ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
頭痛肩こり樋口一葉
こまつ座。井上ひさし作品。出演:小泉今日子、三田和代、深谷美歩、愛華みれ、熊谷直美、若村麻由美
題名通り樋口一葉の話しですが、明治の女性たちの置かれている不幸な状況を考え、社会に筆の力をもって戦いを挑む一葉。
理不尽な世間の女性に対するしうちなどをお盆の時、浮かばれない幽霊とリンクして笑わせながら問いかける。
女性の置かれている状況が現在でも根本的なところは変わっていないのかなあって・・・
夫にだまされ、不遇な状況になった女性の悪い噂だけがひろがり、夫は男だからと何も世間はいわない。
しかも、その噂を一番広めているのは同性である女性。
一葉が「勉強など女に不要」と母から言われ、小学校も中退。そのためいい職につけない。
明治の話ですが、私は昭和生まれですが、いつも両親に同様のことをいわれてました。。
それにしてもこの芝居2回目なんですが、ずいぶん以前と違った印象。とっても良かった。
何が違うんでしょうね?すこし演出変えた?台詞はいっしょなのかしら?
それとも私が変わったのかしら???
そういえば吉原の住民が、吉原がなくなると地域にお金が落ちなくなり活性化できなくなると交番に怒鳴りこんだというセリフがありましたが、
これなどは、数年前に男女平等の活動を行っている台東区の方から「台東区は吉原復活なんていって、地域を活性化しようとしているのはひどい」って聞いたことを思い出しました。(本当の吉原復活ではなく、その地名や歴史的な場所として地域おこしに使おうということです)
やはり、変わらないのかしら・・・女性の気持、何故同じ女性にも理解してもらえないんでしょうね??
c0226545_2362364.jpg

役者さんはどなたも良かったです!小泉今日子さんぴったりでした。若村さん、しぐさで笑わせるのうまい!
三田さんは流石!
[PR]
by joi-satoimo | 2013-07-27 23:09 | 観劇
風立ちぬ
宮崎駿監督作品・・自然、風、懐かしさ、やはり描くのがうまいですよね。。
甘い気持ちになれます。
ひたむきさが登場人物すべてにかんじられる。
戦争のばかばかしさなど、しっかりとメッセージをいれている。
説明するまでもないけれど0戦を作った実在人物堀越二郎の半生と作家堀辰雄の作品「風立ちぬ」をミックスした作品。
風立ちぬは高校生の授業で読んだ記憶がある。
当時の先生から「結核で亡くなることがわかっている、つまり死からスタートしている」
ということを説明受けて、限られた人生を悟り、生きていくことの美しさみたいなものを感じた記憶がよみがえりました。
何とも言えず心にしみる映画でした。
c0226545_237457.jpg

