ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
演劇祭ちらしまき
今年も9月末からスタートする北区の市民演劇祭「北とぴあ演劇祭」のちらしまきをしました。
今日は王子駅と会場となる北とぴあ周辺で・・集まったのは約80名のアマチュア劇団のみなさん、と実行委員会、北区文化振興財団の方。
まずは、ちらしにオープニングのチラシの折り込み作業。
c0226545_0494527.jpg
このあと外へ。実行委員の一人が作ってくれた、キャラクターすたっちょの着ぐるみを着る人も。ちゃんと顔が出るところはメッシュになっている!
c0226545_0505118.jpg
c0226545_051198.jpg

秋葉原系の?コスチュームの子もいたり・・しかしこの子たちは、着替えに1時間もかかって、チラシ配りには最後の方しか参加できず・・インパクトあるので本当はもっと早く参加してほしいところだけれど、高校生の時間はちょっと違うのかもね。。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-08-29 00:53 | 市民活動
フリマ
8月20日(土)靖国神社で開催されたフリマに参加しました!
ジョイセフ内にたまっていたお土産やアフリカの布、アジアの布など、このままでは廃棄処分となってしまうところでした。
そこで、一昨年(確か?)も、フリマに参加してその収入を全額ジョイセフへ、ということをやったので今回もまた実施しました。
これは、仕事ではなく、まったくのボランティア活動として、私とジョイセフスタッフのHさんと二人が中心となって実施。今年はIさんも午後から来ていただき大変助かりました。

今年の荷物は多くって、とても二人でもっていくのは大変、ということで、Hさんのパートナー氏に車を出していただ、また、帰りも、ご自身の用事が終わったからと迎えに来ていただき、助かりました。
搬入は、Hさんと私、そして私の娘に手伝ってもらいました。

フリマ会場につくともう、お店を開いている人たちでいっぱい!
私たちのブースに到着ご、台車2台分プラス手持ちの品物をブルーシートにのせるか否や・・
もうお客さんが!値段をつける間もなく。。(本当は先につけてくるべきでしたが、暇なくって。。)
娘がいたので助かりました。私とHさんの二人だけでは対応できなかったし、品物も知らずになくなっちゃうんじゃないかというほどの人だかりになって、三か所で人がいたことは良かった。
娘には午前中ちょっとすぎまで手伝ってもらい、午後からIさん、そしてHさんの友達がいらしてくれて、午後は4人体制でできました。おむすびを食べる時間は何とか取れました。
c0226545_12173637.jpg

お客さんは、めずらしい品物に買う買わないは別として、楽しんでくれました。
外国の方も多い。その中で、安く買う交渉を粘り強く行うインド人のご夫婦がいて、何回も何回もきてくれて、その都度購入してくれて、人のいい感じの方たちで、一緒に楽しんだ感じでした。
中国の方で、中国のものをご購入いただいた人は、そのものの価値がわかるようですが、逆にお土産品だからそれほどのものではない、といいつつも、値引きする人に対して、安く言いすぎだよなんて助け舟を出してくれたり、ご自身が買われた品については、こちらから逆に「いくらならいいですか?」とお聞きしたり、でもこちらのいい値で買ってもらって、ありがとうです!

売っているものの本当の価値がわからないことも伝えつつ、ジョイセフのパンフも渡しつつ、売上額は3万円超えです!100円、500円の世界でよく売ったと思います。。
私たちも購入しました。そのひとつ。500円で購入しました。高い?安い?
c0226545_12164414.jpg

今回売れ残ったのは2箱弱。そのうちこの木製の動物たちは午後からだしたこともあり、また値段をさげなかったこともあり、売れ残り。。次回まで取っておく予定。
c0226545_1219648.jpg

夜は中学校時代の友人たちと2年ぶりの再会!1人は先に帰りましたが、6人で久々におしゃべりおしゃべり!
c0226545_1220328.jpg
忙しい一日でした。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-08-21 12:20 | joicfp
石巻つづき
石巻のお義母さんのおはかへ行く途中、うみぞいに大きな木の群生地があるがその木たちは無事。
そのすぐうしろにある家々は、下は骨組だけ、2階のみあるという状況。自然は強いなあとつくづく感じる。
しなやかさが強さなのだとも。。
日和山のおじさんのところにも挨拶へ。日和山はどこもひびわれもなく道路もふつうで震災の影がない。
おじさんに聞いたところ、一回目の揺れではものも落ちなかったとのこと。ただ停電にはなったとのこと。
その日の夜の2回目の大きな揺れの時は棚から物が落ちてひどく揺れたように感じたとのこと。
それでも昔からある山なので、地盤もいいのかもしれない。

