ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2011年のベスト
2011年の観劇数は、震災の影響もあり昨年よりダウン。50本でした。(演劇祭の劇を除く)
マイベスト1は、昨年1月に観たときに予測した通り「焼き肉ドラゴン」です。
以下はベスト順位。(ついでに会場名も)劇団名とかはいれていたりなかったりしています。

1. 焼肉ドラゴン   チョ・ウィシン    新国立劇場小ホール
2. 欲望という名の電車  青年座  世田谷パブリックシアター
3. シングルマザーズ   二兎社  芸術劇場小ホール
4. ロクな死にかた ひょっとこ乱舞 芸術劇場小ホール
5. 詩人の恋   加藤健一事務所 さくらホール
6. おしるし   ルミエール 赤坂REDシアター
7. 出番を待ちながら 木山事務所 あうるすぽっと
8. わが町   小堺一機 新国立劇場中ホール
9. 浮標(ぶい)   長塚圭史 吉祥寺シアター
10.死の町   チャリT企画 Gallery LE DECO 5
11.月とあいつとお姫様 つつじホール

しみじみいい作品でしたね~
[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-24 00:46 | 観劇
1月の観劇
昨夜は、東池袋のあうるスポットに韓国フェスティバルの劇を観に行きました。会場で文化座の制作の人とばったり!あうるスポットはジョイセフから有楽町線ですぐ、そして帰りは都電の東池袋から帰れるので便利です。
帰り、みぞれだなあと思っていたら都電に乗っている途中でぼた雪に!線路の枕木に白くつもっていってあ~あ積もるんだなあってちょっとうきうきに。乗っていた親子連れが降りるとき、子どもの歓声がほんとうれしそうだった。

1月になって今日で5本目を観劇。結構いい劇ばかりだったと思う。この後また書こうと思うけれど、今日はその中のひとつこまつ座の「十一ぴきのネコ」原作馬場のぼる・こぐま社刊。
(絵本では「11ぴきのねこ」)井上ひさしさんが、馬場さんの絵本を読んで、感激して、芝居用に作った作品だそうです。今回の公演は副題として「子どもとその付き添いの為のミュージカル」となっています。馬場さんは「世の中あまっちょろいことばかりじゃない」ということを絵本の中で表現したかったようです。さらに井上さんはもっと現実の社会批判を折り込んだラストにしています。

最後の最後になって、井上作品らしいなあって納得。ただ周りにいた親子連れは、お母さんが「絵本のままのラストのほうがいい」って子どもに話しかけていました。。
「キャッツ」より先にできていた作品ということです。会場では開演の少し前から十一匹のネコたちが会場をうろうろ。子どもたちやお客さんたちに話しかけていました。間近で見ると猫たちのファッション素敵です。良くできていました。始まるときに猫たちが一斉に舞台にかけあがっていくとき、後ろからネコの尻尾でほほをなでられて!びっくり!
芝居はニ幕あり、一幕目はもう少し短くしてもいいのではと思いました。
ことばあそびもたくさんあって、大人でも楽しめます。役者さんもユニークな人がたくさんでているのでいいですね~!演出の長塚さんのアサスパでおなじみのメンバーがたくさんでていてうれしい!!北村さん、中村さん、山内さんが印象深い。。
演出:長塚圭史、出演:北村有起哉、中村まこと、市川しんぺー、粟根まこと、蟹江一平、福田転球、大堀こういち、木村靖司、辰巳智秋(モダンスイマーズの凡骨タウンにでていた!)、田鍋謙一郎、山内圭哉、勝部演之
c0226545_0292411.jpg

