ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
五月文楽
東京での文楽は、2月、5月、9月、12月の国立劇場小劇場でやることになっている。
ここ5年くらい、毎回かならず観に行っている。
「人形でしょっ」て思う人や、「難しそう」と思う人もいると思うが、だんだん慣れてくると言葉も理解できてくる。まあ日本語だしね・・
それに、人形の動きに引き込まれて、三人の人間が動かしているのに、人が見えなくなる。
義太夫節と三味線も、じっくりときかせてくれて、ジーンとくる。
独特な世界がある。

また、江戸時代の人たちが娯楽として観ていたというのもあり、当時の人がどういう思いで、みて、ないて、笑って、あるいは権力者たちを冷やかして楽しんでいたか、想像すると面白い。

さて今回の文楽で、特に興味をひかれたのが、連獅子と新版歌祭文。
連獅子は歌舞伎で、親獅子、子獅子(2頭)の三人の役者が、獅子のたてがみを振り回すのを思い出すが、はたして人形はどうするのだろうと興味津津。
なんと、人間が演じるときと同じように、たてがみを何回も振り回す!見事!

新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)は野崎村の段は有名で、江戸糸あやつりでも、歌舞伎でもみたことがあるし、文楽でも何回か見た。ただ今回は久々に「蔵場の段」が公演された。
そのなかで、最後のところで、いやいや嫁ぐ娘に、諭す母親のセリフにびっくり。

自分のおなかを触らせて、腹帯を巻いていることを告白。実は未亡人の母親なのであり得ない妊娠!
驚く娘に母親はさらに「自分は今子供を産むことは世間体があってできない。夫が亡くなって若衆に夢中になってつい子どもができてしまったが、薬を飲んで子どもを堕ろす。今後は気持ちを入れ替えるから、お前も我慢して家のため、お前自身が好きな男のためにこらえてほしい。その代わり、早く飽きられて戻されるよう祈っているから」ってびっくり!それまでは素敵な賢い母親だったけれど、裏を返せば勝手な親。。人形の娘もかなりおどろいていたけど。文楽って、人間臭い。だから面白い。
c0226545_004126.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-31 00:00 | 観劇
細川家の至宝
ジョイセフスタッフのKさんにいただいたチケットで東京国立博物館平成館の展示「細川家の至宝」を観に行きました。

ジョイセフのフレックスタイム制度を利用して15:30に博物館へ。

織田信長をはじめ戦国時代の武将達の手紙などを、解説と実物を見ながら、当時の人々が実際に使った品物を目の前にして、歴史物語を想像しながらゆっくりと回った。

しかし、展示品が多い!こんなにたくさんあるとは!そうこうしているうちに半分も見ていないのに、
閉館まであと30分!というアナウンスが!

漢字が多くて読むのに時間がかかったのか、あるいは人物の名前が多く、それも漢字ばかりの、しかも振り仮名必要な名前ばかりなので理解力に時間がかかったのか・・
とりあえずあわててすべてを回った・・(-_-;)

細川家は代々、芸術にも力を注いでいたとのことで、能面や、焼き物、装身具など見ごたえのあるものがたくさん展示されていた。

急いで回った後半、入ったブースすぐに菱田春草の「落ち葉」が!学校の教科書で見て以来、好きな作品!思わず出会ったという感じで感激!
細川家が所蔵していたんだ・・
横山大観の柿の葉・落ち葉(正式名称忘れ)も素敵だった。

もっとゆっくりと見れるように時間を考えていくべきだった・・もともと1時間半じゃむりだよね~
c0226545_23502480.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-29 23:41 | Art
劇作家・演出家 鐘下さんのお話
今日は所属している市民演劇鑑賞団体の総会でした。
私たちの会では、劇をただ観るだけでなく、当日のスタッフや
どのように観劇を盛りたてるかなどを話し合って決めています。
今日の総会では、昨年度の例会担当の会員の方から、取組みの感想が
話され、みんなで一つに向かっていくことの楽しさを知ったという発言もあり
感動的な総会でした。

総会終了後、ひきつづきゲストのお話。THEガジラの主宰でもある
鐘下辰男さんの話を伺いました。

鐘下さんは、気さくな感じで、作品のイメージとはずいぶん違っていて
びっくり。明るくお話の上手な人でした。

そのスタートは高校演劇からというのも意外。それも望んで入部したのでなく、先輩に半ば強制的に入れられた。部活の中で、部員が先輩後輩の壁なく自由に、今度の劇はどうしようと話し合うということに衝撃を受けたとのこと。

また、グループる・ばるとの出会いも、みんなで話し合って劇を作っていくというやり方に新鮮なインパクトをうけたとのこと。

ひとつの劇を作るのには、どの立場の人もみな50:50、平等である。
お互いにそれぞれの立場で意見をいいあい、劇を作っていく。
ただ、自分のところをこなせばいいのではなく、自主的にかかわることにより、その劇に対する責任をもってもらう。民主的な方法でもあるとのこと。

これって、市民活動や他のことにも当てはまる!

