ブログトップ
つれづれかんげき日記
カテゴリ:家族のこと( 25 )
プレゼント
明日は所属している市民団体の総会。準備から帰ってきたら
結婚した上の娘から手作りケーキとプレゼントが!(誕生日は6月はじめ、その日に来られないからって先にお祝いしてくれたとのこと)
c0226545_22203628.jpg
ムーミンの手作りケーキ!バナナとクルミが入っている。おいしかった!ムーミンとは長い仲、って!・・
娘が小学生のころ、学校でPTA運営の読み聞かせの会を発足し、「ムーミン谷の仲間たち」という名前をつけて引っ越すまで活動をしていました。(引っ越した後、現在もまだ引き継がれているとのこと、それが何よりもうれしいし、その時の仲間とはいまでもときどき会う。素敵な財産です)
振り返ると、本当に一生懸命、子どもたちのために本を選んで、学校で読み聞かせをしていました。
懐かしい。それ以来、ムーミンが好きで、フィンランドのムーミン映画が上映された時もせっせと渋谷へ通いました!
ジョイセフスタッフの友人はそれを知っていて、ヨーロッパ旅行の帰りにムーミンママをおみやげに買ってきてくれ、うれしかったなあ~。
ケーキは、上の娘が足を私がおなかを、そして下の娘に顔を残しておきました。ちょっとかわいそうな感じ。。
c0226545_222637.jpg
c0226545_22261787.jpg
そして以前から国内旅行用の小さなスーツケースがほしいとさわいでいたものだから、プレゼントしてもらいました。実は旅行用だけでなく、仕事やボランティア活動で、重い荷物の移動が結構あって、そういうときにスーツケースが便利なので小さいサイズがほしかったので、このあとフル活用できそう!
c0226545_22304668.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-05-28 22:31 | 家族のこと
石巻の夫の実家のあたり
夫の実家の石巻はかなりの被害があったが、日和山を境に被害が
ずいぶん違ったようだ。
夫の実家は、20分かけて家に水が浸水してきたらしい。
その間のことを思うと、怖かったのではと
心が痛む。
幸い水は1mの床上浸水でとまったとのこと。
孤島のようになってしまって出歩くのは難しそうだ・・
1週間かかってやっと水がひいたとのこと。
弟夫婦は山だったので被害はなく、
弟の職場もPCも使えるようで、そこから写真データを
送ってきてくれた。子どもが小さいときに毎年遊びに行った
場所だけにつらい。数年前に亡くなったお母さん、
まさかこんなことになるとは思っていないだろうなあと・・
お母さんのお墓は山の上で、海が一望できる見晴らしのいいところにある・・
c0226545_238517.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-04-04 23:08 | 家族のこと
ラッキーなのかそうでないのか???
世の中が震災のため、すべて自粛ムード。
買いだめ品以外の経済が回らなく、色々な人が
大変になるのではと思う。
それでなくても舞台の役者さんたちは大変なのだからと
思い、19日に「凄い金魚」(ラッパ屋@座高円寺)を観にいった。
面白かったが、人生への応援メッセージを聞いても、
震災での被災者のかたへにこころが行ってしまう。

家に帰って、夜遅くに父が、「のどが気持ち悪い、救急車を呼んでくれ」と
騒ぎ出した。いつものこととは思うがあまり苦しそうなので、かかりつけの
医師のいる東大病院へ電話した。容態を話したところ、救急車でなく
車で来てくれても受け付けると言うことだったので、タクシーで行った。
父はタクシーでは遅い、救急車だとわめいていた。
でも、タクシーを呼んで連れて行った。いつものことなのに救急車を
呼ぶのでは迷惑をかけると判断したため。
ところが病院へつくと、すぐに検査室に入れられて1時間近くも待たされた所、
重い肺炎を起こしていて、そのせいか心筋梗塞を起こしている。
心臓の一部が壊死している可能性もある。