夜は、実家に泊まるわけにはいかないので、秋保温泉に宿を取った。
現地でお金を落とすことも重要ですしね。
実家は1階が水没したので、布団類はだめ。電化製品もほぼ全滅で買い替えるなど出費が大変。
その中で大丈夫だったのが、魚介類をたくさん入れておくための大きな冷凍庫。
そしてプロパンガスは水が引いたらすぐに使えて、都市ガス復旧よりもかなり早く仕えて便利だったとのこと。
そしてなぜかTVは大丈夫だった。水にぷかぷか浮いていたが現在も使える。
もう一台の小さなTVは水につかった液晶の部分のみが映らないという奇妙な現象。
下半分がすっかりみえない。不思議。

仙台まではやぶさ に乗ってみました。はやぶさは揺れない!きれいだし快適。ただ、座席ははやての方がいいかなって・・
c0226545_192611.jpg

c0226545_1103676.jpg
秋保温泉
ホテルで久々のUFOキャッチャーで2つゲット!
c0226545_112476.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-08-18 01:12 | 家族のこと
石巻
節電の為ジョイセフも一斉休暇。
14,15と夫の実家の石巻へ、夫と二女、そして長女夫婦の5人で帰省。
ひさびさの石巻。震災後、みなどのように暮らしているのか気がかりだった。
実家の父と兄夫婦の家族はみな元気そう。お父様は88歳。
しかし、71歳の私の父よりもずっとしっかりしている。認知症がないからねー。
お義父さんは、ちいさいな船の船乗りだったので、何でも自分でやる。
お義母さんはもう亡くなったけれど、生きていた時、お義父さんは
針仕事も、そうじきかけもしていた。やっぱり日々の生活を自分でできる人はしっかりしているのかな。
震災の時、隣近所の人たちと助け合った話などをきいた。
まだ現在もお店があいていなくて、買い物は自転車でとおくまでいっているそう。
私たちが行った日は、朝もぎのとうもろこしや、さんまが手に入ったということで
さんまは刺身に、とうもろこしはゆででもらって食べた!
私はベジタリアンなのでサンマはNGだけれど、肉魚が大好きな娘は大喜び。
とうもろこしはもちろんとてもおいしかった!2本は食べたいところだったが、
うっかりしていたというか、忘れていたというか、、
おなかを壊すのでは?と思うほどの大量のおもてなし料理がでてきて・・・
残念ながらとうもろこしは1本しか食べられなかった。事前に、私の分は
野菜だけ、ご飯はいらないって伝えておけばよかった・・・

今回の旅行の目的のひとつ、お義母さんのお墓参り。
高台にあって海を一望できる素敵な場所にある。
しかし、震災の影響がここにも。。
石巻のあちこち、特に海沿いで地盤沈下が起きて、大潮の今、
満潮になると道路が水没するのでいける時間が限られている。
確かに車で行く途中、海面が近く感じられ、すれすれのよう。
こんなに、低くなっているなんてと思えた。
途中、津波の恐ろしさをあちこちで目にした。。が、とても
写真を撮る気にはなれない・・・そういう気持ちにはなれない・・・
お義母さんの御墓から見える海は撮影した
c0226545_1183356.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-08-16 01:18 | 家族のこと
コクリコ坂から
今日は水曜日!映画レディースデーなので、ひさびさに娘と一緒にジブリ映画を見ました。
「コクリコ坂から」です。
う~ん♪、良かった~♪!
時代背景は東京オリンピックが始まる1年前。主人公は高校生。
ストーリーはシンプルで、物語としてありがちな設定とオチではあるが、
逆にそのシンプルさが、語られてはいない 時・意味 を感じることができる。
宮崎駿さんがパンフで語られているように、今この時代にみる作品だから
ノスタルジーに溶け込めるかんじ。。。
それに確かにあの時代、みな直立不動的なひたむきさや
マニアックに熱中する、語る若者がたくさんいたように思える。
私自身は、その時代はまだ小学校入学前(年齢がばれる!まあ、いっか)

映画に出てくる、料理をするときガスに火をつけるシーンなどは
確かに大箱のマッチ箱を擦って火をつけた!
街中の夕景の、照明のあたたかさ、(明るすぎない!)一気に昔の心が戻る。

そこに出てくる風景は、原子力にたよらない生活。
それと経済発展に向けて、公害の発生。
古きものを壊して、発展を!と なにか掛け違いをしてしまいそうな社会。

いまこのときだからこそ、思い出して!っていわれているよう。
便利さを追いすぎないことをこころにきざまなきゃって!

