ブログトップ
つれづれかんげき日記
木の上の軍隊
井上ひさしが構想のみで完成せずに終わった作品。
演出 栗山民也  作 蓬莱竜太
出演 藤原竜也  山西 惇  片平なぎさ
太平洋戦争末期、沖縄戦で、上官と新兵が巨大な木に登って逃げ、終戦を迎える。
終戦後も2年ほど隠れ住む。
その間の、上官と新兵のやりとりのなかに、井上ひさしさんが言いたかったことを入れていると思うけど、
井上ワールドは感じられなかった。仕方ないことですね。
いまさらながら井上さんの言葉の力の大きさを感じました。
現在もあの頃と全く変わらない現状であること、それでもどうしようもないことを矛盾をどう考えたらいいのか、
それとも、それではいけないと言っているのか。
c0226545_21125542.jpg

藤原竜也、山西惇 お二人とも いい感じでした!
[PR]
by joi-satoimo | 2013-04-23 21:20 | 観劇
<< 歌舞伎座 じいちゃんと折り紙 >>