マシュマロとカップをつい購入。肉球のマシュマロかわいくって、おいしかった!
c0226545_0341537.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-24 00:34 | 観劇
松山⑤
松山は正岡子規の故郷。ということで俳句についてあちこちで投函ポストがあったりしていて
c0226545_1482458.jpg
こんなポスト!投函口が石についていてうっかり見落としそう。でもかわいい
それからこれは松山だけじゃないけれどハート型の模様、良く見ますね。これってイノシシの目なんですって。門によくあります。
c0226545_2275774.jpg
それと坊ちゃんの舞台ですから、こんな人形たちも。夜撮影したので暗いです。
c0226545_2281886.jpg
市民演劇鑑賞団体で今年の12月に「赤シャツ」(青年座)をやるので、何か宣伝に使えるかな?「坊ちゃん」の物語を「赤シャツ」側から見た話し、話って両方聞かないとわからないものです。なんだかこっちの方が本当じゃないって思えるほど。
今回の旅行は、妊娠8カ月の娘と一緒だったので、飛行機は優先的に先に搭乗できた。なるほどと納得。狭い通路を人と行き交うのはおなかが大きい妊婦さんには無理。先に入れさせてもらわないとね。できれば降りるときもそうしていただくとありがたい。でも最初だけでも荷物を上げたりコートを抜いたりしている人を超えて席に行くのは難しいので助かりました。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-22 21:48 | 旅行
松山④
松山2日目と3日目、道後温泉に行きました。最初は有名なあの建造物の温泉へ。
c0226545_2323143.jpg

値段によって、3F個室休憩室、2F休憩室あり、3Fと2Fは、2Fにある温泉と1Fの休憩室なしの一般の銭湯にも入れる。2Fはお菓子と煎茶と3Fはお団子とお菓子が付いてくる。残念ながら3Fはいっぱいだったので2Fへ。2Fのお風呂と1Fのお風呂両方入りました。
確か時間制限2時間だったかな?
そして天皇が入ったというお風呂と使わなかったが天皇のトイレなどを見学。3Fにはぼっちゃんの部屋というところもある。(この見学は2Fと3Fの入場券とセット)
2Fはお菓子だけだったの別に坊ちゃん団子も注文して食べました。
c0226545_23271934.jpg
夜はまた違った感じ。
建物のわきに願いをかなえる石があって、柄杓でもなかなか届かないのを一生懸命水をかけるとご利益ありとか、一生懸命かけていました。
c0226545_23314419.jpg

近くの神社の階段がすごい!
c0226545_2332256.jpg

駅のそばには坊ちゃん仕掛け時計があり、ちょうどの時間に人形たちが出てきました。
c0226545_23344010.jpg
c0226545_23362616.jpg

道後温泉へは坊ちゃん電車に乗って行きました。
マッチ箱のような電車でかわいい!
c0226545_23404795.jpg

翌日も道後温泉の今度は椿湯というところに行って温泉につかってきました。
こちらは一般の銭湯みたいな感じ。
どちらの温泉も清潔に保たれていて感じ良かったですね。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-21 23:38 | 旅行
福袋
今年も恒例の西武百貨店池袋で1月2日に福袋を買いに並びました!記録に残すために直にブログに書こうと思いつつ今日までかけなかった・・
今年は昨年のブログをもとにちょっと早めにでかけたおかげで昨年よりも前の列になりました。
でももっと遅くても良かったかも。
今年は7:38に到着。9時には中に入れて9:15販売スタート。一般のオープンは9:30。
福袋はだいたい2つしか買わないことにしている。何が入っているかが楽しみで、つい毎年通っています。(今年は 自由区 と SONIA LYKIEL)
あと、バーゲンが通常より割引率高いので、この時にお気に入りのお店で洋服を購入するようにしています。
恒例となのですが、今年は娘は妊娠8カ月なので、無理でしょっていったけど「いく!」ってことで、まったくねーと思いつつ行きました。
c0226545_0432130.jpg
昨年よりは出入り口に近い!
c0226545_0444449.jpg

