ブログトップ
つれづれかんげき日記
パーセル作曲オペラ<妖精の女王>
北とぴあ国際音楽祭<妖精の女王>観てきました。
セミ・ステージ形式、原作シェイクスピア『夏の夜の夢』
合唱・管弦楽はレ・ボレアード(北とぴあ国際音楽祭から生まれた古楽オーケストラ・合唱)、指揮・寺神戸亮。
演出:宮城聰(SPAC芸術監督)
なかなか面白かったかな。演奏と舞台美術と役者の身体能力が印象深い。
北とぴあのさくらホールには、ぎちぎちという感じでしたが、うまく使っているなとも。
満席のお客さまも圧巻です、すごい人気なんですね。
知らない顔ばかりなので、いつもと違う感じ。
笑うところも、なぜ皆がわらうのか理解できず
フィットしないですね。やっぱり演劇とは違うのかな?
でもリズミカルで飽きることなく楽しめました。
音楽の事は不得手ですが、声量が気になりました。透明感とかも・・。でも滑らかなのかも。
バリトンの人が良かったと思うのは、文楽好きだから?太くても重い声が好き??
『夏の夜の夢』はいろいろなところで観ているけれど、シェイクスピアについては昔、大好きだったのに、あるときから嫌いになった。何故か良く分からないけれど。差別的に思えるからかもしれない。女性の本当が描けていない、とか。
今日のセリフに女性達を男性に「あげる」ということばがでてきて、嫁にやる、女性はあげるものということばにちょっとと思いながらも
結果的には、女性のおもうままになるのだから、ストレートではないのかもしれない・・・
とか、なんか他の事考え出していました。セットお金かかっているなーとか。
搬出どのくらい時間かかるかな?
とか。
だめだね。
先日、他の芝居を観に行った時に、偶然となりが、テアトルエコーのS氏で、同様の事話しましたっけ。
その時はすぐうしろに作家・演出家のふたくちつよしさんが座っていました。
ふたくちさんはいつもにこにこ挨拶してくれて、笑顔みるとほっとします。
今日のSPACの宮城さんも、いつもお客さんを入口で笑顔で迎えていて
本日もさくらホールのロビーでにこにこ挨拶していました。
こういう歓迎はうれしいですね。遠いけれど静岡までまた行こうって思えます。
それに、数作品観ただけですが、、
演出もどこかあたたかな風を感じられて、観る度に作品に興味がわきます。
c0226545_0452269.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2015-12-14 00:51 | 観劇
<< 文楽 奥州安達原/紅葉狩 シルヴィ・ギエム >>