ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ファッションショー
劇団民藝「喜劇・ファッションショー」紀伊国屋サザンシアター
作:木庭久美子 演出:渾大防一枝(こんだいぼう かずえ)
出演:箕浦康子、仙北谷和子(せんぼくや かずこ)、塩屋洋子、杉本孝次

面白かったです!

後期高齢者になったばかりの女性たち3人のお話し。
主人公はシングル、独り身の不安もあってお金を2千万円もため、
マンションも自分のもので部屋を間貸ししている。
同居人は自分と同じような境遇、でも女優が職業のその女性は
一文無しで、年金もない。
もう一人の女性は、主人公の昔からの友人で、結婚はしたが
夫に先立たれてからは、息子におカネを使われてしまい、
財産を失い、現在は年金生活。

低金利、銀行の倒産など、不安がつのり、タンス預金をしてしまう。
それをあてこんだ詐欺師に遭遇して・・・
被害にあって警察へいっても、年のせいで忘れているのではと
あまり真剣に相手にされない・・

年をとるといろいろなことが大変になり、
まわりからはうとまれる、スポットライトを浴びることがない。
など、年齢を重ねることでの不安や寂しさがある。
被害者意識も過剰にあったりと・・
なんだかおもいあたることあるなあああって・・
でも、そういうくらいことを喜劇にしていて
思わずうなずき笑いながら、最後は希望にみちて
これからの人生を、自由にいきいきと生きていく
そういう力をもらえるお芝居だった。

後期高齢者なんてことば、誰が作ったんだか、
そんなわけ方必要だったのかしらって、主人公も
憤っていた。くくられるのって嫌ですよね。

小泉元総理似の杉本さんの政治批判セリフに
会場が沸いていた。
c0226545_19291257.jpg

私は50代だけれど、なんだかもう席を明け渡さなければならない
世代っていうプレッシャーをこの頃感じる。
実際、体力も不安だし、仕方ないか。
社会での主要な席を空けるのだから、代わりに電車やバスの
席を譲ってくださいってことかなあ・・?
いやいや、ダイエットのためには私自身はもう少し
譲る側に頑張っていましょうっと!
[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-30 19:30 | 観劇
横浜
先日、仕事で横浜にいった帰りに写メしました。
c0226545_21174354.jpg

「団体」「活動」「総会」っといった言葉が頭にうかんできた。
自分のライフワーク(たぶん)に近い、仕事でした。
連帯感ある、やさしい人に囲まれてほっとした一日でした。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-29 21:21 | その他
落ち込んだ時に雪
今日は、とてもつらい目にあった。
無視されるってつらい。。窓際族の意味がわかるような気がした・・
でも、夜の市民活動会議で、元気をもらった。
演劇が好きな仲間達が、秋の北区の文化振興財団と一緒にやる
イベントの会議。
やりたいと思う人たちが互いに協力し合って
何かをやろうとするのって大変なところもあるけれど
それぞれポジションをもっている。
そして夜にはあられが!
玄関の植木にたまっていたのを娘が写メして送ってくれた。
がんばらなくっちゃ!
c0226545_2245577.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-24 22:46 | 瑣末なこと
トモダチコレクション
なんだか、上の娘がはまっている「トモダチコレクション」
不思議な感じ。
娘が作った私とおばあちゃん。
c0226545_22524486.jpg

私、「カブキ!」って歌まで歌わせていた。
似てないと思うけど。。
c0226545_22533434.jpg

母はなんとなく似ているように見える。

おもしろいアソビがあるんだね~・・
[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-22 22:54 | 家族のこと
かわいい小物達
また、かわいいものみっけ!って買ってしまった!
c0226545_0465415.jpg

JICA地球広場に行った帰り、すぐそばのお店で。
他にも猿やカメなどいろいろ売っていた。
仕事でJICA地球広場のセミナーに一緒に行ったY君も
「母にプレゼント」っていって違うのを買っていた。
いいな~!そういうのを耳にするのもうれしい。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-21 00:50 | 瑣末なこと
足立区区民による合唱と群読そして狂言
日曜に、友人がでるからと招待されて足立区の生涯学習としての合唱Gと狂言Gの合同発表
「白秋の世界」を観てきた。
北原白秋の詩と、彼の生涯を合唱と群読、そして狂言で表していく。
アマチュアの舞台とはいえ、うまく演出して、まったく飽きさせなかった。
そして狂言のメンバーの発声の良さと、言葉に演技力を感じて
みないきいきとしていて素晴らしかった。
休憩をいれて3時間だったのだが、あっという間に終わった。
白秋の歌は、懐かしい歌もあるので、それも良かったな~!
c0226545_22522228.jpg

ところで行き帰りのバス。西新井⇔池袋の途中、細い道路を通るのだが、
なんと、バス停のスタンドが斜めに立っている
道が狭いので、通行人がさえぎられて見えなくなるのを防ぐためだと思う。

帰り、夕焼けが始まるころ。バスからの光景もなかなかいいもの。。
c0226545_22544818.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-18 22:54 | 市民活動
わが町
「わが町」作・ソーントン・ワイルダー 演出・宮田慶子 音楽・ピアノ演奏・稲本響
出演・小堺一機、鷲尾真知子、相島一之、佐藤正宏、青木和宣、斎藤由貴 ほか。さいたまゴールデンシアターの皆さん
現代劇の草分け的演劇ということらしい。
舞台はアメリカの小さな町。まだ自動車でなく、
馬や牛が交通の主流。
その後数年で車が主役となるころの話。
でも、話のテーマは現代でも通ずる不朽のメッセージがある。
何よりも、照明による演出が素敵だった!
舞台は、客席9席をつぶして前に出し、奥行きを持たせている。
照明の濃淡で、道、そしてその手前にある家との段差まで表現している。
まさにチラシにある道、街並みを照明で表現していて
それが素敵だった。

