ブログトップ
つれづれかんげき日記
フレディ
12月6日(土)にテアトル・エコーの「フレディ」を北区で上演する前に、同じ市民演劇鑑賞会「松戸演劇鑑賞会」に事前に観に行きました。
原作はロベール・トマ。作品には「罠」などがあります。
それと「8人のおんなたち」も。どちらも面白かったけれど、特に「8人のおんなたち」は好き。
テアトル・エコーは、熊倉一雄さんが代表。熊倉さんおんとし87歳だそうです。
先日舞台見ましたがご健在!エコーは井上ひさしさんがはじめて舞台脚本を書いた劇団でもありますよね。
さて、「フレディ」ですが、サーカスを舞台にした殺人コメディ。
殺人ということや、殺される女性の描き方など、台本を読んだ時には正直、違和感ありました。
女性蔑視ワード満載な気もしたので。でも「8人のおんなたち」を書いた作者だから”愛すべき”表現として眼をつぶるとして・・。最初はすこし単調なきもしたし、NGワード的な事もあったが、不思議と台本のようなイメージではなく、ふんわりといい空気感がある。なぜだろう?役者さんの力かなって思って観てました。
カーテンコールの時に、恒例のプレゼント渡しの時に、主役の安原さんが、もらったプレゼントを他の劇団員の方に渡して、前に押し出した姿をみて、これだなって思いました。
劇団からプレゼントは主役1名か他の出演者全員をいれた19名かいずれかにして欲しいとのことでした。
そこでたぶん大方の鑑賞会は1名を選択したと思います。本日もそうでした。
みんなで頑張っている舞台だからほんとうは全員にあげたいですね。安原さんもそういう気持ちで他の劇団員に気を使っているのだなとさりげない動きから感じられました。
その気持ち、チームワークが舞台から観客席に伝わるのかもしれませんね。
c0226545_2059257.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2014-11-24 21:28 | 観劇
<< 観劇生活? 「巨人伝説」 >>