ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ラッキーなのかそうでないのか???
世の中が震災のため、すべて自粛ムード。
買いだめ品以外の経済が回らなく、色々な人が
大変になるのではと思う。
それでなくても舞台の役者さんたちは大変なのだからと
思い、19日に「凄い金魚」(ラッパ屋@座高円寺)を観にいった。
面白かったが、人生への応援メッセージを聞いても、
震災での被災者のかたへにこころが行ってしまう。

家に帰って、夜遅くに父が、「のどが気持ち悪い、救急車を呼んでくれ」と
騒ぎ出した。いつものこととは思うがあまり苦しそうなので、かかりつけの
医師のいる東大病院へ電話した。容態を話したところ、救急車でなく
車で来てくれても受け付けると言うことだったので、タクシーで行った。
父はタクシーでは遅い、救急車だとわめいていた。
でも、タクシーを呼んで連れて行った。いつものことなのに救急車を
呼ぶのでは迷惑をかけると判断したため。
ところが病院へつくと、すぐに検査室に入れられて1時間近くも待たされた所、
重い肺炎を起こしていて、そのせいか心筋梗塞を起こしている。
心臓の一部が壊死している可能性もある。

医師からの説明は、
「80歳と言う年齢もあり、呼吸困難な状況を回復するために
一時的にのどを切って、人口呼吸器をつける場合もある。
その際に、もしかしたら一生寝たきりで呼吸器が必要になる可能性もある。
認知症もあるので、さらにひどくなる可能性もあるが
本人はそういう状況になっても生きたいと思うか?
薬で楽に(死ねる)と言う方法もあるが、どうするか?」というようなことを
聞かれて、びっくりした。先生は本人がどう考えているかが重要とのこと。
たとえどんなに高額な費用がかかっても、世話をすることになっても
このまま死なせるわけにはいかない。
「父はどんなことがあっても生きたいと思う人だと思うので、
最後まで治療を続けて欲しい。」とお願いをした。
それから数時間して、糖尿もあるので肺炎の回復も
難しい、お腹に動脈瘤もあるので、手術も難しい。
カテーテルで風船を膨らますのも難しいので
銅線のリングを入れる。と。
そのつど説明を聞いて、聞いている母と私と夫の3人は
そのつどサインをする。
手術は検査も含めて7時間かかった。その間ICUの待合室で
眠ることなく待ち続けた。。手術は成功!
医療のすごさを実感。

また「65歳以上の方の70%は、手術後、意識がおかしくなる」
と言われたように2から3日は変であった。
自分の年齢が75歳から日を追って10歳ずつ若くなっていった。
そしてあばれて手がつけられないので、
母が夜泊りがけで付き添うこととなった。
そのおかげでだんだん信じられないほどの回復で
10日ほどで退院となった。
友達に聞いた所、高齢者は大きな手術などをすると
自分の居場所を確認したくなって夜中に騒ぐそうだ。
父も母が夜付き添うようになって、夜中に
「おかあさん」と呼んだとき、母が「何!」って
答えることで安心して眠っていたそうだ。
良かったのだが、家族は大変。
母と交代で私が昼間付き添ったり、仕事のある日は
娘が昼間付き添い、夜は私も職場から病院へお見舞いに。
24時間家族がいる必要もないのだろうが、
やはりほっとけないというのが我が家のみんなの考えだから
仕方ない。父は、病弱でわがままで辛抱が出来ない人だから
大変な人生だけれど幸せな人でもあると思う。。。
c0226545_2275293.jpg

病棟の食堂からの眺め スカイツリーが大きく感じらた
c0226545_2283358.jpg

なんと東大ショップに、ご当地キティちゃんが、、
[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-31 22:02 | 家族のこと
地震その後
夫の実家、宮城県石巻市中里は、お父さん、お兄さん夫婦、甥は全員無事。
床上1mの浸水のまま、家の2階で避難生活をしていたとのこと。
先ほど、日和山の叔父さんの携帯より連絡が入りました!
そして弟一家も全員無事。家が山側なので、被害はなかったとのこと。
ひとまず安心。でも、夫の友人や知り合いがたくさんいるので
まだまだ心配はつきません。
そして、こんなにたくさんの方が亡くなったり避難生活を余儀なく
させられたりと、本当につらいでき事です。
中里地区は海側に日和山という小高い丘のような山があって、
それがあることで津波の被害を少なくできたのかもしれない。
結局、自然の力によって、人は左右されるものなのだと思います。
だから、自然でないこと、無理無理電力確保のために
原子力を作ること自体、地球に反することなのかも・・

