ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
かたりの椅子
二兎社。作・演出:永井愛。出演:竹下景子、山口馬木也、銀粉蝶、大沢健、内田慈、吉田ウーロン太、松浦佐知子、でんでん、花王おさむ
場所:世田谷パブリックシアター

チラシを読むと:IT用語としての「インテグリティ」、システムの健全性や整合性を意味するが、個人の「インテグリティ」にぴたりと当てはまる日本語がない。辞典によれば、「正直」「誠実」「高潔」だが、しっくりこない。「自分としての一貫性みたいな?」が近いかも。この芝居は、その「インテグリティ」」のない人たちに「ないっぷり」を発揮してもらう。。ということで、芝居を見た後にこの文書を読むと思わずわらってしまうほど、うなずけちゃう。社会的な問題を、笑わせながら、テンポよく見せてくれて、永井さんの作品は毎回楽しみ。

芝居の設定は、とある行政の、まちづくり・文化の部署。市民主体のまちおこしを行うことにして、市民公募もいれてのイベント企画を行う。実行委員長は市民でもあり、芸術家の男性。
その男性が提案した「かたりの椅子プロジェクト」。アーティスト公募デザインの椅子をまちのあちらこちらに設置して、そこで人々がかたりあってもらう。
委員は皆賛成だが、行政の担当部署トップの女性が、実は反対。反対の理由が、はっきりとはいわないが、観ているほうからは、プライドの問題?
理由はどうであれ、市民企画をつぶすそのテクニックは、はっきりとは言わない圧力など、みていてなんだか、どこかで見た風景に似ていて笑えた。

まちのひとたちも、結局は自分のちいさなプライドと利益を優先させてしまい、裏切っていく様子など、残念な気持ちになる。主人公のイベントプロデューサーの女性は間に挟まれて四苦八苦。
最後には、自身も、裏切りはになるかも・・??
救いは、主人公の芸術家が、「たたかわない戦法」で自分の真実を通そうとするところ。
でもその純粋な思いが生かされるかどうかわからない、というところに、日本の市民活動はまだまだかなって、考えてしまう。
がんばろう!

c0226545_0441970.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2010-04-27 00:43 | 観劇
井上ひさしさん
突然の逝去に愕然としました。。
まさか!という気持ちと、これからこまつ座の新作もう見られないって・・
井上さんの作品は、はずれがないと、私の所属している演劇鑑賞会でも
人気が高い。戦争反対というメッセージを笑いと音楽で、しっかりと
届けてくれるそういう作品ばかりだった。
こまつ座の作品は、なるべく観ているので、本当に残念。
そういえば昨年体調が悪いという噂を聞いたが、まさかこのようなことになるとは・・

井上ひさしさんは、ひょっこりひょうたんじまはもちろんだが、
そのお名前を意識したのは中学生のころだった。
「モッキンポット氏の後始末」がTVでもやっていたこともあって、本も読んだ。
そのあと「ブンとフン」や、いろいろ読んだ。

大人になってTVで「国語元年」をみて、おなかを抱えて笑った。その後舞台でも観た。

演劇鑑賞会に所属してからは、いろいろな作品を観た。
最近では「兄おとうと」「私は誰でしょう」(この作品は新作で、遅筆の井上さんということもありチケットを遅い日程に取っておいて正解だった。何日かはキャンセルになっていたので。
「紙谷町桜ホテル」「父と暮らせば」「太鼓たたいて笛吹いて」「・・タンゴ」良かった・・・
物語を思い出すと涙が出てくる。
一番最近みたのは、「上海ムーン」だったけ・・「東京裁判三部作」観に行こうと思っていたけれどもう完売とのこと。
渡辺美佐子さんの一人芝居「化粧」もチケット少なくなってきているよう。早々にチケットおさえました。昨年演劇鑑賞会でお呼びして、すでに2回は観ているが、今度の東京の公演で、渡辺美佐子さんはこの演目をもうこれっきりということで、また観ることにした。井上ひさしさんの作品で、「母」「女性」「人として」を描かれていると思う。2回みて、だんだん違う話も見えてくるような不思議な物語。3回目はどのように映るのか今から楽しみ。(演出は木村光一さん)

井上さんは、お話、ことばの世界を、素敵に力強く描いて、楽しませてくれました。
本当に残念です。心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-04-16 21:14 | 観劇
6週間のダンスレッスン
今日は、参加している市民演劇鑑賞団体の2カ月に1回の劇を観る日で「6週間のダンスレッスン」をみた。出演は、草笛光子さんと太川陽介さん。年をとって一人暮らしをしている女性が6週間で6つのダンスを習うために個人レッスンを自宅で受ける。その講師が太川さん。
二人のけんかっぽいやりとりも面白かったし、草笛さんのきれいさとわかさに感心。
話は、テンポもよく、笑わせるシーンもたくさんあるが、草笛さんの何気ないセリフに考えさせられた。私たちの会は、結構年輩の女性の会員が多く、気のせいか、草笛さんのぼやきにかなり皆同調しているように感じた。会場全体でうなずいているよう。
「年をとるとすべてが大切に思えてくる」というセリフに周りから「そうかもしれない」としずかなつぶやきが聞こえてきた・・確かにそうかも、年齢とともに涙もろくなるのもそういうことかもしれないって思った。。。
草笛さんが演じている老婦人は、厳粛な牧師の夫と一人娘と暮らしていたが、娘が20歳のころ妊娠してしまい、そのことを娘の相談され、夫に話してしまった。夫は激怒して、そのような娘と口をきいてはいけないと命令し、夫を恐れていた彼女は娘と口をきかなかった。娘は中絶をして、その時、手術の失敗で命を落とす。娘と無視したことで、死に追いやったことを悔み、夫を恨んだ。夫もショックを受けていたのに、怒りから夫と口をきかず責めた。本当は夫は慰めてほしかったのかもしれないと、娘に対する態度と夫に対する態度の両方を悔んでいる。でも、夫に縛られた人生を悔んでもいる。劇を見ていてジョイセフの活動が頭に浮かんだ。。。

終了後は、ロビーの片付けと舞台の撤収のお手伝い。市民演劇鑑賞会の楽しみの一つ(と私は思っている。)客席にある音響設備の片付けを手伝ったが、かなり重くって、二人が借りで運んだ。ものによっては3人がかりで運んだ。舞台では、スタッフの女性が「重い荷物を上げるので男性二人来てください!あるいは私と同じくらい力持ちの女性お願いします!」って声をあげていたので、早々に男性2人が手伝いに入ったが、いざ持ち上げようとしたら、その女性がもちあげることができず、あわててそばにいた女性がサポートに入って結局男性2名と女性3名で持ち上げた。
今日は重いものが多かったのかも。片付けも時間がかかり、手伝いのおしまい時間は22:30。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-04-07 00:50 | 観劇