ブログトップ
つれづれかんげき日記
落語
三遊亭遊雀勉強会「文月会」 お江戸日本橋亭 於
一、ご挨拶
一、らくご 春風亭一之輔
一、「花瓶」 三遊亭遊雀
仲入り
一、「くしゃみ講釈」 三遊亭遊雀

9月7日(火)に北とぴあ演劇祭の一環として、遊雀さんの落語公演を予定しているので落語を聞きに行ってみた。小さなお座敷での公演で、落語を聞くにはいい雰囲気。
噺家さんは、声がおおきくて聞きやすい。
二人とも、大変面白かった。本題の落語はもちろんですが、世間話も面白い。
話の筋も面白いが、喋り方所作などが、さらに笑いを誘う。
そしてことば。落語の本筋は、江戸ことば?なので、いまは巷では聞くことのできない言葉なのに、何故か、ここちいい。きっぷのいいしゃべり!
落語を良く知らない私にもわかるように、特別なことばには事前に説明をさりげなく入れてくれる。
つい目が行ってしまうのは、扇子の使い方。花を切るハサミを扇子を使って、音まで出して、チョキンと花の茎を切る感じをだす。
手、目、体の動きで、ないものをあるように映し出すのはさすが。それをみて、さもあらんとその品を想像するのもまた楽しい。

9月の北とぴあでのイベントのチラシ↓
c0226545_015422.jpg

それにしても、黙阿弥オペラ→落語で明日は、狂言!忙しい!けど楽しい!
[PR]
by joi-satoimo | 2010-07-25 00:04 | 観劇
<< こどものための劇 黙阿弥オペラ >>