ブログトップ
つれづれかんげき日記
6月は10本観る事ができました
超忙しい中、なんとか10本観る事ができました!もっとも演劇仲間はもっとみているのでこれで多いとはいえない。
私にとってはこれが精一杯。28日の土曜は、午前は、今日で会期おわりの美術展。
「こども展」六本木の森アーツセンターギャラリーをみてきて。。
c0226545_21561126.jpg

(藤田の子どもの絵がオシャレでした!ピカソがわが子に必ず作った手作りの段ボールに描かれた人形など)その他、子どもにかかわる画家の生活が垣間見られて面白かったです。
印象派のモリゾ(女性)が若くして亡くなりその娘が孤児になってしまい、ルノワールが引き取って育てたとか。。しかもその娘は小さい時にルノワールのモデルをしています。
チケットはルソーの絵ですが、ルソーは子どもを亡くしているそうです。その悲しさが表われている絵だそう。

昼に永田町の国立劇場に文楽「若手会」を観に。若手の人達の発表の場です。
文楽は、歌舞伎などのような家制度がないので、学校へ通って年月を積めばデビューし、技術があれば主役もやれるようになる。ただ、大変な仕事なので、後継者づくりは難しいと思われます。
先日、男女平等推進活動を行っていた人から(現在は現役を引退した感じ)、女性はなれませんか?と聞いているシーンに同席しましたが、無理でしょうと思わず言いたくなりました。
人形重いんです。大変な体力と力が必要。。腰も悪くなりそう。と。

夜は池袋のアウルシアターでこまつ座の劇「てんぷくトリオのコント」を観ました。
脚本ラサール石井。出演:我が家ほか
六本木⇒永田町⇒池袋 を1日で。。
井上ひさしがひょっこりひょうたん島を書いているころに、てんぷくトリオのコントも書いていたなんて。
(自分はこどもだったので全く知らないのも当然かもね。またテレビでモッキンポット氏の後始末や、本では「ブンとフン」が大好きでした。少し大きくなって「国語元年」に大笑いし、言葉の面白さをなんか感慨深く感じたのを覚えています。大人になって鑑賞会にかかわって好きな作品はもっと増えましたが、「兄おとうと」「頭痛肩こり樋口一葉」が好きかな。)
TVの放送作家から劇団を旗揚げにいたる思いが良く伝わりました。
使い捨てをよしとしなかったのでしょう。
また、こまつ座を三女のかたに託した理由もこの舞台の中で語られていました。
(三女の方のみ会計帳簿が読めるということ。そして借金全部返し終えた!っていってました)
最初の舞台用の戯曲「日本人のへそ」をテアトル・エコーの熊倉さんに頼まれて書いたことも。
その題名の由来も。「おへそは身体の真ん中にあり、とても重要であるが、なくてもいい存在でもある。
そして、なぜか笑える」ということが語られていました。
c0226545_22101542.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2014-06-29 22:20 | 観劇
<< 6月の観劇記録 へんてこレストラン >>