ブログトップ
つれづれかんげき日記
<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「世界の秘密と田中」と「怪獣たちのいるところ」
土曜日に、新宿の紀伊国屋ホールで演劇「世界の秘密と田中」(ラッパ屋、脚本演出:鈴木聡)を14時にみて、19時に有楽町で映画「怪獣たちのいるところ」を観た。
1日にかけもち・・演劇は一人で観に行き、映画は娘と待ち合わせて一緒に観た。
どうも演劇はどこでも一人で観に行くのが常だけれど、映画は何故か二人以上で観たいと思う。
何故かな~?

演劇のほうは、超満員で、始まる少し前にスタッフから会場へ向かって
「本日は満席です。外で空きを待っている方がいます。お友達が急に来られなくなった方はいますか?」って聞いたくらい。実際4名くらいの人が手をあげていた。その席を会場の外で待っている人に譲るとのこと。びっくり。(もちろんお金は払ってもらうと思うけれど)

内容は、良かった!面白かったし、ジーンともきた。
セットの使い方が面白い。
あるアパートの中でおきる男女の話しなんだけれど家具付きですべて同じ部屋だから、同じセットがいろいろな人の部屋になる。
シーンの展開ごとに違う部屋という設定だけれど同じ部屋でもそれぞれの話しの本人の部屋として特徴を醸し出すから不思議。
40代突入の男女。50代半ばの男女、20代といろいろな人が出てきてそれぞれのせつない悩みも。
特に50代半ば、もうすこしで定年の男性の悲話では、「おれはいままで一生懸命はたらいてきて、それなりの会社の部長までなった。がなぜかこころが満たされない。世界中には今日のご飯も食べることができない子供たちがたくさんいて、自分は恵まれている。その子たちのためにせめてもの寄付をする。だが、何かが違う。自分はいったい何なのか」みたいなセリフは考えさせられた。
主役の田中君は「こどものころ、自分はもっとすごいやつになるとおもったのに、40歳手前の自分は考えていたのとは違う」と悩む。アドバイスをしてくれたのは恋敵。でも田中君も最後には乗り越えて納得。
私が受けっとったメッセージは、今、目の前にある現状とそれを受け入れている自分が本当の自分。未来は今あるってことかな・・。終始笑いの中に考えさせられたり、ジーンとさせられたり・・

そのあとの映画も、怪獣たちがリアル。悲しい人間のちょっとした気持ちまでよく怪獣たちが表現するので、本当にその技術にびっくり。主役の男の子の表情も良かった。
結構涙しちゃった。
ってことでこの日は、2回連続うっすら涙にくれました。
c0226545_0191033.jpg
c0226545_0195220.jpg


[PR]
by joi-satoimo | 2010-01-18 00:20 | 観劇
食いしん坊なあ・うん
先日の下の娘(H)と私の会話

私「映画を観に行ったあとに、お昼はあそこで食べようっと」
娘(H)「うん、いつもリゾット食べているから、今度はスパにしようかな」
私「スパおいしいよ。それからあそこでも食べたいしな~」
娘(H)「そうだね、おせんべい自分で焼いて食べるとこでしょ」
私「そうそう、あるいはあの店でもいいけどね・・」
娘(H)「そうだね、ワッフルもしばらく食べていないし・・」
私「ほんとあそこのお店のワッフル美味しいよね!」

そばで聞いていた上の娘が笑いながら
「すべて あれ で 会話が成り立っている!」とのこと。

??本当だ! お菓子に目がなく、食いしん坊な母娘だとつくづく呆れた。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-01-14 22:19 | 瑣末なこと
DOMANI・明日展2009
新国立美術館で24日まで開催されいている文化庁芸術家在外研修生の作品展(タイトル名)を観に行った。
大好きな作家伊庭靖子さんの作品があるので楽しみにしていた。
c0226545_21305581.jpg

チケットのデザインも伊庭さんの作品が使われていた。
伊庭さんの絵は油絵。クッションや陶器の部分が描かれていて、とてもリアル。
どの絵も白が、印象的に表現されているようにみえる。
クッションの絵は、おひさまのにおいがしてくるよう。ちょっとクールな色合いにも見え、冷たい色合いにもみえそうだが、私には、あたたかでおもわず昼寝をしたくなるように感じる。
モランディの静物画には、色合いのせいか、乾燥した温度の中でのぬくい温かみを感じるんだけれど、伊庭さんのクッションの絵は、清潔に洗濯され、おひさまの匂いのする感じ。
(比較するのも唐突だが、joi-atsushiさんのブログに載っていたのでつい・・)

