ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
こんばんは、父さん
@世田谷パブリックシアター
キャスト:平幹二朗、佐々木蔵之助、溝端淳平
作・演出:永井愛 二兎社
簡単な状況をいうと
高度成長期を生き、バブルの後に踏み外した父親を平さん、バブルとその崩壊を生き、現在挫折中の息子を佐々木さん、現在の若者で闇金の役を溝端さんが演じている。
男のみえとゆめと、それが機能しなくなった状況でも、親子のきずなで最後はお互いを気遣えるようになっていてアットホーム的だけれど、そこに至るまでの芝居の中身には、日本がある時期、目標を間違えていたのではというメッセージを感じさせ、また笑わせながら感じさせてくれるのは永井愛さんはやっぱりうまいなって思います。
一生懸命働き会社を大きくし、浮気をし妻子を泣かせ、別居。妻の死に際にも会えない父。現在はサラ金から追われて逃げている。
そんな父にあこがれながらも反発し、気づかないうちに自分も同じようにみえの中、そして父親の引いたレールに乗っかっていたが挫折して妻とも離婚し一人でサラ金から逃げている息子。
二人が偶然元の自分たちが住んでいた廃虚となっている工場で再開。そこにサラ金の若手社員が取り立てに来る。若手の社員は、老齢の男にのらりくらりと騙されている。
若手の社員は、もしとりたてがうまくいかなければ、研修という名の地獄が待っているとのこと。親子から「逃げてしまえ、そんな仕事辞めろ」といわれるが、若い男は「自分が逃げたら店長をうらぎることになる」と必死。
会社を興したり、大きな会社である程度の地位まで上がった二人に比べ、とりあえず職をということで働いている男のほうが、人として正直であるところは面白く表現されていました。
ところどころで父親が「どうして自分の敷いたレールを走り続けなかったのか」という想いが伝わり、最後に父親が「自分の好きな事をさせてあげればよかった」という台詞、耳に残りました。
飽きさせずに見せてくれましたが、どうしても女の立場から物語を観てしまうので、「男が浮き沈みに思いをはせるのは結構だが、その裏で支えている妻を、やはり妻がすごかったみたいに描くのは・・浮気されても家を守るって?」とそんな女性の一生は送りたくないなって考えてしまいました。
永井さん、女性の気持ちを描くのがとても上手って思うんですが、今回は男性の立場を描いている事もあって、難しいですね。
平さん、佐々木さん、溝端さんともに、うまいなって思いました。平さんはくせのない演技が素敵です。
c0226545_9424135.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-28 09:45 | 観劇
小野寺修二「日々の暮らし方」
@あうるすぽっと
出演:小野寺修二、藤田桃子、南果歩、中山裕一郎、川合ロン、矢沢誠、吉村和顕、山田悠介

チラシには
「女はすべてを持っていた。。。最愛の男が居た。・・あらゆるモノが最愛の男に捧げられた。
ある日、女のもとから男が消えた。女は、男を捜すことにする」とある。

捕まえようと思うとつかまらない。また本当に捕まえたいのか・・
何をもって自分の感情の確信的なものってわかるのだろうかなんて、いろいろと思いを巡らせてしまいました。

おのでらんの舞台はいつもセットがかわいい。今回も「最愛の男」がいるかもしれない
あるいはいたマンションがミニチュアみたいに4段の本箱の各段に部屋のセットがありそこに男4人が寝そべっていたり。
中山裕一郎さんの独特な雰囲気も好きです。
ももこんの声もかわいいというか、ロボット的で、マイム的な感じ。(意味伝わる??)

