ブログトップ
つれづれかんげき日記
東京裁判
もう少し前の観劇ですが、、
c0226545_1184332.jpg

東京裁判
北区のPit北/区域 というちいさな劇場で上演されました。所属している演劇鑑賞会の例会として観劇。
主催は パラドックス定数 というところ。作・演出 野木萌葱
出演 植村宏司、西原誠吾、井内勇希、今里真、小野ゆたか
内容は、歴史上の「東京裁判」を題材。戦争犯罪者をさばく裁判で、被告側の日本人のための弁護団の裁判での駆け引きの様子。
小さな空間なので、私は2階から観たが、ちょうど真下に写真のセットがあり、そこを覆うようにして弁護団の男たちの様子が観られました。まるで秘密の打ち合わせに一緒に参加していた気分。
あとで1階で観た人から「対立する判事の気分。裁判長!って意気込んでいわれちゃうから」って。
歴史をたどってそうだろうなって思いながら、これって今もつづいている日本の状況、はたまた強者の論理をかざす某国との関係など、今でもまだまだ新しいって感じる。
推理小説をよんでいるようなセリフは面白かった!作者は女性のよう・・すばらしい!
理科的な頭の持ち主かしら??

また公演があったら絶対観に行こうっと!!
[PR]
by joi-satoimo | 2012-09-11 01:27 | 観劇
<< ブンナよ木からおりてこい 豊島1 >>