それから藤原彩人さんの陶器でできた人形も素敵だった。
人の話をあまりきいていない若者がぽつっと独り言をいう。たしかそんな解説がかかれていた「独り言」は印象深かった。また別の機会にも観に行ってみたいと思った。

日本の現代美術、なかなか素敵で、印象派展などよりもずっと印象深い作品あるので、もっとたくさんの人が観に行けばいいのにと思う。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-01-11 21:42 | Art
椅子を購入
今日は娘夫婦の車で、夫とともに新三郷にあるイケアへ食卓の椅子および下の娘の机用の椅子と私の椅子を買いに出かけました。
新三郷はかつて住んでいたところのそば。
私たち家族は、横浜5年、三郷10年、そして現在の東京へと移動。
三郷は子どもたちを育てた場所なのでとても懐かしい。
かつては新三郷の駅は、のぼりとくだりのホームがギネスにのるくらい離れていたが、
今は片方にまとめてそのあいたところにたくさんの商業施設などができていた。
おおきなお店ばかりなのに、駐車場に入る車で混雑していた。

ひさびさにおおきな買い物をしたので、ちょっと楽しい気分。なにしろ食卓の椅子は24年くらいつかっていたので、ひびははいるは、はずれるはで、紐で結わいたりとかなり危ない感じでごまかしてきた。
また娘の学習机についていた椅子も20年近くたって、もうぼろぼろ。私の椅子は折り畳み式のスチール椅子。パソコン作業が多いので最近の腰痛の原因にもなっていた。
我が家にしてはちょっと大きな買い物(言うほど高いものではないが・・)だが、20年ももつものであれば、そんなに高いものではないかもしれない。いままでの椅子さんに感謝。

帰りに以前住んでいた団地へ、足をのばし、おいしい広島焼きのお好み焼屋さんへ。
1年ほど前に娘が来た時にはしまっていたということだったので、ちょっと心配だったが開いていた!
そこは、肉抜いてください、鰹節抜いてくださいとか、融通がきくのでベジタリアン(厳格ではないが)の私には助かります。
私と娘で一つを注文。そばいり、もちいり、チーズ入りでねぎあとのせでお願いしました。
c0226545_224164.jpg

おいしかった!お餅は薄く、全体に伸ばすようにしてくれていて、お好み焼の皮にもっちり感が
プラスされた感じ。
他にじゃがばたも食べたけれど、こちらもバターたっぷりでおいしく一緒にコーンもついてきておいしかった。

あとから来たお客さんが、おなじみさんだったようで、久しぶりと店主とあいさつをしていた話から、数年間お店を閉じていて最近再開したらしい。足が悪いようで、お店で仕事するのが大変そうでした。
再開後、駐車場も店のとなりはもう他の人が借りているので、ちょっと離れたところになったとのこと。
おいしいお店なので、ご主人の体調がもっとよくなるといいな。また遊びにいったときにはよりたいし。
それにしてもちょうど再開したてというかんじだったのでラッキーでした。しまっていたらどこでお昼たべようかとおもってもいたし・・イケアの食堂はものすごい行列だったので、中の様子もみることができずに退散したので。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-01-10 22:47 | 瑣末なこと
福袋
いよいよ明日が最後のお正月休み。
気が付いたら29日のおやすみからもう6日もたってしまった。
掃除と料理(おもに台所の片付け)に終始してしまった。
今日も母の台所の掃除を2時間した。おかげで右腕が筋肉痛・・

その間、1月2日には毎年恒例の福袋を買いに西武デパートへ!
上の娘と二人、14年間毎年福袋を買いに行っている。
(1度だけ、東武デパートで並んだ)
昨年は不況ということもあり、いつもより混んでいたので
今年も不況はさらに続いていることもあり、いつもより30分早めにいったが
すでに昨年よりももっと並んでいる!
c0226545_23261269.jpg