それにしても演出家って、やっぱりお話し上手!
[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-29 23:13 | 市民活動
荒井良二展
来月、例会として北区の北とぴあで上演するグループ る・ばるの「高橋さんの作り方」
のチラシデザインの荒井良二さんの作品展「meta めた」(会場:フォイル・ギャラリー)をみに行きました。

荒井さんは、2005年に児童文学賞の最高峰といわれるリンドグレーン記念文学賞を受賞しています。

絵本作家として有名な荒井さんが、る・ばるのチラシを長年手がけているにはわけがある。

る・ばるの松金よね子さんが、まだ荒井さんがメジャーになる前に、作品を気に入ってチラシのデザインをお願いしてから今日までずうっと描いてもらっているとのこと。

そこで劇を観る前に、今回の例会の担当(受け付けや搬出搬入など、スタッフとなる)のメンバーに呼びかけて観に行くことに。当日は女性3名、男性2名で参加。わいわいおしゃべりしながら楽しかった。
c0226545_025366.jpg

荒井さんの絵は、ちょっとみたら小学生の絵って見過ごしそう。でも、よくみると色も描かれているものも配置も、よくバランスがとれている。
不思議な絵たち(まるでいきているかんじ)をみていると、これからどんな話がはじまるのかしらと想像力を刺激される!

5月22日までの会期が28日まで延長されていた。結構若い人がきていて、人がたくさんいたのにも驚いた。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-23 00:27 | Art
韓国のおみやげ
南大門市場でかわいい室内ばきを購入。
そこがゴムのぷちぷちがついていて一応滑り止めつき。
デザインもかわいいし、薄い布なのですずしく、フィット感もいい。
洗濯機で洗えるし。
c0226545_0295637.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-22 00:30 | その他
映画 アリス イン ワンダーランド
「アリス イン ワンダーランド」観てきました。
3Dということと、ジョニーデップがでるということで期待たっぷりだったが、、
まだ観に行っていない下の娘に感想をいったところ・・

私「なんだかあの映画、3Dでやる意味あるのかな~?」
娘「あ、それみんないってるよ」(もちろん彼女の周りの人たち限定)
私「予告編のトイストーリー3のほうが、3Dでやったら面白いんじゃないかと思った」
娘「あ、それもみんな言っているよ」
私「ジョニーデップは良かったけれど。ストーリーが普通すぎてワンダーランドという感じじゃない」
娘「あ、それもみんないっているよ。それに白の女王が、なんだか性格的に良く見えないって、赤の女王がかわいそうって、」
私「あ、そう、確かに赤の女王の悲しみってどうなのよっていうとこだね。でも白の女王は決して殺さないって言ってたよ。しかし、結局私って、ステレオタイプ?」

善悪がはっきりしすぎるのって、物語によってはいいけれど、黒が実は白だったり、やっぱり黒だったりと、物事の本質は、表面だけではわからないっていうほうが真実味あるので、そのへん描いてほしかった。つまり今回の映画は、普通の物語ってことかしらね。。まあそれなりに楽しめましたが。
娘と二人で共通の意見は「ルイスキャロルって、やっぱりすごいんだね」
c0226545_0134295.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-20 00:17 | 映画
韓国もろもろ話
チムジルバン
泊まったホテルの同じビルに入口は違うがチムジルバン(チムチルバン?)があった。
お風呂屋さんとサウナが一緒になった感じ。サウナは大きな広場でくつろげたり温度別の部屋があって楽しめた。床が大理石なのもきもちがいい。
ホテルの小さなシャワーだけでは3人入るのにも時間かかるしバスタブなしなので、毎晩、通った。(24時間営業している)一人1200円弱なのでお値段も手ごろだし。サウナでゆっくり三人でおしゃべりも楽しい。