初売りが2日で、その前日の夜中、おおみそかから元旦にかけて、きつねの行列を始めて観に行きました。
昨年観に行った娘たちに誘われて。知り合いのHさんや、Kさんが行列にはいっていましたっけ。
c0226545_0485090.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-21 00:49 | その他
松山③
松山2日目は、
愛媛県美術館
ウッドワン美術館所蔵 近代日本の絵画名品展 という企画展をやっていて、この間観ることのできなかった植村松園の絵を数点観ることができてラッキー!松園の絵って、繊細で、おしゃれで、Modeっていう感じ。それにしてもウッドワンなんていうから外国の美術館かと思ったら、広島にある美術館。なかなか素敵なところみたいなので、いつか行ってみたい。
旅行に行った先で美術館を観るのが好き。企画展もみるけれど、もちろん常設展も。
奥村土牛の犬、かわいいけれど、警戒心たっぷりで、つよがっていて、でも怖がっている犬がよくかけていた!思わずクリアファイルを購入。
c0226545_1375765.jpg

その後松山城へ
c0226545_1332115.jpg

カーブがきれい!
c0226545_1502038.jpg
さすがに妊婦の娘はお城の中は入らなかった。階段が急であぶないにきまっているからね。
c0226545_1435513.jpg

観ることのできなかった娘の為に、天守閣。
お城の中では、実際によろいを装着することができるコーナーがある。子どもに着せている親子を発見。ビデオを撮っているお父さんが足軽のふん装で似合っていましたっけ。
c0226545_148108.jpg

お昼は、町屋のてづくりパン屋さんで。
c0226545_1383961.jpg
c0226545_1384835.jpg

この後、いよいよ道後温泉へ。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-18 01:54 | 旅行
手作りケーキで被災地支援
昨年末に被災地支援を申し出てくださったクオカさんからいただいたマーブルケーキの素、作ってみました。
クオカさんはケーキ等お菓子の材料や用具を売っているお店です。このお店がジョイセフを支援してくださったきっかけは、震災直後妊娠中で出産間際だったクオカの社員の方が、たまたま産院で、被災地から避難してきた産婦さんを受けれいている支援を知って、そういう形の支援もあるのだと思っていたところ、ご自身が産後、ジョイセフを雑誌で知っていたっだき支援の申し出をしてくれました。
現在、お客様が商品を購入したさいの寄付と募金箱の設置のご協力をいただいています。
年末にジョイセフを訪ねてくれたときにいただいたお土産で作ってみました。美味しかったです!
c0226545_2104794.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-17 02:13 | joicfp
暗いところで待ち合わせ
劇団昴ザ・サード・ステージ第31回公演「暗いところで待ち合わせ」
原作:乙一 脚本:秋之桜子 演出:寺十吾(じつなしさとる)tsumazuki no ishi主宰
キャスト舞山裕子、小田悟、本間薫、中西陽介、佐々木誠二 ほか
演奏(チェロ):坂本弘道  於:シアターグリーン(池袋)
ジョイセフ休日出勤の後、急いで観に行きました。最後走ってしまい、5分くらい前に到着。真ん中のいい席だったので遅れなくって良かった・・。ところが走ったため喉をやられて最初席が止まらず困りました。周りの人ごめんなさい。(>_<)
作品は良かったです!話はちょっとありえないなあとか、終わりは漫画的だなあとか思いましたが、いい雰囲気というか、こころの動きを感じさせる演出でした。演出の効果がすごく大きい劇って思えました。寺十さんの主宰の劇団の劇を観たことがあるけれど、独特な雰囲気あるのでひかれます。

ストーリー:主人公の女性は、昔から内向的な性格でいじめられていた。
事故で失明し、その後父親も亡くす。母親は家でしたまま。。父の死後、1人で暮らすが、自分がいることが周りの人に邪魔に思われているのではと気苦労や、見えないところを移動する恐怖で外へ出られない。外へ出るときは友人と一緒の時。ある日、同僚の男性を駅で突き落として殺したのではという嫌疑をかけられた男性が、家へ忍び入る。彼も過去にいじめられたり、引きこもりがち。人とかかわりたくないと思っている。そういう二人の存在を消した生活がつづき・・物語の展開は意外な方向へ行く。。:
チェロ生演奏が、二人の過去から現在までの心が表現されていく時に効果的。

