ブログトップ
つれづれかんげき日記
岡本太郎展
GW、いろいろとたまった仕事をこなしながら、今日は一日外出してみた。
午前中に、今度の日曜で終わってしまう「岡本太郎展」をあわてて観に行きました!
チケットはずいぶん前に買っておいたが、3月8日からスタートで、震災の影響で行くタイミングを逃していた。
もうすぐおわり、しかも最近TVで「岡本太郎生誕100年」とたくさん流れていることもあり、おそらく混むであろうと、10時の開場ちょっと前を目指して家をでてみた。
正解!もう結構な人。チケットを購入する人がすでに列をなしていて、チケットを事前に購入していたおかげですぐに入れた。入口あたりはもう人の山。最初のオブジェはそこそこみて、中へ。
大体いつも入口付近が混んでいるので、そこは割とスルーする感じで見て回っている。
c0226545_231785.jpg

太陽の塔の1/50の作品は、裏までみることができ、裏をみて、
裏にも太陽の顔があるのを初めて知った。
顔は黒で太陽の光はグリーン。また当時の万博の映像が流されていて、
太陽の塔の中がとても素敵だと初めて知った。
大阪万博が開かれた年は私はまだ小学生だったが、
親戚の人と母親と妹と一緒にみに行った。
太陽の塔のすぐそばにも行ったけれど中に入れるとは知らなかった。
子どもだったので、太陽の塔をみたときに、「何これ?」「ゲイジュツ?」
というひややかな感想をもっていた。
大人になった今は、太陽の塔が素晴らしいと感じている。
青山のこどもの城にあるオブジェも好き。
岡本さんの作品は、抽象的で私たちの日常と遠いように一瞬感じるけれど、
特にオブジェを見ると、なぜか私たちの心の中のほっとするところや
日常に近いところに触れるような感じがして好きです。
c0226545_23243455.jpg
太陽の塔の中の一部。
c0226545_23244171.jpg
両方ともクリアファイルの裏表です。購入しました!
お土産を購入して外へでると、もう入場制限がはじまっていてたくさんの人・人!
今日はこの後、娘と待ち合わせて「ダンシング・チャップリン」を観に行くこととなっている。
映画の話はまたあとで。
[PR]
by joi-satoimo | 2011-05-04 23:27 | Art
<< ダンシング・チャップリン 文楽の本 >>