ブログトップ
つれづれかんげき日記
天日坊
コークン歌舞伎!
作:河竹黙阿弥、脚本:宮藤官九郎、演出・美術:串田和美
出演:中村勘九郎、中村七之助、片岡亀蔵、中村獅童、坂東巳之助、白井晃ほか
面白かった!生の舞台ならではの楽しさあり!
正直、勘三郎なしのコクーン歌舞伎って不安あったけれど、楽しめました!
最初っから笑わせて、セリフもふりも歌舞伎っぽくなかったり、100%歌舞伎っていうところもあり、ハチャメチャな感じも楽しい。
獅童と亀蔵の大声を出してのやり取りは、会場の大笑いの反応をみて、さらに大声でかけあって、生の舞台ならではのエスカレートさですね。
ラストの殺陣は、歌舞伎なので実際に刀と刀が交わるわけではないのですが、役者の動きがすばらしくって、迫力ありました。きれいな動きで、日頃鍛えていないとできないなあと感心。
勘九郎のさびしそうなうなだれた感じも良かった。でもラストは現在にもどったかのように元気さを感じてしまってちょっと不満。(一緒に観に行った娘は、あれはあれでいいとのこと)
「自分はだれ?」自分のルーツがわからない孤独というかそういうのはあまり感じられなかった。
勘九郎が、良い人から悪い人(完全にはなりきれないが)に代わっていく様子もあまり自然でない気がした。
でもでもそれらを抜いても、技とかキャラクターとかお客に対するサービス精神とか素晴らしくって、とっても楽しめました。七之助もきれいで間近に見られてラッキー。
脚本とか演出もいいからでもあるのでしょうね。トランペットもいい感じで雰囲気つくっていましたしね。
c0226545_015118.jpg

幕が開いて直に部屋のセットが動いてきて、役者さんものって演技も始まっているのに、1人の黒子さんの足が踏まれてしまって抜けず、黒子さん大勢で押したり、引いたりして、どうなるだろうと出だし心配になってしまいました。これも生ならではのちょっとしたアクシデントですね。
最前列の端っこに座って観ていました。座布団席で結構腰にきます。舞台は床から30cmくらいと近くっていいのですが。。。
[PR]
by joi-satoimo | 2012-07-05 00:21 | 観劇
<< 無知な自分! THAT FACE その顔 >>