最近、ときどき50歳を過ぎた自分には、
履歴書に格づけるものが何もないことに
はたして、もっと前に手をうてなかったかしらって
思うことがある。学歴は無理でも
もう少し早く正社員として働く場を見つけるとか、
あるいはずうっと働き続けることはできなかったのかと
考えることがある。
(50才から正規雇用で働き始めました。それだけでも
ありがたいことです。)
なんだか、自分自身がつまらない存在に思える。
そういう時に、この演劇を観て、
「私が選んだのは、なんでもない、二度と繰り返すことのない
そういう時間を大切にして選んできた道」って
思えた。
私の世代では、子育てママのねっとわーくのような
社会とつながろうというような気運なかったしね。
30代は子育てしか目に入らなかったっけ。
今子育て真っ最中の人たちには、
子育ても社会とつながることも、働き続けることも
できるよう、いろいろなシーンでバックアップしていきたいって
つくづく思う。
子育て終えてからでも再就職しても、それが普通となる
社会になってほしい。
c0226545_0165174.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-18 00:18 | 観劇
土鍋
炊飯器が壊れた!IHの炊飯器で購入してからまだ4年たってはいない。
実は購入して1年以内に壊れて、無償で修理してもらったことがあり、今回で2回目。
ということで現在、我が家にはお釜なし。
ご飯を炊くのに、前回のときに購入した土鍋を使っている。
(休日に夫が、おこげができる白飯を炊いた。)
しかし、毎日となると、炊くのに手間がかかるのでちょっと困る。
夫は仕事の帰りが遅いので、私か娘がつくることになる。そこで夫に炊き方をきいた。

お米をといだらお米2合に対して400ccの水。15分間水につけておく。
15分間結構強火で炊く。その後15分間蒸らす。(この間ふたはあけない)

今日は、夫が長女の家に、無線LANの接続のために不在。そして、夕食を長女の家でごちそうになったので、今日の夕飯は私と下の娘だけ。
土鍋でご飯を炊いてみた。
おいしく炊けたけれど、おこげができていない??夫が帰ってから聞いてみたが、良くわからなかった。火加減が足りなかったかな??
まあ、1週間は土鍋だから、お焦げができるよう、工夫してみようっと。
c0226545_0321681.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-11 00:32 | その他
クレアモントホテル
岩波ホールで映画「クレアモントホテル」を観てきました。長女と一緒に。
原作:エリザベス・テイラー(英・女性作家)1971作。脚本:ルース・サックス。監督:ダン・アイアランド。2005年、アメリカ・イギリス
内容は、年老いてから自立を目指し、娘のもとから一人、長期滞在型のホテルに引越した主人公が、ふとした偶然で、作家志望の若い青年と出会う。
ホテルの他の住人も、孤独な老人たち。だが、ただ孤独ではなくユーモアとウィットを忘れず、それぞれ絆を感じながら暮らしている。
主人公は、青年をとおして亡き夫との思い出をたどり、青年は、人生の奥深さを知ることに。
映画の中には、細かなところまで、ユーモアとウィットがあふれているよう。
笑いながら、しかし、年をとるということを視覚的に考えさせられる。
主人公の言葉「今まで私は、ずうと誰かの娘で、誰かの妻で、誰かの母親だった。残り少ない人生は私自身として生きたい」というのに、強く共感!そしてその強さをうらやましくも思った。
一方、寂しさも感じ、もっと傍に肉親の誰かがいてやることはできないのか・・映画では、青年が傍にいて良かったが・・でも、娘さんも、お母さんが心配で傍に置いて置きたいと考えていた、が、主人公は、監督下に置かれているようで嫌だったよう。反面傍にいてほしいとも思っているようで、複雑。
映画は若さの素晴らしさを感じさせるのと対比して、老いていくことの意味を考えさせられる。「お年寄り」ということばだけでくくらないでほしいと思う。
感動的な良い映画なので多くの人に見てもらいたいと思う。
c0226545_1482926.jpg

ただ、そうはいっても、昔、私が子どもの頃郵便局で見た記憶を思い出すと:
年金を受け取りに窓口にふるえる手で、手続きをぎこちなくしているお年寄りをみたときに、どうして誰か一緒に行ける人がいないのだろうって、胸が熱くなったことがある。今、大人になって自分の親に対して、フォローが十分にできていないと反省。。しかし、この考えも監督下におくような意識かもしれない。
自立と尊厳を尊重しながらも、面倒をみるのではなく、一緒に寄り添うっていうことは、難しいですね。。。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-09 14:09 | 映画
桂三枝落語会
今日は、生活クラブでチケットを購入した桂三枝の落語会に行ってきました。
場所は有楽町朝日ホール。結構いい席でした!
c0226545_052785.jpg

前半は、三枝さんの挨拶とお弟子さん二人の落語、そして三枝さんの落語。
お弟子さんも面白かったけれど、やっぱり三枝さんの落語は、涙がでるほど笑えた!

中入り後は、三枝さんの独演会。
創作落語で「ハワイ」(正式な名称は失念)
ハワイなので、ウクレレの演奏と歌付。
印象的だったのは、ウクレレを弾く時は、顔が全く別人のようで、
え?三枝さんの顔ってこうだったかしらって思ったほど。
弾き終ると、いつものTVでおなじみのお顔になる。
きっとウクレレとハワイアンの歌、お好きなのかもしれないなあって感じた。
それともうまく弾くのに必死だったので素が出たのかしら・・・

この日は午後落語で、夜は長女と一緒に岩波ホールで映画を観ました!
[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-09 00:59 | その他