ブログトップ
つれづれかんげき日記
都電のある町
北区には都電が通っている。ずいぶん前だが、TVで都電と都バスの連携について説明されていた。
その連携とは、
王子から飛鳥山に沿って山を登るように結構勾配のきつい大きなカーブの坂道がある。
バスに乗っていても揺れるのでしっかりとつかまっていないと大変なところだ。事故も多い。
上り坂で他の車との事故を避けるために、都電とバスが一緒になったときは、都バスは都電の後ろにつくようにしているとのこと。
これはTVで見るまで知らなかった。なにしろ乗っているときに、「なんで都電の後ろにつくの?遅くなるー」って思っていたほど。理由がわかって、これからは急がない、都電のリズムで行こうと反省。
ゆっくりと動く都電。その区間の制限速度は15Kとのこと。
なんだか急に思い出した話。
c0226545_23304395.jpg

[PR]
by joi-satoimo | 2010-08-23 23:31 | その他
<< イノセントピープル 江戸、本、地図 >>