ブログトップ
つれづれかんげき日記
東海道四谷怪談
国立劇場大劇場へ。出演:松本幸四郎、市川染五郎、坂東彌十郎(好きな役者さん)ほか
染五郎が何役も、時には早替わりを含め、演じていました。
幸四郎の冷たい民谷伊右衛門、ぞっとし、染五郎のお岩は、女性の悲しみが良く表現できていて、指の先まで女性!っていう感じで、いままでの武士の役などが粋って思っていましたが、女形がステキって思えました!
後半の幽霊のところは、仕掛けがうまくできていて自然に感じました。ワイヤーでお岩さんをつるしているのも、幽霊の足の先まで幽霊っぽく??色合いや布の流れなどきれいでした。
実は、四谷怪談は、舞台が雑司ヶ谷の四谷町で、お岩さんの御墓というのが西巣鴨にあり、子どものころから、夏にテレビでやっている映画が本当にお墓があるんだ!と怖くてしかたなく、大人になった今でも、友人に誘われても観に行かなかったのですが、勇気を出して、(一人ではありませんでしたが)観に行きました・・・<(`^´)>
始まってから最後までどきどき・どきどき・・でしたが、それも含めて楽しかった。
今日、舞台上で説明があって、この作品が上演された当時は、忠臣蔵とセットで上演されていて
話の中もリンクしていることを知りました。
そして、悪、徹底した悪、本人に自覚のない悪。についての表現が凄いとしか言いようがない。
原作者の鶴屋南北って!
作品を観て、単なる幽霊の復讐という事ではないように思えました。
借りた「鶴屋南北」の本も、面白い、読んでいて、観劇中に感じていた事がはっきりとして来ました。
5月には前進座が同じ場所で同じ演目をやるので楽しみ!
c0226545_2111392.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2015-12-19 02:16
<< 人力車 文楽 奥州安達原/紅葉狩 >>