そして、首都圏の買いだめ現象・・これは何とかならないのかしら?
おかげで、我が家のおじいちゃんおばあちゃんは、パニックに
陥って、大変です。
認知症の父がわがままをいって、ついに母まできれてしまい、
押さえるのが昨夜から大変でした。
ガソリンを入れる入れるって、もう大変。
母は地震のストレスと長年の父からのDV被害のトラウマで
体が震えだして・・逆上しだした。
だけどどうすることもできない、DV加害者は80歳になっても
一生加害者であり続けるのか?
これは、本当にジェンダーの問題だと思う。
子どものころから甘やかされて育ったうえに、体が弱く
「男至上主義」の時代に生きた父は、母親を自分の召使
または母親のように甘え切っている。
どうしようもない・・
[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-17 09:54 | 家族のこと
地震
いつかは大きな地震が来るだろうとは思っていたが
また宮城県沖とは思わなかった。
今から30年以上前にも、宮城で大きな地震があったから・・
夫の実家は石巻の中里地区。
伯父さんは日和山(どうやら日和山の人は大丈夫のよう)
弟さん夫婦は石巻の山のほうだが、
勤めは石巻の川の傍の会社・・年の離れた弟で、
身も軽い人だから大丈夫なのではと思っているが、
ただ、とても心の優しい人だから
実家を心配して、避難よりも家に行くことを
優先しているのではと心配。
実家が住んでいた地域は、ネットで調べると
4mの津波があったようだが
徐々にきたかんじで、昨日まで町全体が腰まで
水につかっていて
電機も電話も携帯も不可のよう。
避難しているひとも多いようなので
大丈夫だろうと信じている!

TVは、どうしても被害のひどいところ、
あるいは地域で一箇所
というような感じで、あちこちの避難施設を
映してはくれないし、名簿を公表してほしいと思う・・
171も使えない地域であれば
なおさら公表してほしい・・

夫は仕事から帰ると、パソコンの前で、
何か情報がないか探している。
娘が傍で一緒に話しながらパソコンを覗いていて
夫を勇気づけているよう・・
家族中で、171を何回もかけて、連絡を待っている。

野蒜をとおっていた仙石線が、
一時行方不明になったと聞いた時も
かつて、子どもが小さいときに海水浴へ行った場所なので、
ドキッとした。
石巻へ行く電車は、隣が海すれすれで通るところが
たくさんあり、眺めがとてもいいけれど、その分津波には
弱いと思う。今回、乗っていた人たちがすべて無事で良かった。

海の眺めの奇麗なところ、川沿いでの花火大会、いろいろと
思い出します。
海に面して大きな山があったのが救いとなっているのかも
しれない。。日和山にたすけられているといいなあ。。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-15 21:50 | その他
らんま先生
本日、地域でNPOボランティアの交流イベントがあり
ゲストにらんま先生という、エコパフォーマーの方を
お呼びしました。いつもは子どもたちが相手なのに、
本日は大人ばかりで、講師も少し戸惑っていたよう。
でも、大受けして、みな楽しんでいました。
参加団体は28団体あり(NPOやボランティア、行政、そして2つの信用金庫さん)
私は、手作り品をいくらか購入し、アロマセラピーハンドマッサージを受けました。
オイルで手をマッサージしてくれて、とても気持ち良かった!
「すぐボラコーナー」でジョイセフへ、使用済みプリンタインクと
書き損じはがきの収集も行いました。ご協力いただいた皆さんありがとうございました。
c0226545_2326794.jpg

バランスボールに乗っかって、棒の先に片側はヘルメットで生卵をいれてある。
片方は飛行機で飛行機に小さなバケツをさげて中には液体が入っている。
それを遠心力で落とさないよう回すと、写真のようにシャボン玉がでてきて
きれいでした!
[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-06 23:28 | 市民活動
シングルマザーズ
「シングルマザーズ」二兎社 作・演出 永井愛
出演:沢口靖子、根岸季衣、枝元萌、玄覺悠子、吉田栄作
東京芸術劇場小ホール1
永井さんの作品は、社会風刺が効いていて、
面白くまたほろっとさせる作品が多いので大好きで必ず観に行く。
今回の作品は、「児童扶養手当の減額」に抗議するシングルマザーの
実際の活動から書いた作品とのこと。
チラシには「男の貧乏人が増えてから騒ぐなんて馬鹿げている。
シングルマザーは、ずうっとずうっとワーキングプアだった。」と。