医師からの説明は、
「80歳と言う年齢もあり、呼吸困難な状況を回復するために
一時的にのどを切って、人口呼吸器をつける場合もある。
その際に、もしかしたら一生寝たきりで呼吸器が必要になる可能性もある。
認知症もあるので、さらにひどくなる可能性もあるが
本人はそういう状況になっても生きたいと思うか?
薬で楽に(死ねる)と言う方法もあるが、どうするか?」というようなことを
聞かれて、びっくりした。先生は本人がどう考えているかが重要とのこと。
たとえどんなに高額な費用がかかっても、世話をすることになっても
このまま死なせるわけにはいかない。
「父はどんなことがあっても生きたいと思う人だと思うので、
最後まで治療を続けて欲しい。」とお願いをした。
それから数時間して、糖尿もあるので肺炎の回復も
難しい、お腹に動脈瘤もあるので、手術も難しい。
カテーテルで風船を膨らますのも難しいので
銅線のリングを入れる。と。
そのつど説明を聞いて、聞いている母と私と夫の3人は
そのつどサインをする。
手術は検査も含めて7時間かかった。その間ICUの待合室で
眠ることなく待ち続けた。。手術は成功!
医療のすごさを実感。

また「65歳以上の方の70%は、手術後、意識がおかしくなる」
と言われたように2から3日は変であった。
自分の年齢が75歳から日を追って10歳ずつ若くなっていった。
そしてあばれて手がつけられないので、
母が夜泊りがけで付き添うこととなった。
そのおかげでだんだん信じられないほどの回復で
10日ほどで退院となった。
友達に聞いた所、高齢者は大きな手術などをすると
自分の居場所を確認したくなって夜中に騒ぐそうだ。
父も母が夜付き添うようになって、夜中に
「おかあさん」と呼んだとき、母が「何!」って
答えることで安心して眠っていたそうだ。
良かったのだが、家族は大変。
母と交代で私が昼間付き添ったり、仕事のある日は
娘が昼間付き添い、夜は私も職場から病院へお見舞いに。
24時間家族がいる必要もないのだろうが、
やはりほっとけないというのが我が家のみんなの考えだから
仕方ない。父は、病弱でわがままで辛抱が出来ない人だから
大変な人生だけれど幸せな人でもあると思う。。。
c0226545_2275293.jpg

病棟の食堂からの眺め スカイツリーが大きく感じらた
c0226545_2283358.jpg

なんと東大ショップに、ご当地キティちゃんが、、
[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-31 22:02 | 家族のこと
地震その後
夫の実家、宮城県石巻市中里は、お父さん、お兄さん夫婦、甥は全員無事。
床上1mの浸水のまま、家の2階で避難生活をしていたとのこと。
先ほど、日和山の叔父さんの携帯より連絡が入りました!
そして弟一家も全員無事。家が山側なので、被害はなかったとのこと。
ひとまず安心。でも、夫の友人や知り合いがたくさんいるので
まだまだ心配はつきません。
そして、こんなにたくさんの方が亡くなったり避難生活を余儀なく
させられたりと、本当につらいでき事です。
中里地区は海側に日和山という小高い丘のような山があって、
それがあることで津波の被害を少なくできたのかもしれない。
結局、自然の力によって、人は左右されるものなのだと思います。
だから、自然でないこと、無理無理電力確保のために
原子力を作ること自体、地球に反することなのかも・・

そして、首都圏の買いだめ現象・・これは何とかならないのかしら?
おかげで、我が家のおじいちゃんおばあちゃんは、パニックに
陥って、大変です。
認知症の父がわがままをいって、ついに母まできれてしまい、
押さえるのが昨夜から大変でした。
ガソリンを入れる入れるって、もう大変。
母は地震のストレスと長年の父からのDV被害のトラウマで
体が震えだして・・逆上しだした。
だけどどうすることもできない、DV加害者は80歳になっても
一生加害者であり続けるのか?
これは、本当にジェンダーの問題だと思う。
子どものころから甘やかされて育ったうえに、体が弱く
「男至上主義」の時代に生きた父は、母親を自分の召使
または母親のように甘え切っている。
どうしようもない・・
[PR]
by joi-satoimo | 2011-03-17 09:54 | 家族のこと
節分まめまき
節分。
豆を買うのを忘れて、残業の後スーパーで大量に買い込む。
自分の年齢と夫と娘の分だから、たくさん必要と思ったから。
しかし、豆って結構小さいものだから、袋にたくさん入っている。
購入した豆の1/20くらいしか食べなかったし、まけなかった。

