ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
11月の観劇2
忙しさは続くよ・・ですが、ブログ・ブログと。11月続きは
俳優座「気骨の判決」。昭和二十年三月、戦時中に唯一の「選挙無効」の判決を下した実在の判事・吉田久のお話。戦時下、軍部の意向により操作された選挙の無効を訴えた裁判があった。
同様の裁判はつぎつぎと却下されたが、吉田久が扱った裁判はぎりぎりまで審議をつくした。
特高の監視下にある中、司法の独立を貫いた吉田久。
実際にそのような人がいたことに驚きと感激。
吉田久の正義とは「たとえば正義とは、倒れいるおばあさんがいれば、背負って病院に連れて行ってあげるようなことだ」。
吉田久が地元に住んでいたのもびっくり。作:竹内一郎、演出:川口啓史 出演:加藤佳男、岩崎加根子ほか
c0226545_21182337.jpg


「さらば八月の大地」作・鄭 義信、演出・山田洋二 出演:中村勘九郎、今井翼ほか
c0226545_22352538.jpg

友人が自分がいけない芝居のチケットを
財団のM氏にプレゼントしようとおもったら、残念ながらM氏は他の観劇の予定が。。
で、隣にいたわたしにチケットが回ってきて、たまたまその日だけ空いていて、、
もらいうけ、家に帰ったら娘が昔今井翼のファン(小学生のころ)だったこともあり、
また高額なチケットということもありで、二人で観に行きました。
私はチケットを無駄にしたくないというのがいつでもあるので、気軽に人から余ったチケット貰っちゃいます。
急に言われていける人はあまりいないみたい。
物語の内容は、満映を舞台にしての話。理事長の甘粕。私の中では大杉・伊藤野依を殺害した特高としてのイメージが大きい。その後満州に渡ってからは私の中でも少し評価が違っていたが、はたして甘粕正彦という人物はどうだったのだろうとあらためて思った。今回の舞台の人物像が一番近いように思える。
いい人なのか悪い人なのか、当時の時代のあり方では仕方のないことなのかも。流されないで何が正しいかを見極めること。こころをいつも開いていないと判断ミスしはじめてしまうのかもしれない。気をつけなくては。。
[PR]
by joi-satoimo | 2013-11-30 23:17 | 観劇
11月の観劇
ものすご・・・く忙しくって、、ブログもかかないでいると書けなくなるものですね。
11月は5本の観劇と音楽関係3本。せめて観劇のチラシだけでもアップ!
c0226545_0473065.jpg
こまつ座。宮澤賢治の話。井上芳雄さんがいいです。なんといっても宮澤賢治がベジタリアンを前面にだしたシーンは、笑えるのだけれど私には笑えない。。インパクトありました。
c0226545_0502993.jpg
英語・字幕付演劇だったけれど、訳が雑なのが気になった。英語が得意でない私でさえ、ちょっと訳してよと思うところ多々あり。
実は、ランドセル検品が台風で伸びたため、チケットを押さえた日に行けず、代わりに娘にいってもらったけれど、なんか悔しくって、もう一度取り直して観に行きました。
芝居のでだしに「昔南アフリカだから、だったから・・」というようなセリフがあるのだけれど、女性が家庭の中でかごの鳥になって、自立したくてもできないっていうのは現代の日本ではまだまだあるよね・・と。ジーンときてしまった。たぶん、世代的なことや女性ということで共感できるのだと思う。

長くなるから他の演劇のチラシはまた。
[PR]
by joi-satoimo | 2013-11-29 00:58 | 観劇
忙しすぎて・・
10月は演劇祭があって、アマチュア演劇10本と演劇7本観た・・演劇好きの他の仲間に比べたら少ないが、それでも良く観た・・
東京ヴォードヴィルショーの「その場しのぎの男たち」は来年市民演劇団体でよぶので
絶対見なくては!しかも窓口だし。っておもっていたのに、仕事に夢中でうっかり忘れてしまった。
夜7時、携帯がなってとってみるとヴォードヴィルの制作のIさん!「何か?」と思わず聞いたら、
「忘れてたんですか?」と怪訝な声。あ!です。。
しかも終演後に伊藤四郎さんと佐藤B作さんのアフタートークのある日!
Iさんに怒られながら詫びつつ急いで本多劇場へ!
何とか1時間遅れで後半観ることができました。
その日は招待でしたので、もうしわけなく、後日、チケット買ってもう一回最初っから観ることにしました・・。
2回見ても面白かったです。
伊藤四郎さん、かわいいおちゃめな感じ。間の取り方が抜群。
B作さんのしたたかなしゃべりも面白かったですよ。
来年私たちの団体にくるのは伊藤四郎さんではないけれど、
また違った伊藤博文を観ることができるのだからそれはそれで楽しみ。
「その場しのぎの男たち」いまでもそっくり当てはまる感じ。
そんな適当に世の中を動かされたのでは困ったことです。
c0226545_2347198.jpg

アフタートークでは、お二人が三谷幸喜さんに本を書いてもらう時のこと
伊藤四郎さんは、芝居に何も意味を持たさなくて、ただただおかしく笑ってもらって
本多劇場から下北沢の駅に着く間に、あれなんだっけ?って忘れられるような芝居がいいとのこと。
逆に、B作さんは、芝居に何か社会風刺的な意味合いがほしいとのこと。
伊藤さんの話しから、演技について100%身につくのがあたりまえというプロ意識を感じ取れました。
[PR]
by joi-satoimo | 2013-11-04 23:54 | 観劇