ブログトップ
つれづれかんげき日記
カテゴリ:旅行( 26 )
熱海つづき
泊まった翌日の朝、窓から見える海の様子。
c0226545_9394612.jpg

日が雲から海へ、一点を射すかのよう。
そうちゃんが「おひさま、どうしてうみへおちたの?」って。
そうかなるほどねっ。
帰りのスーパービュー踊り子号、先頭車両で大満足のよう。でもこのあとすぐ寝てしまいました!
このあと小さな子ども達が何人も観に来ていましたっけ。
c0226545_943291.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2015-07-18 09:45 | 旅行
熱海へ
先月、誕生日ということもあり、そうちゃん家族とおばあちゃんと私と5名で熱海へ行きました。
目的の一番は、スーパービュー踊り子号にそうちゃんを乗せたかったから。
そして二番目はおあばあちゃんにゆっくり温泉につかってもらいたかったから。
c0226545_0465045.jpg

星野リゾートホテルは家族向けらしくて、キッズスペースも充実していました。
クライミングウォール、キッズ用と大人用有。そうちゃんもトライ!
ただすぐに「もうだめ!もうだめ!」って叫んでましたが、娘が無情にも
「写真とるまで我慢して!」と。この顔は必死に叫んでいる顔でした!
大人バージョンでは娘夫婦がトライ。
c0226545_048730.jpg

そうちゃんと私は見学。
おかしかったのは、そうちゃんが、娘達に頑張れコールをずうっといっていたけど
途中で無言。??何しているのかなと思ったら、娘のスマートフォンをいじって
カシャ!そして娘達に向かって「とったからね!」と大声で叫んでいました。
これを「いまどき」ってことなのかな??
スーパービュー踊り子号では、帰りは先頭車両の2階席に乗れたので
運転席もみることができて満足。
そして熱海駅周辺では、ネットで調べた美味しいケーキのある喫茶店で、
偶然、以前他の鑑賞会にいた方と再会!
なぜだか娘に「さすがママだね」っていわれましたが、何が流石なのか・・
でも不思議。
[PR]
by joi-satoimo | 2015-07-14 00:55 | 旅行
直島・家プロジェクト
直島、いよいよ今回の旅のラストは、直島家プロジェクトですが、なかでもジェームズ・タレルの南寺(建築安藤忠雄)建物の中の作品「Backside of the Moon」はすごいです。
これは体験しないとじっかんできないかもしれません。
c0226545_1291284.jpg

私は何も分からず入りましたが、中は真っ暗なので壁をつたって入っていきます。
何も見えない!まったくです。案内の人の声で「椅子があるので座ってください。そこが行き止まり」っていわれたって、わかりません!突っ立っていたらすぐ前にいた娘が「ここ」って引っ張って座らせてくれました。
10分くらいかしらそのまま真っ暗ななかに座っています。暗闇がとっても怖くて不安に感じられ、何にも囲まれていないことがこんなにも圧迫と感じるとは・・・
しばらくして前がうっすらとしらじらとして・・案内の人の声が「はい、見えてきましたね、それでは先の8人の方前へ移動してください」って・・
確かにその白い空間に人の影が映って皆が移動しているのがわかります。
今まで何も見えなかったのにドアあけたのっていうくらい違うんです!
次に私たちのグループに移動するよう指示が出されこわごわ前へ行くと白い空間が広くあるのがわかります。案内の人の話だと奥行と深さがかなりあることがわかりました。ブラックライトを当てているそうです。
暗闇の中で10分くらいすると眼がなれてブラックライトを観ることができるんだそうです。
人体の不思議ですね。急に見えるようになるんですよ!
最初暗闇に入ってすぐに眼の下の方に赤い線が見えて気持ち悪く感じました。
娘に話したら、「それは目が自分の毛細血管を見てるんだよ。」って。なるほど。確か唯一外から内部の血管が見えるのは眼底でしたっけね。あれが私の毛細血管だったんだ。。

今回の旅行、1日目は高松。2日目は豊島でその夜直島へ、3日目、夕方の便で東京へ戻るためには直島発のフェリーには11時くらいの便しかない。。それでは直島のミュージアムを観るのは無理!
で、海上タクシーをチャーターしました。(大げさかな?)12人乗りを娘と二人で。1船12,000円です。
でもこのお金を払ってもベネッセミュージアム、りーウーハン美術館、地中美術館、そして家プロジェクトを観ることができたのは良かったです!フェリーは便も少ないうえに高松港まで40分かかります。海上タクシーは15分で到着です!
c0226545_134969.jpg

