ブログトップ
つれづれかんげき日記
トナカイを数えたら眠れない
MONO第38回公演。作・演出土田英生 出演:水沼健、奥村泰彦、尾形宜久、金替康博、土田英生、亀井妙子、山本麻貴
!!面白かった!!
今日が初日。12月5日まで高円寺の「座・高円寺」で上演。
たくさん笑えて楽しいのに、なぜかせつないってMONOのHPにかいてあったけれど、本当にそのとおり!
このあとの文書は話の筋に触れているので、いつもブログを見てくれている友人およびこれから観る人に告げます!
「観てからこの後読んでね!」

クリスマスを祝わないルールで、年に一度、24日に小さなホテルに集まっている人たち、メンバーは宿の女主人と客(大学時代の部活の級友と後輩)。
そこに今年は女主人が結婚して頼りなさそうな夫と、女主人の妹、その妹をおってきたケーキ職人。
クリスマスをどうしても祝わなきゃならないという設定になって、仲間割れとともに、いままで表面に出てこなかったそれぞれの心の裏がでてくる。
特に女主人とその妹の関係は、考えさせられる。私自身も、姉妹、そして我が家の娘たちも同様。
物語の彼女たちは、小さい頃、親が妹ばかりをかわいがり、クリスマスのプレゼントも差別されていた。そのことで姉は親と妹を憎むようになる。妹は姉からの虐待が原因である年齢以下の記憶を失っていたが、どうしても姉が好きになれなかった。あるとき記憶を失う前の自分の日記を見つけて事の真相を知る。・・・という設定。
ラストに姉妹で名前を呼び合うシーンがあるが、せつなくなってしまった。
お互いに最後も「やっぱり顔も見たくない」となるが、その言葉の裏に愛情を感じる。愛情があるからなおさら許しあえないということなのか。でも本当はしたいあっているようにも感じる。。昔の自分を思い出した。
長くなるから明日、家族のこととして書き足そう。。
[PR]
by joi-satoimo | 2010-11-28 00:21 | 観劇
<< 料理のできる男性 市民セクター全国会議2010 >>