4人のシングルマザーが、シングルマザーのネットワーク団体を
運営。4人さまざまな状況や子どもの様子など、その様子は
保育園の問題など、働く女性に共通する悩み。

一人出演の男性は、DV加害者で妻に逃げられ離婚。
このDV加害者が、良く描かれているというか、DV加害者が
被害者を装う様子など、永井さんは取材を良くしているからか
リアル。
男「妻が門限をまもらない。母親としてどうなのか、
子どもの手前も、妻の体も心配している」
主人公「あなたには門限ありますか?」
などなど、追いつめられる男性の様子が滑稽に描かれている。

枝元さんは、登場して一回舞台から退出して、
再登場のときは、入ってきただけで笑わせるから凄い。
c0226545_23403012.jpg

今日、劇が始まって10分くらいで
隣の4人組の一人(高齢な女性のよう)が
急に具合が悪くなったようで、救急車を呼ぶ騒ぎに。
芝居は進行しているので、暗闇の中で
劇場の人が来て連れ出したが、その間、こちらも
気が気ではなく、端の席だったので席をはずして
壁側の邪魔にならないところで立って劇をみた。
幸い、その方意識が戻っていたので大丈夫だと思うが・・
こんなアクシデントもあるんだと・・・
[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-05 23:36 | 観劇
親の顔が見たい
「親の顔が見たい」作:畑沢聖悟、演出:黒岩亮 劇団昴
現役の高校教師が書いた作品ということで、
リアルないじめ内容だった。
ある私立女子高校で女の子が教室で自殺をした。
その遺書に書かれてあったクラスメイト5名。
学校はその5名の保護者をよんで、事情徴収をする。
舞台はその様子だけを展開していて、
実際にいじめに加わった子どもたちは
それぞればらばらに別教室で事情徴収をされているが、
舞台には一度もでてこない。
わが子かわいさのエゴのぶつかり合いで、
自分を正当化するためのいいわけが
あんなに流暢につけるものなのかと思う・・
ひっしに嘘をついているときって、
きっと周りから見ておかしいってことわからないのだろう・・
いじめの内容はひどかった、それなのに、口裏を合わせたり、
携帯の履歴をけしたり、そういうことに親も加わって、実は
嘘をついていたり。。中には非を認める保護者もでてきたが、
最後の最後まで、わが子をかばう親。

証拠となる遺書を先生から奪い取って、
焼いたり、食べたりと、

信じられないけれどありうるかも。
最後に「私たちは生きていかなければならないから」って、
うそをつきとおす親の決意に、憤慨して終わる。
「生きたいと思って生きることをやめた少女の気持ち」に
思いが行かないってどういうこと!って。

しかし、気をつけないと自分もそういう親になってしまう
可能性ないわけじゃない。どの親もそうかもしれない。
そんな親になったら子どもがかわいそうって、頭の隅に
入れておかなきゃ。子どもに親は選べないのだから。
芥川龍之介の河童の世界では生まれる前に子どもは
「この親でいいかどうか」選べるシステムになっていたっけ。

余談だけれど、最後まであきらめの悪い親役の宮本さん
先日、お話をしに私たちの会まで来てくれたが、その時の話。

ある芝居をみて芝居にはまり、北海道の演劇鑑賞団体に入会。
そして大好きな演劇を今度は自分で演じてみたくなり東京へ。
そして劇団昴で現在は、役者として活躍。
私たちの気持ちがわかってもらえてうれしかったです!
c0226545_23102143.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-05 23:10 | 観劇
ひなまつり
今年はばたばたしていておひなさまをかざるのが少し遅くなってしまった。
我が家には飾るにはルールがあって、2月の日のいい日(大安とか)を
第一候補日にする。でもその日が都合が悪いときは先負のときは午後、
先勝のときは午前にお雛様を飾る。
そして3月3日をはさんで、飾った日からしまうまでは
母曰く「六日一日はだめ」っていうことで、8日間以上は飾っておくことになる。
今回は、なかなか飾れなくって、休日の赤光の日に飾った。
この日は何をやっても大凶だが、正午のみ大吉なので、その時間に飾る。
普段はそういうことを考えないのだが、なぜか昔からの行事になると
そういうことを大事に考えたくなる。。。不思議。
c0226545_23444960.jpg

私の初節句のときに買ってもらったお内裏様。アップでとってみた。
c0226545_23451291.jpg

傍にいた父が、お殿様は?って、急がされて撮りました。
c0226545_23452845.jpg

桃の節句ですね。

話は変わって。。先日の大雪で、ベランダのプランターに
夫がアボカドの種を植えたところ、はえてきて多きく育ったアボカドが
雪の重さに耐えられずしなってしまったところ。
このあと娘が雪を払ったが、ぴんとはならなくなってしまった。
c0226545_2350351.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-03 23:49 | その他