おまけ。ベネッセホテルのレストラン、テーブルの前のウィンドウ越しに海が広がって素敵。
c0226545_13849.jpg
そしてベジタリアン用に追加でだしていただいたブロッコリーのスープ。まろやかでブロッコリーの味が濃くって美味しかった!レストランの皆さまありがとうございました。
c0226545_139286.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-01 01:41 | 旅行
直島・ベネッセハウスとミュージアム
ずいぶんと前から一度は行きたいと思っていたところ!
今回、娘の絵の個展にかこつけて、娘と二人旅。いろんなことを娘から教わりました。そうでなければスル―してしまった作品もあったかもね。(美大に行かせてよかった!?)
ベネッセミュージアムは安藤忠雄の設計。すぐそばのリーウーハン美術館(漢字難しいのでカタカナ表記で失礼)、地中美術館、ベネッセホテルも。建物そのものがアートですね。
ベネッセミュージアムの壁。「こんなところに植物が?って、あれはきっと須田さんの作品」と娘に言われてリーフレットをみると確かに。あれが作品なんだ。しかも木を掘って作ってある彫刻とのこと。ベネッセホテルにも作品あります。
c0226545_192211.jpg

それぞれの美術館は開放的で、自然を感じることができゆったりと鑑賞できます。地中美術館のモネの部屋はすごいです。照明がもしかしたら自然光だけではと思い、娘に聞いたら「え~、わかんない」って言ったかと思うと係りの人に聞きに行っている!(さすが(;一_一))
やはり、自然光だけだそう。宿泊客にはナイトツアーもあるので、夜ならどんなふうにモネの絵が見えるのかな!!って。残念ながら私たちは時間の関係で参加できませんでした。
ホテルにも、廊下や部屋に作品がたくさん。宿泊した部屋のベランダから杉本さんの作品をみることができます。一日の移り変わりで違って見えるようになっています。
c0226545_1231213.jpg

レストランへ行くには外廊下をとおるのですが、これが夜と朝では違った表情をしていて、たまたま朝通った時に作品のクリスタルの壁に外の木の陰が映って、まるで藤棚のよう!朝食食べ終わったらもうこの絵は見えませんでした。瞬間の作品が、自然と一緒に出来上がっているのが素晴らしかったです。
c0226545_11972.jpg

レストランですが、HPの申し込み欄にアレルギーとかベジタリアンとかお知らせするところがあったのでベジタリアンと書いたら、あとからホテルから連絡がきて、どのような食事がいいかって聞かれ、特別メニューになりました。すご~く、美味しくって、大満足でした。そのひとつ、大好きな野菜のパスタです。
c0226545_1225214.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-09-29 01:25 | 旅行
豊島3アートな休日
豊島美術館の後は島のあちこちのアート作品へ。レンタル電動自転車で移動。
印象的だったのは木下晋さんの作品100歳の手。大きな鉛筆画。圧倒されました。写真を撮る自分の姿が映っているのも意味があるような気がします。自分に対するメッセージとして。
c0226545_065276.jpg

それと ストーム・ハウス。家の中に入ると、嵐の夜。雨の凄さと雷!古い民家がそのまま作品にリニューアルされた感じ。雷大っきらいな友人を思い出しました。安全ってわかりきっているのでとっても気持いいです!
作品の地図はこちら→
そして、そして小さな山道、けもの道?をちょっとのぼりきったところにある森真理子さんのトムナーフリ夜には発光するらしいけれど、無理!虫が多くって木と草が多くって、逃げるように登りました。
娘は全然平気。。。そして牛ガエルがたくさんいて、牛の鳴き声なんですね~。。初めて聞いたと思う。
たくさん聞こえました。これもすこしパニック状態の私は、娘が教えてくれて気がつきました。
c0226545_0191315.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-09-27 00:19 | 旅行
豊島2 アートな休日
またまたずいぶん時間掛かっちゃったけど、豊島についてはきちんと記録に残したい!
No.1で心臓音のアーカイブに続いて行ったのは「豊島美術館」。横には段々畑、そして前は海。
景色をぐるっとながめるように外の通路を通って美術館へ。美術館といってもいろいろな絵が飾ってあるわけではなく、建築家の西沢立衛(りゅうえ)氏彫刻家の内藤礼氏の作品。建築の様子がHPで紹介されいていました。
作品名は母型ということ。すごい納得!ひやっとしたコンクリートのあちこちから小さな水泡がわきでてきて、流れ、互いに合体し、そして大きな水たまりに合流したり、そのまま単独でプルプルしていたり・・
思わず水玉の動きに目がくぎづけになる。外の風が入ってきて、座ったり寝転がったり、水たまりをみつめたりと、入館者はみなそれぞれ楽しむ。
とっても癒される空間。時間が許されるならずうっといて寝転がりたかった。。今度は夏以外に行きたい。
外に出ると美術館のミニ建築物のような喫茶があり、美味しいドーナツも味わえます!
c0226545_23493142.jpg

