ブログトップ
つれづれかんげき日記
疲れました・・・
わけあって市民ボランティアの演劇鑑賞会の事務局をボランティアで引き受けている。
そのため裏方の仕事が半端なくあって、もともと裏方が好きなのでそれほど苦ではないが、9月7日~10日まで150人キャパの会場で5公演を行ったのは、さすがにくたびれました・・・
慣れないこともあり周りにかなり迷惑をかけたと思う。一緒に事務局をやっているほかの二人には特に迷惑かけちゃったかな・・・
前日の6日は午後ジョイセフ半休して、客席作りからスタート。これは段差のある客席をつくるので、慣れていない女性ではできないと考えて、前にいた事務局長が劇団の人にあらかじめ頼んでいていくれていた。
が、劇団の主宰の方にはうまく話がとおっていなかったようで、ちょっと難しい状況に・・
こちらからは仲間で、使用したホールで何回も客席作りをしている男性が1人とかつて北区つかこうへい劇団、現在ACT Stage の方1名の参加。結局、この2名が汗だくだくになり、指示出ししながら劇団の男性5名と一緒に150名分の客席を作ってくれました。5時間くらいかかってしまった。。。私はただ出たり入ったりと何もしていないけれど疲れました。皆汗だくだく・・
c0226545_2344278.jpg
このおもたい木が床になる。釘で柱をうちつけていく。
c0226545_2355072.jpg

c0226545_2361357.jpg
箱台をもってきてまっすぐかどうか角度をみる。まがっていると危険だから。
c0226545_2362910.jpg
出来上がった台を立てて隣と離れないようにかませるようになっているがさらに釘打ち固定させていた
c0226545_2364594.jpg
木の台の隣の黒い金属のような台は、バーサライトといって、これがステージなるのだが、こちらは簡単だそう。(重いけれど)これが数がないために、木で台を作っている。そしてこの木の台にカーペットを引く。隣のバーサライトと同じように。その後最後に椅子を置く。。こうすると下のような、こんなに立派な座席になります!皆様ご苦労様。感謝です。
c0226545_2371826.jpg
150名くらいの演劇を観るにはいい空間だと思うが、あまりに大変な作業と640名の会員に見せるためには大変だと実感・・・もうないなっていう感じでした。壊すときは作る時よりは早く作業は進んだ。心配なのでアルバイトとしてジョイセフコンピューター班のHくんにも助っ人を頼みました。またIT関係の仲間の男性にもお願いしました。高校生の男の子も来てくれました!!
これらの打ちつけた台はすべて釘を抜き取りただの板として保管。大変なことです・・・
[PR]
by joi-satoimo | 2011-09-13 23:13 | 観劇
<< そばツアー 演劇祭ちらしまき >>