ブログトップ
つれづれかんげき日記
歌舞伎 陰陽師
新作歌舞伎!若手中心で 原作も 夢枕獏さんの有名な作品。
市川染五郎の阿倍晴明、中村勘九郎の源博雅、尾上松録の藤原秀郷、尾上菊之助の滝夜叉姫、中村七之助の桔梗の前、そして悪役の片岡愛之助の興世王、平将門役の市川海老蔵と超豪華なキャスト!
物語は歌舞伎にぴったりかも。魑魅魍魎とのやりとりなどは歌舞伎らしい表現で観ていて安心な感じ。
ちょうど花道のわきで、役者がせり出したり、見得をはったりとよく見えてうれしかった!
c0226545_23323936.jpg

ジョイセフスタッフのKさんは日本にいるときは古典に浸りたいということで、一緒に観に行きました!
楽しかった!
海老蔵、4年前にみたときよりも上手になっていると思えました。
松録さんも。
気のせいかしらと思ったらとなりの老夫婦が「松録さんじょうずになったね」っていったのでそんなに外れてはいないかも。
それにしても歌舞伎面白い!
七之助、菊之助、ふたりともきれい・・・、愛之助さん、いいかんじでした。
そして染五郎さんはやっぱりうまいなって思います。わきを締めているベテランの方たちも舞台をひきしめていますよね♪♪♪
片岡亀蔵さんいいです!
ただ残念だったのは、購入したいなりずしがなんとアナゴ風味というかアナゴのだしをかけているのかな??
口に入れた途端魚味だったので、一口でやめました。ベジタリアンにはきつい!
こんなこともあろうかとおむすびもっていったので何とか飢えはしのげた、、、
お土産に買ったわさび煎餅、家で一口食べたら、、ゲ?!エビ味が隠し味としてはいっていて・・
これまたベジタリアンには食べれません・・・とほほな感じ・・・でも歌舞伎面白い!
[PR]
by joi-satoimo | 2013-09-04 23:43 | 観劇
<< 2013年9月文楽 通し狂言 オペラ『銀のロバ』 >>