ブログトップ
つれづれかんげき日記
2012年観劇ベスト
2012年は秋から母の病気もあって、またいろいろな行事も重なり、全部で76本観劇。
(もっと多く観る予定だったが・・無理でした・・)
その中で、いいね!以上は27本。そしてさらにベスト10(11本ありました)は以下の通り!
My best 1 は 2つ。(ベスト1って絞れませんでした、、、)
こまつ座の「組曲虐殺」とパラドックス定数の「東京裁判」
次は4本。
昴の「暗くなるまで待って」
俳優座「カラマーゾフの兄弟」
文学座「エゲリア」
劇団チョコレートケーキ「あの記憶の記憶」
次は2本。
コークン歌舞伎の「天日坊」
文楽「日本振袖始」
で第9位は シンクロ少女「少女教育」
10位は青年座「タカラレ拓郎の仇討」
11位は文楽「檀浦兜軍記」

文楽2本と歌舞伎が1本入りましたね。個人的な評価だから仕方ない!
上記の中でブログに書いていないのはたぶん
「あの記憶の記憶」。。時間がなくって・・とくに「あの記憶・・」はfacebookでHさんが強く勧めていたのでぜひ観ようと思い、無理無理最終日の一日前に電話して押しこんで入れてもらった形。
観に行って良かったです。ただNo.1とならなかったのは、進み具合がちょっと納得いかなくって。
そうかな~?って、物語上都合よく展開されている感があった。でも涙しましたね。。。
そして 憎しみからは何も生まれない。 自国を守るということはどんな手段でも許されるのかー憎悪の連鎖になるだけ・・というのをありきたりにというのではなく、深くとどくような演出で伝えていたと思う。

それと「天日坊」。勘三郎さんが出演されていない分残念と思っていたら年末にもっと残念なことに・・
勘三郎襲名公演に友人がいけなくなったからと急きょ半額で引き取り観に行って、そのすごさに圧倒され、以来勘三郎ファンに、そして歌舞伎に興味を持つようになったんです。。
c0226545_046582.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2013-01-05 00:50 | 観劇
<< 2013年の観劇予定☆! 2013年開けましたが・・ >>