おいしいお菓子。ネットのうわさできいていたお菓子が、ツアー解散場所の目の前に!買いたい!っておもわず話したら、ガイドさん「韓国ではいきなり買わないで、まず試食よ」って。お店の人に試食お願いして食べたらうわさ通りのおいしさだったので3箱も買ってしまった。ただ日持ちはしないので友人へのお土産にならないのが残念。(GWなので)
中は上にクルミ下にあんこがはいっていておしかった!
c0226545_0172253.jpg


韓国と言えばとうがらしって連想しちゃうけれど、ガイドさんから聞いた話では、「とうがらしは豊臣秀吉の朝鮮出兵のときに、日本からもたらされたもの。(さつまいもも)それまで韓国では唐辛子はなかったので、チャングムに誓いには、とうがらしでてきません」とのこと。知らなかった。

地下鉄色別で番号をみればわかりやすいし、安くって移動に便利。
ただ地球の歩き方には載っていないことがいくつかあって、ちょっとバタバタしてしまった。

まず、切符はないので、区間ごとに買うにしても、毎回カードを購入しスイカと同じように使用する、がデポジットになっているので、目的地の駅に着いたら、デポジットしないと損することになる。ガイドブックには、パスのようなカードを買ったほうが区間の金額がわからなくっても便利とあるが、そんなに地下鉄で移動しない場合、毎回購入したほうがいいと思う。
ただ最初、購入する時「日本語」があるので選んだが肝心の駅名は日本語表示なく、韓国語と英語のみ。ここで東大門の読みが日本語では「トンデンモン」だが英語では「Dongdamun Sijang」で頭文字が「D」。探すのに時間がかかって後ろの人に迷惑をかけてしまった。
c0226545_031351.jpg
私たちが乗った地下鉄はすべて座席は金属だった。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-17 00:32 | 旅行
韓国4日目
韓国4日目。帰国日。下の娘はギャラリーの人たちと会食会。上の娘Yと二人で南大門へ。
最初南大門は治安が不安だから行かないと娘Yがいうので行かないつもりだったがギャラリーの通訳の方が、心配いらないし、夜は東大門市場で昼は南大門市場がおもしろいというので、行ってみることにした。行ってみたら、人とものでぎっしり!パワーがあったし、いろいろな品物が安く売っていて楽しかった!ただお土産はもう買いつくしたので、ほぼ観るだけ。残念。
c0226545_23314039.jpg
このごちゃっとしたかんじがなんともいい!
c0226545_23354248.jpg
ながい市場を抜けると急に高級そうなビル。新世界百貨店(ガイドさんの話だと銀座の和光のような高級デパートとのこと)入ってみたら本当にブランド店ばかり。そしてトイレも豪華なソファーセットまである。中央郵便局もあり、なんだもうミョンドンの一角。そこからミョンドンへいき、2日目に食べたおかゆ屋さんへ再度お昼を食べに。(おいしかったし、日本人向けのサービスこころづかいがあった。多味というところ。ネットで探して行ったお店)これは中央郵便局。
c0226545_2347067.jpg

多味では、いかキムチが評判らしく、おみやげで購入する人が多いようなので私たちも購入した。店の主人と若い女性の二人が日本語をしゃべってくれるので助かります。トイレをかりたら鍵をもらった。ビルの他のフロアにあるトイレは鍵が必要とのこと。行ってみたら、日本だったらおめにかからない清掃状況・・・水道も壊れていて手も洗えない。お店に戻ると、店の女性がすかさず、ビニールに入った手吹きをくれた。そのサービスに感謝!そういえば韓国のトイレはガイドブックにもあったが、水をながせるところと、水は流せるが紙がつまるので使った紙はゴミ箱へというのがあったが、どこも案内が日本語や英語でも書いてあるので、観光客を意識したサービスは行き届いているなあと感心。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-16 23:38 | 旅行
韓国旅行3日目
韓国旅行、1日目(東大門ショッピングビル買い物)2日目(ツアーとミョンドン、NANTA)までブログに記録したあと3日目をやっと今日アップ。
3日目はちょっとゆっくりめにホテルをでて、新羅免税店へ行ってみた。ホテルからタクシーですぐだし、タクシー代は免税店で払ってくれるとのこと。循環バスも通っているし、ちょうど結婚式などに出席する際の小さめのバックがなかったので。

あらかじめ日本でバックと靴をリサーチしてお目当てのものがあるか探してみた。しかし、品数が少ない。。池袋西武デパートのほうが品数が断然多い。結局バック1個のみを購入。帰りの循環バスは、東大門行きは30分に1本。ミョンドン行きは多いのだが・・あきらめてタクシーでホテルへ帰る。

