ブログトップ
つれづれかんげき日記
ご無沙汰・・・
ここ数カ月超多忙のため、芝居もあまり観られていない。
とはいえ、演劇鑑賞会という市民活動をおこなっているため、
数本は見ているがブログにアップしきれない。。時間がない。。
最近観たのは
c0226545_22524198.jpg
赤坂レッドシアター
実験的な劇ということで、出演者が見ざる・聞かざる・言わざるというそれぞれのシチュエーション。
見ざるの人は目を覆って本当に見えない状況で、例えばあっちむいてほいをする。
聞かざるの人はヘッドホンを付けている。
言わざるの人は絶対しゃべらずにコミュニケーションをとる。
全く聞こうとしない人、相手にものを伝えることの難しさや聞こうとしない人などで、コミュニケーションしたらどうなる?というぶっつけ本番の実験的な芝居で、面白かったけれど。実験につきあうのもね・・・とかも思ってしまう、ドライに考えてしまう。
c0226545_2253358.jpg
初台の新国立劇場中劇場
まず、幕開けの演出、舞台美術などにひかれた。雨のイメージも舞台上できれいに描かれていた。
主演の亀治郎さんが良かった!ときどき歌舞伎の振りもいれてくれて。
自分を捨てて他人になりすますこと。どんなにそっくりになれても、本質、その人の価値までは盗みとれない。元の自分にすら戻れない。怖い話でもあり、強いのはしっかりと地に足をつけている人たちなのだとも。紅花がさらにそのことを印象付けてくれた。いいお芝居だった・・・
c0226545_2253352.jpg
下北沢の本多劇場
滝沢馬琴といえば子どものころに辻村ジュサブローの人形劇「南総里見八犬伝」の作者。
楽しみに観に行ったが、馬琴も生きるのに精いっぱいだったのだと思った。それでよくあのような面白い話し考えられるものだと感心・・・加藤健一さん、老け役がいい感じ。この次10月に会でおよびする「詩人の恋」が楽しみ!
そして、赤坂へ行った時、懐かしの「しろたえ」でチーズケーキを購入!
30年ぶりに食べました!
しかし、当時の感動はない・・それだけ美味しいケーキがたくさんでてきたってことかも。
あるいは、夫の今は亡き母から教わったスフレチーズケーキの美味しさは超えられないからかもしれない。
c0226545_22562251.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2011-07-26 23:18 | 観劇
<< いつまでたってもこども 仕事? >>