アフタートークで原作の乙一さんと寺十さんに昴の制作の方が巧みに話を進行していました。面白かったです。寺十さんの話では「できるだけ役者の顔をはっきりと見せない、そのことによって観客は観ようとする。」ってなるほどね~と。眼の見えない主人公のうごきひとつひとつに結構釘付けで観ていて、細かなことも観ていたい気がする。
そして「見えないということを観客が実感するために暗転を長くしている。これは芝居だから体感できること」と。主人公の父の葬儀の時には、目が見えなくなっているが、母親が姿を現したときだけ、見えたような演出がされたとのこと。
残念ながら、あまり暗い時間が多いと、先天性乱視の私としては目が非常に疲れるので目をつぶっつぃまった!声だけを聞いていました。その時暗闇で「お母さん、お母さん」と叫んでいる声には、胸が苦しくなって涙してしまいました。子どもには母親が必要。。いくつになってもかな??
私も母親でしたっけって。子どもたちの小さい時を思い出しました。
余談1:いつになったら、母でもなく、家やいろんなものから解放されるのだろう??

余談2:先天性乱視だけど、視力は現在でも1.2あります。無理無理目が焦点を合わせて物をみようとするので、疲労が多くなっちゃうんです、で、眼に負担をかけたくないから、暗闇では眼をつぶっちゃう。。

余談?3:乙一(おついち)というペンネームは、将来ご自身が有名になることを想像してサインがしやすい画数の少ないものを選んだ。たまたまその時使っていた電卓Z1からとったそう。
c0226545_1333761.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-16 01:43 | 観劇
松山②
松山では、初日は娘がネットで探したてづくりおはぎのお店で昼食をとりました。
c0226545_1294933.jpg

ちょっとボリュームあったけれど、おいしかった!お店の中はもち米の香でいっぱい。こんぶも美味しい!
c0226545_1305833.jpg

お婆様とお嬢さんとでお店やっているようでした。店構えもかわいらしい!「みよしの」です。
c0226545_132153.jpg

そして坂の上の雲ミュージアム。アンケートに答えてはがきをもらいました↓
c0226545_133858.jpg

TVも見ていたこともあり、史実を観ながら楽しめます。建物の作りも面白くっていいですよ。
建築家の安藤忠雄氏が設計したとのこと。
→萬翠荘(ばんすいそう)大正11年の建築
c0226545_147314.jpg

→三越松山。娘の個展をみる。
c0226545_1482592.jpg
c0226545_1484057.jpg
c0226545_1495163.jpg

なんとなく古くてしっかりした建物がいい感じでした。
グループ展の娘の絵の展示の一部を観る。
c0226545_153183.jpg

夜はオーガニックのお店で夕食。美味しかった
風味花伝
[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-14 01:57 | 旅行
松山①
1月5日~7日まで、下の娘が松山三越で、グループ展をやったので上の娘と3人で行ってきました。
上の娘は現在妊娠8カ月。飛行機乗って行くの?っていったけれど「行く!」というので3人旅行。
松山はいいところでした。道後温泉も良かったし、姫路城も良かったです。
そして市電の運転手さんどなたもやさしく、前が出口、後ろが入口と都電と逆なのであたふたしていたら「前からのってもいいですよ」っていってくれてうれしかったです。
そのあとも見ていると地元の人も含め、前からでも後ろからでも自由にのっていました。
松山の市電は古いものをそのままつかっているということで、降りるときは運転手さんはいちいち振りかえってチケットを受け取ったり料金を確認したりしています。
大変そうです、でも顔の見える挨拶っていいものです。市電もあまり待たずにいくつも来るし、快適な移動でした。
c0226545_155860.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-01-12 01:07 | 旅行