この写真の先頭からさらに階段を上った地上から列は続いている。

西武のいいところの一つは、並ぶ場所が地下なので寒くない。
行きたいフロアごとに入口(並ぶところ)がわかれている。
さらに、目的のフロアでは並びたいブランド別に案内して整理券を配ってくれる。
ダッシュしたりしないで済むのでゆったりと購入できる。
娘とそれぞれ別々のブランドへ並ぶ。こういうとき便利なのは携帯電話。
ないとほんとうに困ってしまう。(こんなときに実感するなんてね・・)
それぞれ毎年2袋位購入して、そのあと「お父さんの・・」コーナーの福袋を購入しにいくのだが、、、
今年はすごい列!もう諦めて、普通に購入することにした。

何しろ、1月2日は夫の誕生日。2日からバーゲンも行っているので、POLOのラガーシャツを購入。
ついでに自分の洋服も、バーゲンで購入。

誤解のないように、毎年「お父さんの・・」福袋意外に、夫へのプレゼント買っています。バーゲンですが。

福袋、お得ではあるけれど、何よりも、何がはいっているかなっていう「わくわく感」が楽しみで毎年並んでいます。いつまでつづけられるかな?

一人じゃ行かないと思う。もともとめんどくさがり屋の上、実は並ぶのは大っきらいなので。よくまあ福袋のときは並んでいると自分でも不思議。ディズニーランドでも並びたくないのにね~?
[PR]
by joi-satoimo | 2010-01-03 23:26 | 瑣末なこと
2009年観劇BEST11
新しい年があけてブログもしっかり更新しようとおもいつつ、来客など忙しく今日やっと更新。
市民活動の一つとして観劇を見る市民の会に所属していて運営委員をしている関係で年に何本もの演劇を観る。ただここ数年は、会の対象劇だけでなく、歌舞伎や文楽、小劇場系やダンス系など様々なものを観ている。
2009年は54本鑑賞。(プラスアマチュア演劇を20数本観劇)
内訳は、
演劇 21本
文楽 11回
歌舞伎 7回
前進座 1回
ミュージカル 3本
江戸糸あやつり 3回
人形劇 3本
ダンス 2回
オペラシアター 2回
落語 1回

ベスト11(今年はいいなと思った作品が11本)
1.桜姫・歌舞伎版(コクーン歌舞伎) 七之助が印象的。
2.変身(原作カフカ)こんにゃく座 カフカの作品のイメージを表現できている演出と役者さんの演技力に感動。
3.お国と五平(歌舞伎)三津五郎、勘太郎、扇雀  ストーカーの男の情けなさや欲など三津五郎さんの変に説得力ある演技に驚き。面白い話と印象深い。
4.女殺油地獄(歌舞伎)仁左衛門 仁左衛門が人を殺すときの微妙な心の変化を演じていて、すごいと感心!
5.恋か金銭か吝嗇親父奮戦記(人形劇) 一人で何役もの人形を演じきって、その話術におどろき。話に吸い込まれて楽しい笑いの中で観劇できてよかった
6.野田版鼠小僧(歌舞伎)勘三郎 話も演出も、役者も、セットもよかった。
7.兄おとうと(こまつ座)民あっての国。民主(本)主義とはということを笑いと音楽、涙で楽しませてくれた劇。井上ひさしはやはりすごいと思う。何を観てもはずれがないように思えるし、平和の大切さを感じる。
8.リボルバー(劇団M.O.P)史実なのか物語なのか。実際の人物もでてきて、想像力が刺激される。いきていくこと、意識していなくても政治と無縁ではいきていけないということ、しかし、どのような時代でも、力強くいきていくということを感じた。
9.近江源氏先陣館(文楽)現代の感覚だと理不尽なことだが、親子の情につい涙が・・先哺太夫の声が素晴らしかった。
10.江戸糸あやつり(上条充) 職人技がすごい
11.仮名手本忠臣蔵(文楽)・塩谷判官切腹の段、城明け渡しの段 どちらも大好きな話。人形の動きが素晴らしい。無言で人形の動きだけの情景は、ただ泣けてくる。。。

2010年は何本の感激にであえるか楽しみ。

c0226545_115378.jpg
c0226545_1202541.jpg


あけましておめでとうございます。皆様にとってよい一年でありますように。
(獅子舞の人形。たびもはいています。かわいいくってお気に入りです)
[PR]
by joi-satoimo | 2010-01-03 01:21 | 観劇