ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
文楽「心中天網島」
先月みた文楽。寿式三番叟にいつもお世話になっている幸助さんがでて、太夫は住太夫!
しかも幸助さんがイヤホンガイドで解説しているということで初めてイヤホンガイド借りました。
もう一本は「心中天網島」。
それによると遊女は、お琴など芸事ができて頭もよい遊女と、
何のキャリアもなくただ男性と関係を持つだけの遊女を
分けていて白人とよぶということを知りました。
「心中・・」は、その白人と不倫関係になり最後は心中。
19歳の女性にほれ込んだ28歳、妻子あり(子は二人)の男は、
ちょっと情けない感じで、ある意味人間味あふれてましたね。
最後に心中するときは
ふたりとも男の妻に義理を感じて、
離れた場所で死ぬところは文楽ですね。
女性は男に切り殺され、その少し離れたところで
男は橋の欄干だかに布をひっかけて首つり自殺。
それが人形だけれどよくできていて、感心します。
また当日購入したパンフに入っていた別刷りの
登場人物相関図の上の言葉、初めて知りました。
c0226545_0102293.jpg

意味は、天(神)の網は目が粗くて抜け落ちるが、それでも悪いことはみのがさず、最後の必ず天罰が下るということらしい。
[PR]
by joi-satoimo | 2013-05-31 00:14 | 観劇
リア、総会x2、厄介払い、、
ふわふわ、ぐるぐる・・めまいがちょっとひどくなってきたかな・・
ここ1カ月以上横になるとぐらんとめまいしてましたが、起きていてもあまり具合良くないみたい。
忙しいのに「リア」みてきたり、総会が2日間あったり、「厄介払い」も赤坂レッドシアターまで再度見に行ったりと・・
でもね「リア」では渡辺美佐子さんがリア王を演じるので、渡辺さんの男役って?興味あったし・・
会場では、メディア関係の方や劇団関係や役者さんなどたくさんきていました。
出だしの渡辺美佐子さんの声はちょっとびっくりなくらい、男性でしたね。
後半は、美佐子さんのかわいらしさがでているリアでしたが、すきな女優さんなので満足。
そして私たち芝居好き仲間にも会場でお二人会いました!
「あ、どうも!」って挨拶ができるのはうれしいですね。
週末の私たちの演劇鑑賞会の総会のゲストのトム・プロジェクト制作のM氏も。
週末の総会の後の飲み会では劇団制作の方数名とメインゲストのふたくちつよしさんも参加。
みな、少年のよう。芝居の話しや、こだわりについては、やはりクセがあって、面白い!
c0226545_0103765.jpg

翌日は、赤坂で芝居を観た後、やはり仲間3人と一緒に会食!
これが楽しいんですよね。芝居が短いからできたんですけど。
[PR]
by joi-satoimo | 2013-05-29 00:12 | その他
厄介払い
5月21日(火)18:30から北とぴあさくらホールで、所属している市民演劇鑑賞会でよびます!
渡辺徹さんと田島令子さんの二人芝居。コメディ。作・演出は水谷龍二。
東京新聞夕刊にのっていました!
うれしい~!
会員が減ってしまってどうしようと頭を悩ましていたので、これで会員が増えるといいな♪
非営利の市民団体が生き延びるのは大変です。。
東京という便利な環境でわざわざ手間のかかる市民運営の演劇鑑賞会の存在意味。
これをしっかりと伝えなきゃね!
c0226545_151054.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-05-15 01:07 | 市民活動
母の日
下の娘からことしはJinsPCメガネを貰った!家に帰ってもずうっとパソコンに向かっているのでありがたい。
c0226545_015219.jpg

それにしても、娘が小6の時に、お小遣いをためて【掛け時計】と【カーネーション鉢植】をプレゼントしてくれたときのうれしかったことは今でも思い出す。
小6の娘は、【掛け時計】を購入してから花屋さんへいき、お金が足りなくなって、どうしようって花屋さんでうろうろしていたら、近所の花屋さんということもあり、声をかけてくれておまけして売ってくれたそう。
その様子をうれしそうに話している娘がかわいらしく、うれしかった。
ご近所っていうのがいいなあって・・。
母の日、その他いろいろな記念日。商戦っておもわれるかもしれないけれど、でもやっぱりうれしいですよね。プレゼントしてくれる気持が。
で、私も母にプレゼント毎年していますが、今年は、今日も体調がいまいちだったので、どこにも買いに行けませんでした。その前にも母がほしいというものを捜していたのですが、いいものが見つからず、プレゼントは後日になります。
[PR]
by joi-satoimo | 2013-05-13 00:18 | 家族のこと
横濱短篇ホテル
劇団青年座。作:マキノノゾミ、演出:宮田慶子
出演: 横堀悦夫、津田真澄、大家仁志、椿真由美、加門良、小豆畑雅一ほか
“人生を紡ぐ7つの物語”。7つの短編が登場人物の人生のワンシーンをつないで展開していく。
一つの物語からつぎのあるいは未来と過去の話が、小さなつながりで描かれていて、オシャレな感じ。
なんか、にくい演出、ストーリー。とっても楽しかった!
横堀さんの、ミーハーな感じの男性(でも心やさしい)が良かった。
津田さんの、きつい女性の役も笑わせてくれました。
注意深くみていると「うそ」がわかったりして、それも面白い。
香椎凛さんの、女優を演じるシーンも結構圧倒されてすごかったです。

ものがたりそれぞれのタイトルは
「ヤクザに追われて」
「人間観察」
「脅迫」
「初恋の人」
「離婚記念日」
「プロポーズ」
「ネックレス」
c0226545_1412898.jpg
c0226545_1414277.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-05-12 01:44 | 観劇