娘は帰宅前だったので、夫と二人で豆をまいた。
いい大人が二人で、「福は家、鬼は外」なあんてね。
でもこういう行事は大切にしたいなあ。

そういえば、家に帰ったときに、入り口で母が
「なんだかTVで海苔巻きって騒いでいるからつくった」
って、細巻きのかんぴょう巻きをくれた。
「おばあちゃん、ちょっと違うよ」っていったんだけれど、
いいから、かまやしないよ!」って。
おいしく頂きました。。。
c0226545_051319.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-02-04 00:05 | 家族のこと
娘の風邪?
今朝から下の娘、といっても26歳ですが、、
咳(は昨夜から)と熱がでて、病院へいったがインフルエンザでは
なかった。咳の薬をもらって帰ってきたが、夜になっても熱は
さがらず、咳は重い咳だ。
こどものころマイコプラズマ肺炎をやった時のことを思い出した。
咳の音が気になる。。心配。
いくつになっても子どもは子ども。
どうしてもっと丈夫にならないかなあ・・
大人になっても毎年のように病院かかっている。
おねえちゃんは、先日インフルエンザにかかったり
胃腸炎を繰り返したりと
どうしたんでしょう。。
おねえちゃんは学校休んだことがないほど健康優良児だっただけれど。。

今日はたまたま、父のわがままがひどくなってきたので
母を助ける意味で、おねえちゃんに、昼ご飯を一緒に食べてって
頼んであったので、妹が具合が悪いときにタイミングが良かった。
おかゆつくってもらったりといろいろとサポートしてもらっていた。

子どもの健康って一番の親孝行だ・・自分自身も健康に気をつけて
母に心配かけないようにしなくっちゃ。。
あ~あ、心配。あの咳、すぐにはなおらないような音だ。。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-02-01 23:51 | 家族のこと
トモダチコレクション
なんだか、上の娘がはまっている「トモダチコレクション」
不思議な感じ。
娘が作った私とおばあちゃん。
c0226545_22524486.jpg

私、「カブキ!」って歌まで歌わせていた。
似てないと思うけど。。
c0226545_22533434.jpg

母はなんとなく似ているように見える。

おもしろいアソビがあるんだね~・・
[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-22 22:54 | 家族のこと
娘の引越し
おとといは仕事始めの前日だというのに結婚した娘が、近所に引っ越してくる日。
近所といっても隣の区。朝から下の娘と一緒に手伝いに・・。
引越し業者はサカイさん。パンダがロゴになっているので、建物に傷かつかないように、養生用のブルーシートをあちこちにはるのだが、それもパンダのマーク。箱もパンダ。
c0226545_0501293.jpg

そして、業者の方のユニフォームもパンダマークなのだが、なんと靴下まで。この靴下販売しているそうです。そこが分厚くなっていてあったかそう。
c0226545_0511729.jpg

思わず写真を撮らせていただきました。お忙しいところすみません。
終わった後に、10分間サービスというのがあって、なんでもいいから仕事を言ってくれればやってくれるとのこと。重たいものの移動などをお願いした。
人当たりもよく、サービスが行き届いていますね!