チラシにあるようなひもで四角い空間を作る様子は面白かったな~。

また次の公演も観に行こうっと!
c0226545_05093.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-24 00:51 | 観劇
20周年記念朗読会
今日は所属している市民演劇鑑賞会の20周年記念イベント。
太宰治の「新釈国語噺」から「粋人(すいじん)」の朗読会。朗読は演劇倶楽部『座』の主宰・壌晴彦氏。
1時間の予定。一般1200円。会員2000円。
会員の方が高い?・・1時間の朗読会が終わった後交流会を開催、そして記念誌も配るため会員の方が高い設定。
交流会では。会員の中に、本格的なパンを作る方がいて、その方のパンとケーキも出す予定。
これが美味しいんです!知り合いなのでよく作ってもらっていました。
あ~、無事進行できますように!!
c0226545_1505868.jpg

これが終わらないと落ち着かない。。。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-22 01:52 | 市民活動
うま?完成
T氏の力作。大人がのっても本当に大丈夫かな?明日イベントが終わった後まだ残っていたらためさせてもらおうっと!
c0226545_0544481.jpg

今日は演劇祭エンディング。各劇団の公演当日は、他の劇団が当日受付周りなどお手伝いをすることとなっていて、また開演後はその劇団の芝居をみることになっている。
観た感想を「漢字一文字に」というのが今年の取り組み。
みなあたたかなメッセージを贈り合っていてほのぼのとします。
c0226545_0562548.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-20 00:57 | その他
マクロビのお店
今日、いえ昨日は小川町に仕事で行く用事があったので、マクロビのお店GAIAへ行ってみました。
以前、2FでVegeカレーを食べておいしかったので。
今日は3Fにある食堂でランチプレートを注文。おみそ汁とご飯、そして揚げ物がとってもおいしかったです。
c0226545_0444526.jpg

夜、北区NPOボランティアぷらざのスタッフとミーティングをしたときに話したら、結構、お店の名前も知っている人が数名いてびっくり。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-19 00:47 | その他
4Hと2H
5Hの鉛筆は小学生に使いやすいかどうか?ってきかれて私は絵を描くときには2Hの鉛筆をつかっていたのでいいんじゃないっておもったけれど、実際どうか家で試してみました。
久々に4Hの鉛筆をつかったら、書けるけれどやはり肉厚が薄い。娘に聞いたところHi-uniだからまだソフトだけれど他のだとどうかな?って言われました。
今回描いた4Hと以前書いた2H。写真にとっても固さや違いがわかる。強めに書いても写真に映しきれない。やはり子どもには無理かな?
c0226545_0513478.jpg
4H
c0226545_051583.jpg
2H
描いた馬?の張りぼて絵は、本日ジョイセフ残業後に市民演劇鑑賞会の事務所に書類をとりにいったらT氏が。。
この次のこども劇場のおそらくロビーにおく段ボールの張りぼて馬に新聞紙を濡らして肉付け中。
思わず手伝おうかと思ったけれど連日のつかれもあって「制作楽しんでください!」っていって帰ってきてしまいました。
しかし、つい先日も二人で大ゲンカして泣きながら文句言った相手だけれど、ああいう姿見ると思わずふふってなってしまう。
あちらはどうおもっているかしらないけれど、長い付き合い、演劇仲間ってことで、いつも雨降って地固まるなのかもね。。でももう喧嘩したくないな、疲れるから。
しかしいい大人なのに喧嘩するって考えられない。演劇という文化について、基本は一緒だと思うけれど活動方法の考え方の違いでぶつかります。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-17 01:02 | その他
北とぴあ演劇祭と飛鳥山薪能
きょうの演劇祭は、ねくすとJSG。この劇団は女子聖学院のOGメンバー。女子聖学院も高校演劇部で参加しているけれどそのOGも独自に劇団立ち上げて参加しているのはすごいです!
先輩後輩。恩師。いい関係です。芝居はイメージの世界でしたが、「保健所で殺されてしまう犬の気持ち」が悲しかったですね。今日は写真撮影を担当したのですが、うまくとれたかどうか自信なし・・・
芝居が終わってから片づけをするボランティアスタッフ↓
c0226545_0582381.jpg
女性です!で、雪駄はいていますが、にあっています。この方実は、庭師の親方でもあるんです!すごいです!
また今日は飛鳥山公園で野村萬歳もでている薪能がありました。1200人来たそうです。
娘が観に行っていました。ご招待券をいただいたので。私は演劇祭ですから当然観に行きませんので、娘に譲りました。写真だけ撮ってもらいました。舞台の様子が見たかったので。
c0226545_115817.jpg
c0226545_12832.jpg
c0226545_121816.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-13 01:03 | 市民活動
ほくとぴあ演劇祭 アフター8
10月7日(日)19:00から王子駅、北とぴあつつじホールで、社会人劇団アフター8の公演があります。
この劇団はほぼ毎年「観客動員数No1」です。力あのある演技力で楽しませてくれます。
明日の「恋女房達」楽しみ!

