ブログトップ
つれづれかんげき日記
じいちゃんと認知症と入院
今月の雪の日に、82歳の父が緊急入院。急性硬膜下出血。
高齢な上、糖尿病と2年前に心臓の手術をしている関係で、
直に手術をしなかった。出血が止まらず、結局手術となった。
手術といっても、局部麻酔と睡眠導入でもうろうとさせて、頭に穴をあけそこから血を抜く。
1時間くらいの手術のあと、1日頭からチューブで血を出す。
2日目にはもうほうたいだけ。3日目には包帯もなし。
すごい!ただ失った言葉はまだ戻ってこない。
もともと認知症なので、入院、失語でさらに悪化した感じ・・
食事も、ほおっておくと次から次に口に入れたり、手で食べたりしてしまうので
付き添いが必要。今日も母と二人夕食を食べるのに付き添ったが、
ビーフシチューが美味しいらしくパクパク。スプーンですくいづらいみたいなので
具をいれて口元にもっていってあげたらいきなり「ニンジン!」って怪訝そうに
どなる。ニンジン嫌いなんですよ。わからないかと思って、スプーンにもったんだけど
ばれちゃって・・ていうかしゃべれないのにそういうのはしゃべれるんだね・・
あと、今日は談話室から、スカイツリーと月がきれいに見えていて
「つき・・」ってはっした。
c0226545_23214437.jpg
c0226545_2322610.jpg
c0226545_2322862.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-02-25 23:28 | 家族のこと
<< 3月8日国際女性デー グループる・ばる「片づけたい女たち」 >>