もうわすれかけているのか、音響なかったはずだけれど、水琴窟のような音が耳にやさしく響いていたような気がして・・??どうだったかな??
[PR]
by joi-satoimo | 2012-09-23 23:56 | 旅行
豊島1
書くことは山ほどあるけれど、あっという間に時間がすぎちゃって・・・
でも、いまでも7月末に行った直島のベネッセミュージアムや家プロジェクト、豊島の美術館・・・
が心に残って思い出します。また行きたい!でもあそこは1人じゃいけないですね。。
誰か行く人を探して行かなきゃ!

豊島では、娘に説得され初めての電動自転車でサイクリングしながら美術拠点を廻りました。
バスをまっていたら数か所しか観られないし、タクシーも島に1台?ということなのでしぶしぶ・・
でも良かった!おかげでみたいものはほぼ観られました。特に「心臓音のアーカイブ」島の端っこなので行けて良かったです。私と娘ともに心臓音アーカイブしちゃいました!録音したらもうすぐリスニングルームで聞くことができます。目の前は海が広がっていて、静かな海と自分の心臓音。不思議です。登録No.を控えているのでまたここにきたら聞いてみようと思います。
c0226545_1233437.jpg
浜辺にポツンと建っている建物の中が心臓音がアーカイブされているところ。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-09-07 01:26 | 旅行
高松
娘が高松三越で個展をしたので観に行き、その後ベネッセミュージアムがある直島、そして豊島へ行きました。
直島は草間彌生さんの南瓜のオブジェで良く知られていますよね。
c0226545_126056.jpg

娘は数日前から高松三越でライブペインティングを行っていて最終日に合流。
私は1人で高松を歩きました。
高松っていったら讃岐うどん!一日に3回食べてしまいました・・(@_@。
しかし暑かった!東京よりも日差しが強くって外歩いてると汗だくだく、、あたりまえか・・四国だものね。
着替えが足りない!って急きょ洋服買ったり、ビジネスホテルなので夜中にズボンを洗ったりと・・
高松駅そばはショッピングモールが充実している。外からみた写真。
c0226545_1355223.jpg

モールの間を電車が!琴平電車、ことでん。かわいい電車でした。
c0226545_1363099.jpg

のって屋島まで行きました。
c0226545_1385136.jpg
c0226545_1391067.jpg
無人駅です。
駅からおりて、さて目的の四国村までどういったらいいかわからず、お店の外で水まきをしているお兄さんにきくと、とても親切に教えてくれてタクシーまでよんでくれました。
四国村は人形劇舞台があるということだったのでそれが見たかったのですが、チケット売り場に
「あぶ、はち大量発生注意!」って立て看があり、おもわずひるんで入るのやめてしまいました。
せっかくきたので近くにある人気うどん店で讃岐うどんを。(1時間前にも食べたのですが・・)
c0226545_143345.jpg

高松中心地にもどり玉藻公園を見学。高松は四国の他の地が雨でも天気なことが多いとのこと、
庭園の水もからっぽでした。
c0226545_1453433.jpg

三越の方に聞いて、夕方夕日が落ちるのを海から見るのがいいといわれて観に行きました。
早めにいったほうがいいといわれて、どうしてって思いましたが、
なるほどあっという間に日が落ちちゃうんですね。きれいでした。
c0226545_1465753.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2012-08-14 01:49 | 旅行
明日から高松
明日から高松へ。
娘が高松の三越で個展をしているので観に行ってきます。
1人で。(-_-;) 間違いなくいけますように。。
1人旅は、もちろん初めてではないですが、どうも最近特にそそっかしくって。。。
娘は先に高松に行っているのであさって合流。

上の娘は家族でフジロックとのこと。娘から送られてきた写真。
日焼けしないか心配。。
c0226545_22202777.jpg

しかし、、現在食べすぎのため、胃がとっても気持ち悪い・・・
明日までに治るかな??
[PR]
by joi-satoimo | 2012-07-28 22:21 | 旅行
7月の高松
7月に娘が三越高松で個展をやるので私も観にいくつもり。いつもなら娘二人といくところだけれど、
お姉ちゃんはbabyがいるし、個展をやる本人は、忙しい、仕事だし ってことで
私は1人で高松までいくことに。ホテルも1人でとって1人で泊まることに。。
さびしいね~・・
ま、そのあとは合流して直島へ行こうということになっている。
c0226545_073510.jpg

庭に咲いていたアマリリス。 だったと思う。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-06-23 00:07 | 旅行