今日の「ジョバンニ/spin off 銀河鉄道の夜」誕生、ミュージカルは舞台上で生演奏。
特に演劇祭の会議にも出ていて、連絡担当者の方、声量ありますね~。
疲れているときには音楽っていいですね。

本文には全く関係ないけれど、いまでもときどき直島や豊島のアートが頭に浮かび、建築家の安藤忠雄ってすごいなあと思うんですが、表参道ヒルズも設計したってきいて、たまたまイベントでオープン前に行くことができたので内部を撮影してみました。
いつか記録にとブログに書こうとおもいつつそのままでしたがここでアップしておきます。
c0226545_0342120.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-07 00:35 | 市民活動
北とぴあ演劇祭 Musical Producers Company
10月6日(土)はグローバルフェスタに参加しているため昼の公演は観られません。でも夜はぎりぎりで観られそう。観るだけでなくスタッフ当番でもある。
明日の作品はミュージカル、「ジョバンニ-spin off 銀河鉄道の夜」誕生
銀河鉄道にでてくるジョバンニのお父さんの物語。舞台に楽器をおいて生演奏。5種類の楽器が使われるとのこと。
先日稽古場見学しましたが、みな歌声が素敵でした。1000円で本格的なミュージカルを楽しめるのですからお得ですね。
c0226545_1185090.jpg

今回の演劇祭は、トラブル続出。お客様には直接被害があるというわけではないので一安心ですが、運営上いろいろとストレスたまります。この絵(シールです)をどこかに貼って、眺めてストレス減らしたいですね!!
[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-06 01:20 | 市民活動
都立飛鳥高校演劇部観てきました!
今日はジョイセフの仕事が超~忙しくって、、昼抜きで18:45まで仕事し続けてました・・・
フレックスで朝遅く行ったのも影響しています・・・(>_<)
で、演劇祭、飛鳥高校、少し遅刻で入りました!
舞台設定場所は、病院の入院患者と見舞いに来た人が一緒にいられるスペース。
問題ある女の子が意識不明で入院していて、その友人2人が毎日きている。
その子が自殺を図ったよう。問題児である自分をどうにかしたいとおもっていてSOSを出しているけれど、人に伝えきれない、誰も助けてくれない。
母親はどう接していいかわからないらしい、そういう状況で起きた悲劇で
知っていて何もしなかった友人たちが舞台の中心。
眠っている、やっと眠りにつけたっていう表現があり、
そこにしか落ち着けない心情は深いなって。。
荒れる子どもたちは
自分をコントロールできない世代。周りがしっかりサポートしなきゃって
思いながら、でも、温かい手を差し伸べてほしいっていうのは
いくつになっても同じだなあって・・・意欲的な作品にチャレンジしていましたね。
ということで、癒しの一枚。親の趣味でこんな風に↓かわいいけどね。。男の子です。
c0226545_1205676.jpg

明日の演劇祭は、おとなの劇団「とうきょう花菜」、19時から王子駅、北とぴあつつじホールです。
主にベテラン主婦たちが演じている劇団。ちか~い感じしますよ!
[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-05 01:21 | 市民活動