劇中に主人公が購入するパン「シベリア」懐かしい!今でもコンビニでときどきみかけるけれどね。
おいしいんですよね。カステラ生地のあいだに羊羹がはさんであります。カロリー高いとおもうけど・・・
c0226545_238278.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-07-25 23:11 | 映画
百枚めの写真
なんとしてもあと5人新入会会員をいれたい!!!
市民演劇鑑賞会、非営利だから、会員頼り・・・
なかなか難しい。
明日はトムプロジェクトの「百枚めの写真」
戦意高揚目的で家族の写真をとって戦地へおくっていた
その写真が偶然見つかったことでこの物語はできあがった。
事実に基づいた話で、写真は実物。
舞台ではすべての写真を投影するとのこと。
こういう芝居を大切に、平和を常に意識できるようにしておかないと。。
この子たちのために
c0226545_2201335.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-07-21 22:01 | 市民活動
二代目はクリスチャン
作:つかこうへい、構成:渡辺和徳、演出:逸見輝羊
稲垣里紗、時津真人、逸見輝羊、吉田学 ほか
面白かった。あまり耳にはしたくない言葉や暴力的なシーンは、ちゃんと問題をみろってつきつけられている気持ちになります。
そしてラストのセリフは、いま私たちは、過去に傷つき、命を失った人たちをわすれていることをいわれたよう。一瞬に、原爆被害者、戦争被害者のことを忘れて、また同じ過ちをおかそうとしているのではと警告されているようでした。
無関心、それが一番良くないということ、この芝居でもまた感じました。
で、今日は、首都圏演劇鑑賞会代表者会議で熱い議論後、あわてて会場へ行きましたので写真なし。
先日買ってあげたポロシャツを着ているそうちゃん、なんか、、思わず将来つか劇舞台に立てそうな感じ???何役で~??
c0226545_2324155.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-07-07 23:25 | 観劇
★☆北区 AKT STAGE
★☆北区AKT(after kitaku Tsukakouheigekidanの略だそう)STAGE、明日まで2つの演目を公演中。
今日は1人でジョイセフ休日出勤。終えた後急いで北とぴあつつじホールへ。
今日観たのは「道化師の歌が聴こえる」作・演出渡辺和徳。出演:伊達玲、高畠麻奈、相良長仁、杉山圭一、松本有樹純
いくつかAKTのつかさん作品でないものを観ていますが、私が見た少ない作品の中ですが、今までの中で一番良かったと思う。
前半は、どういう設定?世界観?ってぐんぐんひかれた。特に杉山さんの演技いい感じでした。
ただ、後半は、結局何が言いたかったのかが今一つ伝わらなかった。私の疲労のせいかも?
タイトルと内容もリンクしているのかな?
内容は、ある特殊な地域、普通の人々と隔離された地域では、いろいろな理由で外の世界で生きられない人が集まってきている。そこではルールを守れば生活は保障されている。
脳に障碍があってもできる仕事も用意されている。「人に迷惑をかけないこと」「暴力はだめ」が大事とされているが、いったん入った人間はでることができず、出ようとするとそれをたしなめるための暴力がある。
ラストの意味は今一つ理解できなかったが、自分なりに全く勝手な、意味づけをすると、
もしかしたら、これはこころに病気を持った人の病棟ではと。
体験から、父が認知症で、母の手術の関係で一時的に施設に預ってもらったときに、「ここを出たい、家に帰る」とわがままをいって、口論になった時を思い出して、その時の私の言葉が今日のセリフにかぶった。
それにラストに主人公が心の病気の兄と同じ幻覚をみることからすると、そういう境地にならないと幸せはこないってこと?たぶん作者の意図とは違うと思うけれど私にはそう感じられた。そうじゃないとロマンスで終えるようでなんかしっくりこない。
でも、つかげきの良さもあったと思うし、面白かったです。台詞も聞きやすかった。
c0226545_2313565.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-07-06 23:16 | 観劇
シレンシオ
作・演出:小野寺修二 出演:原田知世、梶原暁子、川合ロン、藤田桃子、小野寺修二、首藤康之
@東京劇術劇場プレイハウス
前から2番目のど真ん中の席!これが非常に見づらい・・プレイハウス今回で3回目だけど、最悪な席。。
舞台が低いからなのかすぐ前の席の人の頭で舞台が見えない。奥行きのある舞台なので、うしろを仕切らないで奥でやらないとみづらいのか?
おかげで、舞台全体がわからず、それでなくても舞台上のあちこちで同時にパフォーマンスが繰り広げられるので、眼も疲れる。人の隙間からのぞき見るので切れ切れの舞台だ。。
せっかくのおのでらんの舞台、何が何だか雰囲気も楽しめなかった。。。残念、、、
この次プレイハウスで観るときは座席を選ばないと・・・観客の立場での劇場づくりをもっと真剣にやってほしいものです。隣の男性は最後まで居眠りしてたしね。気持わかります。見えないんだから!
c0226545_23514157.jpg

それでも梶原暁子さん、動きが素晴らしかった。なめらかで。
おのでらんのなめらかな動きもいつもどおり!
[PR]
by joi-satoimo | 2013-07-04 23:54 | 観劇