劇中歌に坂本九さんの「上を向いて歩こう」がかかるんだけれど、
これがまたジーンときて、聴いただけで涙がでてきちゃう。
九さんの歌は、子どもの頃も歌いやすい、耳に残りやすいということで
愛着はあったけれど、大人になった今聴くと
震える歌声が、本当に冬近くの夜空の星の瞬きを連想させてくれて
昔の自分と今までの自分の人生を感じて涙してしまう、味の深い歌であり
歌声なのだと思った。

人生を味のある、面白い物語にしていく、そういう生き方をしたいなと思った。。
c0226545_094641.jpg
語られていない 行間 を 想像力を存分に動かすことができる 素敵な映画でした。。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-08-11 00:09 | 映画
秋草学園高校
6月中旬に、秋草学園高校の生徒会のみなさんが、ジョイセフに来てくれました。
「途上国の女性支援を継続的にしたい」との生徒さんの声で具体的な活動を実施したいというお話でした。
秋草学園高校は、校内の購買で、生徒会とサンリオの共同プロジェクト「ハローキティプロジェクト」というのを実施していて、オリジナルキティグッズを作成しているとのこと。
どのようなこだわり商品を作られているのか興味津津です。
でももっと興味あるのは、生徒会のみなさんがどのような活動を行って応援をしてくれるのかということ。
というのは、先日説明をさせていただいたときに、生徒会のみなさんが、真剣にお話を聞いてくれていて、「実際に世界の人のために仕事ができるって素晴らしい」と感想をぽつりと言っているのを耳にして、素直な言葉を、大変うれしく思ったからです。
c0226545_012695.jpg
c0226545_014545.jpg
クリアファイルは作成した学年ごとにこだわりを入れてあるとのこと。ちょっとした違いに、その学年のこだわりが隠しこんであり、かわいいなあって思いました!
c0226545_03544.jpg

そして個人的に、我が家の夫の「ご当地キティファン」もあって、どうもキティちゃんに敏感です!

通常は、学校の訪問を受け入れる時間的余裕がまったくないのが現状ですが、今回スタッフの知り合いの先生からの紹介ということもあり、久々にリフレッシュした気分でした!
[PR]
by joi-satoimo | 2011-08-06 00:06 | joicfp
原宿竹下通り商店街イベント
8月1日~7日まで、原宿竹下通り商店街のイベント「星に願いを!2011」が開催されていて、そこでジョイセフの東日本大震災被災地支援活動への募金・広報活動をしていただいています。
昨日、訪れてみました。
さすがに夏ということもあり、平日にもかかわらず、若者でいっぱい!
竹下通りはいってすぐのダイソーさんの入口のわきのスペースで七夕の短冊に願いを書き込んでいる人がたくさん!星の短冊がかわいくって、思わず私も願いを書き込みました。
c0226545_810366.jpg
c0226545_8104826.jpg

久々の原宿。子どもが小学生のころまでは一緒に行ったこともあったり、また数年前に娘が原宿のギャラリーで絵の個展を行った際にも、散策をしましたが、本当に久しぶり。
おいしそーなクレープ屋さんや、かわいいグッズのお店など、ついショッピングしたくなりましたが、仕事中ゆえ、ちょっとだけ覗いて帰りました・・・
それにしても、若い人たちの街ですね~!そんな街でジョイセフの応援をしていただけるのはとってもうれしいです!!
若い人たちが妊婦さん、赤ちゃん、女性に心を寄せていただけるのはいいなあって!
[PR]
by joi-satoimo | 2011-08-04 08:15 | joicfp
いつまでたってもこども
土曜日は、市民活動(演劇鑑賞会)の打ち合わせが事務所であり、結構長い時間事務所にいました。
でかけに母に「雨も降りそうだけど、傘は不要かなもっていかないよ。北とぴあにいっている」って言って出かけた。(本当は北とぴあそばの事務所なのだがなんとなく近場を言ってしまった)

夕方近く事務所にかかってきた電話をとったところ、
北とぴあにあるかかわっているもうひとつの市民活動ー
こちらは区から委託をうけているNPOの事務所からだった。

スタッフから「お母様がいらしていますよ。事務所がわからないからといっています。携帯を持ってきてくれています」とのこと!
びっくりして電話をかわってもらったところ、私が玄関に忘れた携帯がぴかぴかしているのでもってきた。雨も降りそうだから傘も持ってきた、とのこと。
スタッフにあずかってもらい帰りによってもらってきました。

家に帰って娘にはなしたところ、
「まったくいつまでも子どもで、自立できていないねママは。」と。。。。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-08-01 00:16 | 市民活動