ブログトップ
つれづれかんげき日記
樫の木坂四姉妹
劇団俳優座。演劇鑑賞会で8月お呼びする芝居。首都圏ブロックの他団体へ観に行きました。
作:堀江安夫 演出:袋正 出演 中村たつ  岩崎加根子  川口敦子ほか
2012年に見た時は中村たつさんじゃなかく大塚道子さんでした。
2度目ということもありより深く理解できたのか、以前とは違った印象でした。
2時間40分(休憩15分含む)とながく、特に前半は今回もそうですが、長かった・・・。
あと20分は短縮できるのでは??
後半がすごくよくて、感動しました。
放射能の恐ろしさは、長く生きられればまたその苦しみが長く続く・・
物語は、長崎で被爆した三姉妹を、現在、カメラマンが追っているという設定。
それぞれの生きてきた人生の苦しみがえがかれる。
原爆で、母と姉妹一人をうしないその後の原爆症で父をうしない・・・。また戦争で兄を失っている。
淡々とした日常のなかで、何もないようで、原爆の影は常にある。日常という言葉の大切さを思い知る。
ときどき役者さんのせりふで笑ってしまうところもあり、演技のメリハリがうまいなあと思う。
個人的には岩崎さんの演技と、そして中村たつさんに感動!8日の私たちの会の時には会員の皆さんの反応はどうだろうか。今から楽しみ。
c0226545_1181427.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2014-07-29 01:20 | 観劇
<< 怪談乳房榎 吾輩はウツである >>