ブログトップ
つれづれかんげき日記
東京芸術劇場シアターイーストとウェスト
先週、東京芸術劇場の左右ならんであるシアターイーストとウェストの両方で観劇。
まず野田秀樹脚本・マルチェロ・マーニ演出「障子の国のティンカーベル」出演毬谷友子。
ダブルキャストで公演の前半が毬谷さん。初日に行きました。
正直なところ出だしから思わず大衆演劇を思い起こされました。途中眠くなってしまって筋はあまり覚えていないのですが、最後に影絵でピーターパン(小さいパンのよう)をちぎって食べるのですが、あれって、子どもという存在を食べて0で大人になるっていう意味?偏った愛情の末とは思えなかった。所詮夢がなくなるのがおとなってもんよ!って大衆演劇調に聞こえてきちゃう!(誤解のないように追記。それが私には楽しかったってこと) 最後に毬谷さんがマーニさんと野田さんをよんだんだけれど、野田さん、おりてこないで会場からでていっちゃった!それって、舞台に満足していない、観客の反応に満足していないってことなんでしょうね・・・ま、しかたないかって。。
イーストでやっていた「宝島」Project Nyx 公演。作:寺山修司、構成・美術:宇野亜喜良。演出金守珍
こちらは演劇鑑賞会の会員から、面白かったというメールをもらったので観に行きました。
c0226545_033178.jpg

変わったミュージカル!面白かった~♪観客参加型で、舞台転換の際に客席にでてくるほら吹きおばさん
というMCも面白く、思わず会場のみんなも歌わさせられたり、足踏みしたり、音楽が今でも耳に残っています。
舞台も、寺山修司の詩や句がふんだんに映像としてでてきてそれを主演の未唯さんが読むのが素敵だった。寺山さんの句は、盗作といわれていたり、何が嘘で嘘が本物よりもかがやくのか・・。
未唯さんは元ピンクレディー。存在感ありましたね。出演者が女性ばかり(それも面白かった)。プラスかばちゃん。→ミドリちゃんという人だったみたい。似てました。。
出演者の数名は演技力や発声など正直、う~んというところありましたが、文化座の二人は流石にうまかったです。(有賀ひろみ、小谷佳加)
生演奏ありのマイクなしの歌も良かった!
最後に会場に皆さんにもお宝ということで、それぞれの椅子の肘かけの下にテープで鉛筆が!鉛筆には寺山さんの言葉が!いくつか種類があったようで私のはこれ↓
c0226545_0324784.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2014-02-20 00:40 | 観劇
<< 国民の映画とサニーサイドアップ 演劇鑑賞会総会 >>