午後は今回の目的、娘の個展のオープニングへ。地下鉄で。
ここでまたまた迷子に!地図を見てもわからず、お店に入って聞いても、日本語、英語ともにダメでちょっと焦ってしまった。
でも携帯電話がグローバル携帯なのでいざとなったらギャラリーの人に電話すればいいんだけれどね。
日本語の書いてあるお店に入って聞いても、片言英語(両方とも)でなんとか会話して目的地へいっても結構遠いらしく、なかなかつかない。そこに「美的通信」っていう美容院があり、上の娘が、日本でもあるお店だからたぶん日本語大丈夫とかいって中に入っていく。すると美容師さんが日本語ぺらぺらで場所を教えてくれた。助かった!
何とかギャラリーにつく、と周辺は日本の銀座のようなところときいていたが、どちらかというと表参道の様。
下の娘はギャラリーの人と打ち合わせがあるので先にギャラリーに行き、上の娘と私はお店をぶらぶら、気に入った洋服とバックを購入。日本ではみかけないデザインで素敵だったので。
c0226545_2142145.jpg

個展は、結構、大きく扱っていてくれて、良かった。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-16 21:30 | 旅行
甥の結婚式
15日は大安!妹の下の子(男)の結婚式。昨年は自分の娘で一昨年は妹の上の娘とここ3年結婚ラッシュ。先の女の子たちの結婚式は親戚だけだったので気楽だったけれど、今回は、ホテルでの本格的な結婚式。ここで問題なのが私の食べ物の好き嫌い。(ベジタリアンなので)先の娘たちは私に特別メニューをだしてくれていた。今回はどうなるかとおもっていたが、事前に甥っこが何がいいかと聞いてくれて、すべて食べられるメニューを特別に用意してもらった。その中の一つ、結婚式でスパゲティというのも変わっているかも。でもおいしかった。
c0226545_018539.jpg

ここでまたまたなんとなくドジ?
受付の脇に「新婦のお色直しのドレスの色あて」クイズボックスがあり、妹(新郎の母)が「みんな投票しなよ!何か当たるから。みんなが当たるようにばらばらのボックスに入れようよ」って誘う。深く考えずにグリーンに投票をした。
披露宴がはじまって司会の方のアナウンスは「クイズにあったた方には、新郎新婦からのプレゼントがあります。お祝いの言葉もお願いします」って!
私たち家族のテーブルで「えーまずい、身うちがあったたらかっこ悪いよ、どうする」
「おおぜいいるから当たらないよ」
私「でも私ってくじ運いいから・・」。
私よりくじ運のいい下の娘に聞いたら、「だから私はクイズ参加しなかったよ」って涼しい顔。
c0226545_0262461.jpg

お色直しが終わって新婦がもどってくると、青いドレス。やれやれ外れた・・
上の娘が「あったった」と喜んでいる。
私「あったったらどうするの?」
娘「さっき写真をとりにいったときにボックスから自分の分取り出してきたから大丈夫。」
私「グリーンを選んだから外れているから安心だわ」
娘「何言ってんの、ブルーもグリーンも同じボックスだよ。青系ってこと!」
新郎がボックスから当選者を選ぶ。なんと当たったのは、新郎の姉。やれやれ恐れていた身うちが当たるだ。
まさか新婦が選ぶのはまた身うちってことはないようね~って思っていたら、予想?通り私が当たってしまった・・・
もうすいませんの気持ちとおかしい気持ちとで複雑な気持ちで新郎新婦のもとへ・・
お二人に祝辞をいって、プレゼントをもらって新郎新婦と記念撮影。やれやれ、お祝いの席なので、辞退して他の方へなんて、縁起悪いので言えません。かっこわるい親族でした・・(まあいいか、かっこつけても仕方ないし)
席に戻ると下の娘に「二つとも身うちがあてちゃって、会場の雰囲気もりさげちゃったけど、さすがにスピーチなれていて盛り返したからいいじゃん」とおほめ?の言葉をもらってちょっと安心。
しかしスピーチなれっていうのも、、う~ん・・常日頃の市民活動のおかげってことかあ・・


かえってプレゼントをあけたらRUSHのボディソープと石鹸で、うれしかったりして・・
RUSHの梱包材(オレンジ)はとうもろこしでできていて、水に溶けるから、積み木、またはレゴのようにして遊ぶことができる。エコなので感心。
c0226545_0381516.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2010-05-16 00:38 | 家族のこと