私の主な仕事は、食器洗いと夕食づくり(下の娘がほとんど用意したが・・)、段ボール崩し。途中一回自宅に戻って再度、娘の新宅へいくなど、ばたばたしたせいか、どっと疲れた。

部屋にはパンダが多い。娘はパンダ好き。この引越しのお知らせのためにわざわざパンダとウサギの人形、そして箱まで作った!(オレンジの箱とその中に入っている人形たち)
c0226545_124317.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-01-06 00:57 | 家族のこと
サンタさん
いまさらだが、クリスマスのこと*
我が家に毎年来るサンタさんが、今年も来ました!いつのころからママサンタから娘サンタに我が家ではチェンジしている。
今年のイブは、ティンガティンガのシフトに入っていたので帰りは少し遅くなり、ケーキも代官山で購入。(おいしかった!)
家に帰ると長女が来ていて、夕食の用意をしてくれていた。疲れて帰ってきて夕飯のあることのうれしさって!!
c0226545_1212321.jpg

ティンガティンガの絵も購入しました。特価3,800円だったので。
c0226545_1225331.jpg

我が家のサンタは、ちょうど娘が3歳頃、「Yちゃん(娘のこと)のところにもサンタさんくるかな」って心配していた。私は、子どもにうそをつくのは良くないって思っていて、親からのプレゼントのみを考えていた。が、あまりに娘が心配そうにしていたので、娘が寝付いてから、急きょ、自分の持っているファンシー小物をラッピングして枕元に置いた。
朝、娘が起きて大喜び。そして私に向かって「Yちゃんのところにも、サンタさん来たよ!ママとおそろいだよ!」って大はしゃぎ。。。それからは、毎年サンタのプレゼントは娘たちが成人しても届けられました。
ある時から、サンタさんが二人になり、ママサンタは引退しました。
子どもにとって親は絶対的存在。100%信じているまっすぐな目をみたら、それに親は答えなきゃって思ったっけ。。
今年も朝、廊下に**
c0226545_1294895.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2010-12-28 01:21 | 家族のこと
母の同窓会
今日は79歳の母の同窓会。ということで予定をしていた全国演劇鑑賞会の総会2日目はパスさせてもらい父の世話をすることにした。
世話といっても昼ご飯を作って一緒に食べるのと暇をもてあそぶ父とお話をするくらい。
でも、父の傍に誰かがいないと母は心配でゆっくりと旧友たちとお話ししていられないらしい。もう何日も前から、今日が同窓会だから、おじいちゃんにはお弁当作っとくから昼の心配はいらないけれど、誰か家にいるとか何べんも聞かされた。
父は認知症で要介護2。でもわりと普通。ただ足元が危ないので、杖は必要だし、家の中には何箇所もバーがある。(区の支援で設置)
最初は夫に任せようかとも思ったが、夫じゃご飯は作れても話し相手にはならないし、夜遅くまで仕事をしている娘は寝ているからやっぱり無理。ということで今日は一日家にいることに。
父の所へ行って仕事の宿題を済ませたり、一緒にテレビを観たりした。
父は、近所の友人の家に1時間、そして散歩を30分ほどを一人で行動した。

母が帰ってきて、今日は17人集まって、そのうち10人が男性とのこと。
またその場にいた中でたばこを吸うのは自分だけだったそう。みな年をとって咳がでるので煙草をやめたそうだ。
母もそんなに煙草はすわないが、父がまあまあすうほう。。私はタバコは吸わない。
父は私がそばにいるので気を使って今日はタバコは吸わず、散歩のときにポケットに忍ばせて出て行った。
しかし、父母の部屋に長くいたせいか、私の咳がとまらなくなり、あわててマスクをつけた。
これって部屋にこびりついたニコチンのせいだろうか?

母は5時過ぎに帰ってきて、ゆっくりと友達とお話しができて楽しそうだった。
夕飯は夫が作った「ほうとう」母の好物だったので、これも母を喜ばせてくれた。
c0226545_22343823.jpg

本文とは関係ないが、今年もサンタプレゼント用の靴下が置かれた。
結婚している娘が部屋中クリスマス飾りをして、帰って行った。
今年のクリスマスツリーはおじいちゃんと一緒に飾り付けしていたっけ。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-11-21 22:36 | 家族のこと