ブログトップ
つれづれかんげき日記
ホーム~はじめてTVが来た日~
音楽座のミュージカル「ホーム~はじめてテレビが来た日」を観てきました。
題名からわかるように終戦直後から現代まで、昭和の懐かしい時代を見せてくれながら「我が家」「家族」って何?しみじみしたホームドラマミュージカル。
c0226545_0113958.jpg

なんといってもおばあちゃん役の清田和美さんがいい!まだ若い女性だけれどおばあちゃん役がはまっている。私たちの鑑賞会のワークショップにも来ていただいたことがある。笑顔のすてきな方。
それと主役の男性は古館さんににている佐藤伸行さんも良かった!頼りないけれどまじめないいお父さんという役がぴったり。

テレビが家に来たという時代、学生運動があった時代、ビートルズが来たって大騒ぎのころ、昔は東京でも大雪がよく降った。というか冬は雪が必ず降った。おやつはお味噌のおにぎり。夜遅くまでともだちと外でよく遊んだ時代。石けりがあそびの主役だった時代・・懐かしい!
年齢がばれますね~・
そのころ家族はだんごのように固まっていたように思える。家族だけじゃなくってご近所さんも。豊かさと引き換えに無くなったものもあるんだなあって・・
終演後、前のほうの席だったので、オーケストラボックスを覗いてみようといったところ、前にいた男性がどうぞって譲ってくれて、その譲りっぷりが、紳士な感じがして、なんともいい雰囲気でした。
中を観ると、トランペット・クラリネット等々一人で4種類位をどうやら吹いていたよう。
他の人も違う楽器をそばにおいていたりと、なかなか大変そうです。
素敵な演奏をありがとうございますって演奏が終わったときに拍手。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-12-15 00:28 | 観劇
<< ティンガティンガ展示@代官山 三屋清左衛門残実録 夕映えの人 >>