(+アマチュア演劇観劇有)。
振り返ってみると去年の今頃は母の胃がんの手術
(その前に年末に子宮体ガンの手術)と
認知症の父を抱えて大変でした。母は81歳での手術なのでもっと大変だったと思う。
69本の観劇のうちだいたい31本くらいが良かったなと思えるので昨年はまあまあの年だったのでは。
MYランキングはやめにして、その中で印象深かった事を記載。
世代的にヒットしてくるのか
永井愛の「片づけたい女たち」、文化座の「あかきくちびるあせぬまに」佐々木愛さん良かった。
ピーター・ブルックの「ザ・スーツ」、民藝の「集金旅行」が良かったですね!
笑い!というところでは
加藤健一事務所の「いとしのベイビー」、
佐藤B作さんの東京ヴォードヴィルショー「その場しのぎの男たち」、
柄本明さんの一人芝居「たばこの害について」等
ランキングしないといっても、おしゃれで面白くって、気が利いていてという超お気に入りは
青年座のマキノノゾミ新作「横濱短篇ホテル」!
そして同じ青年座で作=野木萌葱 「崩れゆくセールスマン」、
こまつ座の「頭痛肩こり樋口一葉」良かったな・・
歌舞伎の「陰陽師」も!歌舞伎はその他にも4本くらい気に入ったものがありました。
ちょっと変わったところでは劇団チョコレートケーキの「地天ノ君」も良かったです。
そして年末にみたトム・プロジェクトの「あとは野となれ山となれ」もなかなか。大衆演劇の世界をちょっとだけ観る事ができたのが面白かったかな。鑑賞会で2月に公演を開催するこまつ座の「化粧」もありで、また篠原年劇場に行ってみようかなって!
c0226545_057989.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2014-01-26 01:00 | 観劇
ある女の家
小野寺修二 カンパニーデラシネラ @新国立劇場中劇場
2008年初演。私は今回初めて。
なんといっても驚いたのは浅野和之さんの身体能力!
おのでらんたちにひけをとらないくらい、軽く動いていました!
そして、作品はかつての「水と油」を思い出させてくれました。
特に「家」が動く時の、人とモノの動きがマッチしていてスムーズな感じがなんとも言えませんでした。
ところどころ、表情やシチュエーションで、ふ・ふ・ふと笑えるところもあり。
セットが不思議な感じなので、音楽と一緒に独特な雰囲気がいい!
よくをいえば後半、妖しい危険な、ワクワク感がちょっと少なくなってしまったのが残念だけど。
それでも、よかったな~♪
c0226545_1143767.jpg

当日パンフを読んでみると浅野さん2006年に「ブラウニング・バージョン」で第40回紀伊國屋演劇賞個人賞をとっていたんですね!あの作品今でも大好きな作品。もしまたどこかで上演されたら絶対観に行きたい!ラティガン特集で上演されたんでした。
そしておのでらんのところをみると95年~06年まで「水と油」。もうそんな前なのかと・・
2000年に娘と一緒に観て、大ファンになって以降「水と油」の作品は全部観たと思います。
北とぴあのつつじホールに来た時も。その時の「机上の空論」は今でも忘れられない!
最初に観たのはセッションハウスでの「見えない男」。子ども劇場の高校生企画の一環で下見にいき、即決で子ども劇場の例会にしようと、娘もしっかり発言して会議で提案をし、いい経験でした。
ちなみに、当時の高校生達が押した劇団は、「水と油」「阿佐ヶ谷スパイダース」でした。これってすごい面々!
プラス、世界一団の「645」とBQMAPの「月感アンモナイト」のグローブ座で同時期に上演された作品全部を観る事にしたんでした。
そして同じ2000年に水と油に出会ったころ「コンドルズ」に出会い、こちらも娘と一緒。そして子ども劇場の例会に推薦して会議で決定され、娘も会議参加して発言してと。。その後コンドルズ、阿佐ヶ谷スパイダースも二人でかなりおっかけしていました。懐かしい。
[PR]
by joi-satoimo | 2014-01-25 01:30 | 観劇
ROAD MOVIES
吉祥寺にあるアートセンター・オンゴーイングに、ジョイセフスタッフの山本篤個展に行ってきました。
今回のムービーは、ザンビアやベトナムでの撮影、そして日本国内の旅がメインかな?
作品それぞれには題名をふくめて何もかかれておらず、映像が回っているのみ。
なので、かってにいろいろと想像して楽しめました!
本人はどんな想いをこめて創っているのだろう?意外とおもしろい!これってあり?なあんて考えているのかなとか・・肩の力を抜いて楽しめる。
それでもどうしてもいろんな意味を考えてしまう癖があって、ペインティングジャケットと隣り合わせて”モノ”化している山本氏の映像をみると無になる事と主張する事と対比していて面白い!
大勢の人の目に触れる観光地で自身の作品をそれとなく主張しても、スルーされるような感覚と逆に主張する事の面白さも感じたり、一方、ほとんど人の目に触れないような山の中の車での移動で、人形化した山本氏が動かずいる事の方がインパクトあったりと。でも人は飽きやすいから、目立たなくても動きのある方に目が行ってしまう不思議も感じたり。どんなにインパクトをうけても、動のないものにどのくらいつきあえるのかなど、考えたり、にやにやしたりと面白い時間でした。
1月19日まで(月・火休み)やっているのでおすすめ!
入場料400円で、ティー付き。トークイベントのある時には1000円で軽食とワンドリンク付き
以下は、階下に展示してある今回の作品の絵コンテの一部。作品を鑑賞した後にじっくりとみるといいかも!
c0226545_2139734.jpg
c0226545_21391817.jpg
c0226545_21392763.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2014-01-04 21:45 | Art
2014年福袋
新年おめでとうございます。昨年、いろいろと助けて下さった皆様ありがとうございます。
引き続きあたたかい目で観ていただけたらい幸いです。よろしくお願いします。
さて、2013年は体調不良でしたが、今年は無事1月1日に池袋西武へ福袋買いに行きました!
今年は娘はそうちゃんの服をかいに6時40分くらいに到着。私は別行動で例年より遅く8時過ぎに到着。
それぞれ買う場所が違うと並ぶ場所も違うんです。でも、西武は地下で並ぶので寒くなくて並びやすい!
今年はそんなに混んでいませんでした。2店舗が他の特設売り場とわけたせいもあるのかも。
そうちゃんの服はなんとサイズごとに3~5袋ずつしかないということで、娘は早めに並びゲット。
私は、お気に入りのブランドは今年は福袋をやらなかったので、新しいところで購入しましたが、いまひとつ満足できず、やはりもう来年からはやめようかと思い始めています。ただ、開店30分まえに普通の服も30~50%引きで購入できるので、若干すいている状況でショッピングできるのがいいので、おそめに行くかも。
今年は8:30に開場して、販売は9:30からでした。2012年は9:15販売でしたが・・。ですので、もう少し遅くに並ぶのでもいいのかも。。2011年、2012年とほぼ同じ時間でしたが列の長さはずいぶんと違っていました。年によって違いありますね。なんだか今年は福袋ばなれが起きているのではと思います。遅ればせながら私も卒業を意識しましたしね。
c0226545_23574410.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2014-01-04 00:09 | その他