ブログトップ
つれづれかんげき日記
4Hと2H
5Hの鉛筆は小学生に使いやすいかどうか?ってきかれて私は絵を描くときには2Hの鉛筆をつかっていたのでいいんじゃないっておもったけれど、実際どうか家で試してみました。
久々に4Hの鉛筆をつかったら、書けるけれどやはり肉厚が薄い。娘に聞いたところHi-uniだからまだソフトだけれど他のだとどうかな?って言われました。
今回描いた4Hと以前書いた2H。写真にとっても固さや違いがわかる。強めに書いても写真に映しきれない。やはり子どもには無理かな?
c0226545_0513478.jpg
4H
c0226545_051583.jpg
2H
描いた馬?の張りぼて絵は、本日ジョイセフ残業後に市民演劇鑑賞会の事務所に書類をとりにいったらT氏が。。
この次のこども劇場のおそらくロビーにおく段ボールの張りぼて馬に新聞紙を濡らして肉付け中。
思わず手伝おうかと思ったけれど連日のつかれもあって「制作楽しんでください!」っていって帰ってきてしまいました。
しかし、つい先日も二人で大ゲンカして泣きながら文句言った相手だけれど、ああいう姿見ると思わずふふってなってしまう。
あちらはどうおもっているかしらないけれど、長い付き合い、演劇仲間ってことで、いつも雨降って地固まるなのかもね。。でももう喧嘩したくないな、疲れるから。
しかしいい大人なのに喧嘩するって考えられない。演劇という文化について、基本は一緒だと思うけれど活動方法の考え方の違いでぶつかります。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-10-17 01:02 | その他
<< マクロビのお店 北とぴあ演劇祭と飛鳥山薪能 >>